ピクシブ百科事典

ヴァンパイア十字界

ゔぁんぱいあじゅうじかい

「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載されていた漫画作品。作:城平京、画:木村有里。

そこにある血の真実…。

月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載されていた漫画作品。
作:城平京、画:木村有里。
英語による副題は "THE RECORD OF FALLEN VAMPIRE" (堕ちた吸血鬼の記録)。

ミステリー作家の城平らしく、物語の根幹をなす「真相」が二転三転する展開(一度「真相」として示された出来事が別の人物の証言や行動によって否定され、別の「真相」が浮上するが、その「真相」もまた別の出来事によって否定され、時に以前に否定された「真相」が再び「真相」として絶対性を持つように機能する手法がとられる)が特徴的。
また、同作家の微妙にズレたギャグセンスが最も反映された作品である。

あらすじ

遠い昔、夜の国の至高のヴァンパイア王は、余りの強さから人間だけでなく同族からも恐れられた。そしてついには愛する女王を人質にとられ、王は処刑されることとなる。
しかし、それに狂乱した女王は自分でも知りえなかった秘めた魔力を暴走させ世界を崩壊の危機へと追い込んでしまう。
人々はかろうじて女王を世界のどこかに封印するが、王はそれに怒り、自ら夜の国を滅ぼしてしまう。

女王を助け出すために、王は封印をめぐって同族や人間たちと果てのない戦いを続けていく。
最後のヴァンパイア王「ローズレッド・ストラウス」は、守るべき国も民も捨てて封印を探す放浪を、千年以上も続けている…。
ただ、愛する女王「アーデルハイト」を取り戻すために。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァンパイア十字界」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7585

コメント