ピクシブ百科事典

岡野哲

おかのてつ

宮崎県出身のゲームクリエイター・漫画家。
目次[非表示]

概要

 岡野哲とは、元ゲームクリエイター、元漫画家およびイラストレーターライターとして知られる人物である。
 現在は株式会社ヒューガの代表。
 別名としてゾルゲ市蔵ゾルゲール哲などが存在する。

経歴等

 神奈川県大学教育学部在学中、講談社漫画の賞を獲得、翌年モーニング別冊にて横綱大社長という作品でデビュー。ただし漫画家としての経歴はこれ一本で一応終了となる。

SEGA

 連載中大学は卒業できた(と発言がある)こともあり、その後SEGAに入社、アーケード部門に在籍する。ただしアーケードゲームにおいてはこれといった作品を担当していない。
 家庭用ゲームなどではセガガガ手塚治虫氏関連のゲーム、サンダーフォースⅥなどで知られる。

ライター等

 SEGA在籍中ゲーム関連の同人誌を出していたことにより、ユーズド・ゲームズにてゾルゲ市蔵としてライターおよびイラストレーター等として活躍することとなる。また、同雑誌から出た単行本漫画を描きおろししたことによりサブカル系ゲーム関連の雑誌などにに漫画( のようなもの )を描くことになったりする( 別名義を使用したりもしている模様である )。

SEGA退職後

 リストラされたかどうかは不明であるが、SEGAを退職後、しばらく求職活動をしたのち、2014年株式会社ヒューガを設立、社長となる。

その他いろいろ

 ここでは雑多な情報を記述していく。

  • 本人の発言には大げさ表現思い違いおよびが多く、あまりあてにはならないといわれる。
  • いろいろ変なことは記述するが都合の悪いような事実は伏せているといわれ、例えば大学の名称、SEGA入社の経緯、同人活動の一部など。
  • 受賞作品である「吉田松陰」は「即落ち2コマシリーズを延々続ける」という非常にシュールな内容。ただし「こんなイラストが描けますよという見本」としては優秀だとは思われる。
  • 漫画家としてデビューできたは良かったが、最終話で編集に無断で内容を変更するなどの行為を行ったため、漫画家としての経歴は一時途切れることになる。
  • その後掲載した漫画に関してもパクリ超展開などいろいろ問題があるといわれる
  • 評判の良いゲームに関しては本人の功績よりもむしろまとめ上げた他者の功績が大きいともいわれる( セガガガにおいては冲方丁氏や下請けの面々など、「アトム」に関しては下請けになったトレジャーなど )
  • また、かかわったとされるその他のゲームは原作レイプクソゲー扱いされる。
  • さらにインターネット上で自作自演を繰り返したり、もみ消しを図った疑惑が存在する
  • 上記の性格のため各方面で批判を受けることが多く、Wikipedia以外の紹介ではボロクソの扱いであり、ここに転記すると確実に誹謗中傷扱いされると思われる。
  • 株式会社ヒューガの著作物にコピーライトされる日下一郎氏という人物はこの人物の新たなペンネームであるといわれる。日下は「ソル」+「ゲ」と分割でき、一郎は市蔵に通ずるためである。また、日下一郎氏本人がファミ通.comで行われた有野晋哉氏との対談で登場した際の姿で岡野哲氏と一致したともいわれる。インタビューにおいて簡単な経歴を語った際に岡野氏の経歴と似通っていた事も。(外部リンク参照)

関連項目

ゲームクリエイター クソゲー
漫画家 ライター 社長
今までの記事の差分

外部リンク

Wikipedia:ゾルゲ市蔵
ニコニコ大百科:同項目
クソゲーまとめ@Wiki(跡地):同項目
twitter:zolge1
岡野哲(ゾルゲ市蔵)@wiki(「被害者」の記述したWiki、事実でなければ誹謗中傷に該当する内容含む)
株式会社ヒューガYoutubeチャンネル
日下一郎氏のインタビュー記事 - 経歴がほぼ彼と同じ。
有野晋哉氏との対談 - 日下氏が唯一メディアで顔出ししているが・・・

pixivに投稿された作品 pixivで「岡野哲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 502

コメント