ピクシブ百科事典

パクリ

ぱくり

パクリじゃない、影響を受けたんだ!(ラーメンズ)
目次[非表示]

1、大口を開けて食べ物に1口で食らいつく様子。また 割れ目や傷口などが大きくあく様子。
2、アイデアなどの盗用。

pixiv内では主には2、の意味で使用されており、本項目もこれについて記述する。

概要

パクリとは、他人のアイデア表現を盗み取ることである。ニュアンスは「盗作」に近いが、盗作は「他人が作った作品を直接自分が作ったものとして発表する」の意味、パクリは「作品の材料のアイデアを盗む」の意味合いが強い。

語源は関西弁で「盗む」を意味する「パクる」から。
派生語に「パチる」/「パチモン」といったものがある。

類似語である「パロディ」や「オマージュ」が「先行作品の存在を前提とし、それらの要素を意図的に引用して表現すること」を指すのに対し、パクリの場合は「先行作品をこっそり模倣すること」、もしくは「模倣の要素のある作品を自分の実績であるかのように振る舞うこと」に対する批判悪口中傷の言葉として使われる。

端的に言えばバレた方が嬉しいのがパロディ・オマージュ、バレたら困るのがパクリである。

非難としての意味合いが強いタグであり、「盗作」「贋作」「剽窃」「模倣」「オマージュ」「二番煎じ」「○匹目のドジョウ」etc………といった様々な言葉のイメージが混ぜこぜのまま『パクリ』の一言に集約されている側面も否めない。Pixivでも一方的な決めつけで批判するコメントや、憶測で中傷する風刺イラストも散見されるが、安易にパクリと決め付けてはいけない(ただし、投稿者自身がネタ的につけている場合もあるため、その点に関しては注意が必要)。

著作権法と「アイデア自由の原則」

先行作品の模倣による「オリジナリティの欠如」「二番煎じ」などの事例は、作品の質や作者の品格の問題にはなるかもしれないが、著作権法はその目標である文化の発展のために模倣を禁止してはいない。著作権法においては「アイデア自由の原則」という概念があり、画風プロット構図設定等は、たとえそれが独創性、新規性のあるものであっても著作権保護の対象にはならないのである。

著作権法は「表現」を保護するものであって「アイデア」を保護するものではない。両者が「アイデア」や「コンセプト」のレベルで共通している,というだけではなく、具体的な「表現」のレベルで共通していて初めて、原著作者の同一性を損なっているということになり、著作権侵害と判断される。

これは、先発創作の表現の権利を保護する代わりにアイデアの流用は自由にすることで後発創作者の表現の自由を守るという考えからである。要は「先人のアイデアを基にもっと面白いものが作られるだろう」ということ。

漫画にしろ小説にしろアニメにしろ、あらゆる創作において既存の作品フォーマットを踏まえるということは、ごくごく当たり前に行われていることである。

これ自体をパクリとした場合、
「現在のストーリー漫画の形を確立したのは手塚治虫なのだから、彼以後に描かれたストーリー漫画はすべてパクリ」とか、「横スクロールアクションの先駆作はスーパーマリオブラザーズなのだから、それ以降に作られた横スクロールアクションゲームはすべてパクリ」などのように、創作の発展を妨げかねない極論になってしまう。

これらの点を総括すると「類似している=著作権侵害」ではないため、先行作品の影響が色濃く見受けられた場合でも、同一性さえなければ著作権侵害には当たらない。

とはいっても、どこまでが著作権法上保護される「表現」で、どこからが保護対象外の「アイデア」なのか線引きは、なかなか難しいところがあるのも実情ではある。

明らかに著作権法上の「表現」とは判断されないアイデアとしては、次のようなものがある。


上記の一部(作品タイトルやキャラクター名など)は、商標権などで保護することができる。創作の時点で自動的に発生する著作権とは異なり商標権は特許庁への申請が必要で、10年ごとに更新しなければならない。

漫画家の荒木飛呂彦は(自身が認めたわけではないが)自作内で海外ファッション雑誌の写真の構図を模倣していることが多くのサイトで検証されているが、大きなトラブルとはなっていない。(著作権切れではない)他者の写真のポージングと構図を流用しつつも、これを自作キャラクターに置き換えただけでなく、配色や絵のタッチ、画角などを変えて「独自の表現」として消化しているからである。構図とポージングが同じだけなら盗作にはならないのだ(ただし、トレスグレーゾーンなのでやめておいた方がいい)。

「パクリ」をめぐるトラブルとその回避方法

児童からイラストやアイデアを募集する企画で、著作権に対する意識の薄さ故か、他作品のキャラクターのイラストが送られてくる事がある。そのキャラクターがマイナーであった場合、編集部のチェックをすり抜けて掲載されたり、映像作品で登場したりする事もありうる。その場合、何らかの処置を施してパクリを回避している事が多い。


また、法律上は著作権で保護される範囲にない「アイデア」であったとしても、無断で使用したことでトラブルの原因になる場合もある。

推理マンガ『金田一少年の事件簿』では過去の推理小説作品から多くのトリックを流用していた。読者からの指摘に対し「ミステリー界隈ではトリックの流用は日常的に行われている」旨の回答を寄せていたのだが、「きちんと許可を取るのが筋」とする流用元の作品の作者との間でトラブルに発展してしまった。このケースの場合「他人の考えたものを使うのであれば事前に許可を取るべきだ」とする作者の考えと、「慣例上の事例に則っているので大丈夫だ」という判断を下した編集者の考えに行き違いが生じたことが原因だったと言える。(ただし、編集部側が法律的な観点からトリックに著作権が発生しないことを知識として知っていた上での発言であったのかは不明である)

この辺りは、無許諾で行われた他作品のパロディが高確率で訴えられるようになったのと似ているところがある。

法律上は問題ないことではあるとしても、こうしたトラブルを避けたいのであれば、アイデア元の権利者に許可を得ることが無難だろう。

もっとも、「アイデア自由の原則」の範囲内における事前許諾の慣習は、「表現の萎縮」に繋がりかねない行為である。何らかの理由で「どうしてもトラブルを避けたい」、「先方との関係を大事にしたい」という理由がないのであれば、表現の自由を守る意味でも、法律上問題のない範囲のアイデア流用については、あえて事前許諾を取らない方がいい

関連タグ

感化 影響 絵柄模倣
偽物 パチモン バッタモン コピー
トレパク 絵柄パク 偽造 劣化コピー
○○は××のパクリ
パロディ オマージュ インスパイア カップやきそば現象 モドキキャラ

関連記事

親記事

模倣 もほう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パクリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1779907

コメント