ピクシブ百科事典

パクリ

ぱくり

パクリじゃない、影響を受けたんだ!(ラーメンズ)
目次[非表示]

概要

パクリとは、他人のアイデアや作風を盗み取ることである。
つまり意味合い的には『盗作』に近い。
語源は関西圏の方言である「盗む」を意味する【パクる】から。

類似語である『パロディ』がジョークとしての意味合いを踏襲しているのに対し、パクリの場合はほぼ作風やアイデアの盗用や類似に対する批判としての意味合いで使われる。

派生語に『パチる』/『パチモン』といったものがある。

批判としての意味合いが強いため、投稿者への作品に安易にこのタグを付けることはお勧めできない。……というより、そこが発端で口論となる可能性も否めないため、滅多なことでこのタグは使用しない方が望ましいだろう。

ただし、某将軍様の領国4000年の歴史を持つやっちゃったぜ大国等の、やらかしているものがイラストの題材になっているものや、投稿者自身が敢えて意図的にやっている場合などにこのタグが付く場合があるため、用途には充分気をつけたいものである。

著作権上において

ただし、著作権上は「形として膨らませる前の段階のアイデア・物語の大まかなプロット・設定」等は保護の対象にはならないため、安易なパクリ呼ばわりも考え物である。

ここまで厳密に規制してしまうと、極端な話し、「誰も何も作れない」。
例えば「ロボットに乗り込んで悪と戦う」というアイデアに著作権の保護を与えてしまうと例えばガンダムを自身の目で見た人はロボット物を作ることが出来なくなる。
著作権侵害要件の1つ、依拠性(要するに元となるものを知らぬはずは無い)に触れてしまうためである。
それどころか、過去から現在に至るまでの全ての創作活動に携わる人間が「犯罪者」ということになってしまう。
星の数ほどの物語やキャラクターが生み出されている昨今、アイデアやプロット、設定程度ならば容易に被ってしまいうる。
「盗む」という言葉自体がどうしてもイメージの悪さを内包してしまうが、「相手の良いところを自分の作品に取り入れる」という意味での盗みであれば、技術の研鑽の上で誰でも経験していることであり、その過程で何かしら既存の作品に似てしまうことも普通に起きることである。

第一に、日本国内の法律で「著作権は親告罪」とされている以上、どんなに著作権侵害が疑われていても、パクられたとされる側自身が訴えを起こし、裁判所から侵害が認定されない限り、罪には問われない。
つまりは、第三者がどれだけ疑惑の本人を責めたところでなんの解決にもならないのである。

そもそもの話し、著作権はその目標である文化の発展のために模倣を禁止してはいないし
著作権の大原則、「アイデア自由の原則」ではアイデアと著作権保護が相反した場合アイデアが優先される。
ぶっちゃけ著作権で保護されないアイデアを真似ても著作権侵害に問われることはない。

法律について無知なまま「著作権」という言葉を御旗のようにふりかざし、相手を一方的に攻撃するようなことは断じてあってはならない。

最後に

「パクリが悪い行為」とみなされるのは「相手の作品の良いところを吸収して自分の作品として昇華していく」という創作者にとって欠かせない姿勢やプライドもないままに、
盗んだ作品を利用して自分の実績であるかのように振る舞うこと」に対する批判からきている。
創作活動をする側は影響を受けた作品に対する敬意を常に忘れないようにし、請けた影響を自分の個性と作風に昇華できるよう、謙虚かつ誠実な姿勢で創作活動に励んでいこう。

これは相手を「自作のパクリだ」などと難癖をつけて一方的に攻撃する側にも言える。
何かが偶然被ることはいくらでもありえることであり、それをパクリだというのはプライドを肥大化させた被害妄想や嫉妬から来ていることが多く、
そのうえ一度パクリ疑惑が発生すると「自分はのパクリを攻撃する正義である」と思い込んだ本人やその周囲が暴走しがちであり、始末が悪い。
著作権を主張できないものに対して自分のものであるかのように振る舞うのはパクリと同類であり、批判される態度である。
他人を排除することで自分の個性や作風と思い込んでいるものを不当に独占しようとするのは、最悪の行為というほかない。
自分の作風に似ていて、より素晴らしいものに対する妬みを「自分の方が先だ」と言いたくなるのは人間の心理として仕方ないが、創作者は常に謙虚と誠実さ、他人への敬意を忘れないようにしよう。

関連タグ

パロディ オマージュ
偽物 パチモン
○○は××のパクリ

pixivに投稿された作品 pixivで「パクリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1246697

コメント