ピクシブ百科事典

グラビティー・ビートブード

ぐらびてぃーびーとぶーど

グラビティー・ビートブード(Gravity Beetbood / 英名:Gravity Beetle)とは、ロックマンX3に登場する、8大ボスの一人である。
目次[非表示]

概要

パワー6200rp、スピード3600rp。
異名:鋼鉄のリベンジャー
カブトムシ型レプリロイドで、かつてはイレギュラーハンター第17部隊に所属していた。1に登場した8大ボス・ブーメル・クワンガーの弟に当たり、兄を破壊したエックスを恨み、復讐する絶好の機会としてドップラーの反乱に加わり、空軍の空母を奪取した。ブラックホールを操る能力を持つ。

使用技

バグホール
両手から各一個ずつ放つ小型ブラックホール。
壁に当たるとバウンドしながら巨大化するという性質があり、狭いボス部屋と弾速と合わせて
回避困難な技である。

また、戦闘終盤になると天井を覆うほどの大型ブラックホールを作り出す。
これは常に吸引力が上方向に働いており、うかつにジャンプすると激突してダメージを食らう。

突撃
巨大な角を利した突撃攻撃。
直線的な軌道ではあるものの、スクリュー・マサイダーの必殺技と同じく全身無敵になる。
彼の場合、最初から無敵の突撃のみを仕掛けてくる。

獲得武器

バグホール
通常は小型ブラックホールを発生させる球体を発射し、球やブラックホールそのものには攻撃能力は無いが、ブラックホールが3秒間画面内の敵を振動で攻撃し、その後敵の残骸や弾を吸い込んで手元に戻ってくる。敵や弾を吸い込むことで、ハイパーチャージのエネルギーが回復する。
しかしダメージを与えられるのは、小型の特定の敵と一部のボスに限られる。

チャージは球体を真上に飛ばし、画面全体の敵を上空に打ち上げる。ただし効果が望める敵はやはり通常版の影響を受けるものに限られる。また敵のボディそのものを消滅させてしまうため、この攻撃で敵を倒してアイテムを入手することは事実上不可能。特定の足場を上に持ち上げることも出来る。基本的に技を発動すると、エックスは終了するまでポーズを取ったまま静止したままだが、何らかの方法でダメージを受けると、技の効果は継続したまま活動できるようになる。

エクスプローズ・ホーネックに有効。
8ボス屈指の強キャラをいとも簡単に完封できる。

弱点武器

レイスプラッシャー(シャイニング・タイガードから入手できる)

漫画版

戦闘空母ビーグ・ビートルを所有している。ゲーム同様兄クワンガーを破壊したエックスを恨み彼に復讐する為に、残ったわずかなチップを使って復活させた兄と共に兄のデータをゼロのボディに移植しようとしたり、町を破壊してエックスを精神的に追い詰めた。

後に本当はどんな困難にも臆さず、自分が傷つくことも恐れない決意を持ち前を見続けるエックスに憧れを抱いており、兄の方が悪いことも理解はしていたのだが兄を思う気持ちが兄の落ち度を認めきれず悩んでいたところをドップラーにつけこまれてワームを与えられたということが判明する。

エックスが決着を着けたのはブラックホールと化したクワンガーだった為に落命はしていないがお互い気まずさが残ったまま物語は終了し、その後の行方は不明。

関連タグ

ロックマンX ロックマンX3 ヘラクリウス・アンカトゥス・・・モチーフも同じで兄弟という設定も共通している。ただしこちらは兄である。

カブテリモン・・・デジタルモンスターデジモン。アイデア投稿企画から誕生したデジモンなのだが、その初期デザインは何とグラビティ・ビートブードのデザイン丸パクリ、つまり無断転載したものだった。

pixivに投稿された作品 pixivで「グラビティー・ビートブード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3977

コメント