ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ロックマンX

ろっくまんえっくす

1993年に発売された2Dアクションゲーム。ロックマンシリーズの発展系であり、よりアクション面に力が入れられている。
目次 [非表示]

ロックマンX』とは、1993年以来カプコンから発売されているゲーム「ロックマン」シリーズの一つ。


以下についてはリンク先を参照。この項目では派生作品も含めて記載する。

  1. 1993年にカプコンから発売されたアクションゲーム。別名・ロックマンX1
  2. 本家の続編シリーズ→ロックマンXシリーズ
  3. 本シリーズの主人公エックス(ロックマン)

概要

無印『ロックマン』シリーズからさらに未来を舞台にしたシリーズ。

無印シリーズよりも設定的にも難易度的にもハードになった一方、壁蹴り・ダッシュ・強化アーマーなどの新要素も盛り込まれ、『ロックマンゼロ』『ロックマンゼクス』といったさらなるシリーズ作品の基礎を築いた。


なお、当時は無印シリーズはFCで発売されていたため、アクションゲームの『ロックマン』タイトルでは初のSFC作品となった。


2011年4月5日にwiiのバーチャルコンソールでダウンロード配信をスタート。2013年5月22日からはWiiUのバーチャルコンソールでも配信が開始され、2016年5月9日からはNewニンテンドー3DS/同LLのバーチャルコンソールも配信された。

現在、3機種ともスーパーファミコン版のロックマンXシリーズは3作品全て配信されている。


2018年7月にロックマンシリーズと同様に『ロックマンX アニバーサリー コレクション1+2』としてシリーズ全てを同梱したゲームが発売。(ただし、ロックマンシリーズと同じで外伝作となるゲームボーイ2作品やイレハンX,コマンドミッションはアニバーサリーコレクション内に加わっていない)


更に2020年3月、台湾にてスピンオフ作品としてスマートアプリ『ロックマンXDiVE』の配信がスタート。この時点で日本での配信も視野に入っており、同年10月に日本でも配信開始した。


ストーリー

西暦21XX年、ケイン博士の手でトーマス・ライト博士(Dr.ライト)の研究所跡のカプセルから発見されたロボット「ロックマンX」はこれまでのロボットと異なり、まるで人間のように自ら考え、行動し、そして「悩む」ことができる革新的な性能を備えていた。彼を参考にしつつ生み出された新世代のロボットたちは「レプリロイド」と呼ばれ、急速に普及していった。


しかし平和は長くは続かず、限りなく人間に近いゆえに犯罪を起こしたり、人間に背く故障者「イレギュラー」が現れるようになった。そのようなレプリロイドを矯正・処分するための治安維持組織として「イレギュラーハンター」が結成され、エックスもそこでハンターとして活動していた。元来の優しい性格が災いしイレギュラーの処分をためらう彼は同僚たちの嘲笑の的であったが、先輩であるゼロや上司のシグマは彼の潜在能力に気付いている節もあった。


物語は、突如としてシグマがハンターたちを率い、人類に対し反乱を起こすところから始まる。


各作品のストーリーは作品ごとの記事を参照のこと。


二人の天才が遺したものが未来にもたらしたものは…

エックスには高度な思考性能の電子頭脳があり、その解析が不完全でありながらケイン博士によって21XX年代のロボット工学の技術向上となったレプリロイドとして技術継承されたものの、解析が不完全故に起きたとされるイレギュラー化の危険性、ゼロは内部に隠された「ロボット破壊プログラム」がシグマが感染する経緯で「シグマウイルス」に変貌を遂げ災厄レベルにまで発展していく。


ライトが遺した技術は最高の遺産であると同時に負の遺産の面も抱え、ワイリーが遺したものは破壊と厄災だったのである。


他シリーズとの繋がり

現状公式では『ロックマンシリーズ』の100年後、『ゼロシリーズ』は本シリーズの100年後という扱いになっているが明確な繋がりが曖昧なものとなっている。

公式では100年後という設定だがエックスとゼロが作られた時期がわかっていない(フォローを入れると外伝作品ではワイリーがゼロを制作していることが示唆されている描写がある)。少なくともDr.ライトが遺した警告文の日付は20XX年9月18日である。

一応、7でロックマンに起きた思考プログラムのロボット三原則を破りかねない現象や910でその兆しらしき事件が起こっているが2018年に発売された『ロックマン11』において仕切り直しされたため、修正される可能性がある(一作品目のOPデモではDr.ケインがエックスが封印されたカプセルの調査で立ち上げた解析プログラムの最終更新は2114年とされているため、エックスが2014年には完成して封印されなければいけないのだが『ロックマン6』の時点で20XX年と紹介されているため、どう考えても間に合わない)。ただし、11のワイリーの居城のとある区画の一箇所にはX5の謎の空間を思わせるようなところがあったりとやはりXへの繋がりを思わせる謎は残っている。

シリーズ後半からつながる要素自体は存在しているものの、根幹の一つである『妖精戦争』の要素が見当たらない。また、後のZXシリーズにおいてアクセルが存在しないということが判明した

さらに、『ゼロ3』が発売した約3ヶ月後に、カプコン自身による本シリーズの約100年後を描いた外伝RPG作品『ロックマンX コマンドミッション』が発売されたことにより、Xシリーズとゼロシリーズは、正式にパラレルワールドと位置付けられてしまった。

フォローを入れておくとXシリーズがカプコン側で製作されているのに対し、ゼロシリーズは、インティ・クリエイツが手掛けている。そのため、ゼロシリーズとXシリーズはパラレルということになるのである。

尤も『X5』以降、マルチエンディングが採用しているため、そのEDから分岐したと言えばそれまでだが

シリーズの現状

公式はあくまで『ロックマンX8』を完結作品としているがシリーズ後半のしわ寄せもあってきれいに終わったとは言い難い。

また、シリーズを仕切りなおそうとしたと思われる『イレギュラーハンターX』も一作のみで終了したため、奇麗に終わったエグゼシリーズゼロシリーズと比べると納得いかない部分が多い。

2020年に配信された『ロックマンXDiVE』のことを考えると公式もシリーズの再始動する動きはないわけではないと考えられる。



岩本佳浩版コミカライズ

コミックボンボン』連載。原作の設定を活かしつつも当時同時に連載されていた池原しげとによる無印シリーズのコミカライズとの差別化を図る意味も込めて、高年齢層向けに描かれた結果、重厚な雰囲気の質の高いものとなった。


しかし、掲載誌の方針転換により、X4の途中で終了した上、単行本に至っては残り2話が収録されない事態になってしまう。

後に発売された復刻版でようやく全話収録され、X8時点で登場したメインキャラを描いた書き下ろしページも描かれた。令和3年8月11日からは電子書籍版も発売されている。


そして、2018年11月にプレミアムバンダイ限定商品「ロックマンX 25周年記念 メモリアルカードダスエディション」の付録として、短編漫画『ロックマンX5 IF』が収録。

『もし、岩本氏がX5をコミカライズしたら』をテーマにゲームとは全く異なる独自の展開・結末が描かれている。

ロックマンX・20周年おめでとう!


作者自体はアクションゲームは苦手だが、上手な人のプレイを録画したビデオを参考にして、何とかクリアしたそうな。

あとオリジナルキャラがエロい。主にマーティ


登場キャラクター

ロックマンXシリーズのキャラクター一覧を参照。


派生作品

派生シリーズ


漫画

ロックマンX(漫画版)(X1~X4)

イレギュラーハンターロックマンX(X1のコミカライズ)


その他

メガミッション

ギガミッション


余談

ロックマンXの世界はロックマンが活躍した時代から約100年後であるが、年代がある程度推測できる手掛かりがロックマンXのOPデモにあり、よく見ないとわからないところに手掛かりとなるものがある。

それはOPデモのDr.ケインが起動している解析プログラムの最終更新年に2114年の記述があり、少なくとも作品内では2114年もしくはそれ以降の可能性がある。

逆算するとエックスが完成後に封印されたのは2014年頃の可能性もありうるのである。


今作だけは次作以降のようにアーマーを一つも着けずに最後までクリアができない。これはダッシュ機能が付くフットパーツが入手場所の関係上、そしてアームパーツがイベントの進行上強制的に装備される為。なお、今作のアームパーツは置いてある場所に行くには特に難易度が高い

リメイク版のイレギュラーハンターXではフットパーツのカプセルの位置が変更されたことで取らなくても進めるようになったが、アームパーツはイベントによる強制装備はそのままなのでやはりアーマー無しでのクリアはできない。


初回生産版ではオープニングステージクリア後にいきなりエンディングになる重大なバグが発覚して回収された。その為、地域によっては発売延期扱いをとったところもあった。現在出回っているROMカセットは修正版である。一説では不正コピー対策のトラップ的プロテクトの誤爆ではないかとも言われているが不明のままである。それ以外にも、オープニングステージに戻されたり(パーツやサブタンクは無くなるので再取得が必要)、ステージ途中で突然特殊武器の入手演出が始まる(ステージはクリアしたことになる)、ライフ回復アイテムが消失するといったバグがあるとされる。


僅かに回収しきれなかった初回生産版はプレミア化しているとされる。


後にスーパーファミコンミニでも収録される事になったが、こちらは当然のことだが修正版が収録されている。


主題歌/イメージソング

  • 世界が終わる瞬間

作曲:TAR/作詞:SHINYA/歌:REDIEAN:MODE

ロックマンX2CMソング。


  • ONE MORE TIME

作詞:許瑛子、作曲:羽場仁志、編曲:富田素弘、歌:渋谷琴乃

PS版ロックマンX3OP。


  • I'm Believer

作詞:mayumi、作曲・編曲:su'zuki、歌:渋谷琴乃

PS版ロックマンX3ED。


  • 負けない愛がきっとある

作詞:松井 五郎/作曲:林哲司/歌:仲間由紀恵

ロックマンX4OP。


  • ONE MORE CHANCE

作詞:松井五郎/作曲:林哲司/編曲:田代隆廣/歌:仲間由紀恵

ロックマンX4ED。

「みすて♡ないでデイジー」というテレビアニメのED曲の流用。


  • Monkey

作詞・作曲:Show-taro/編曲・歌:Mosquito-Milk

ロックマンX5OPテーマ兼CMソング。


  • 水の中

作詞・作曲:Show-taro/編曲・歌:Mosquito-Milk

ロックマンX5EDテーマ。


  • Moon Light

作詞・作曲・編曲:井上日徳 歌:森久保祥太郎

ロックマンX6OPテーマ兼CMソング。


  • The Answer

作詞:井上日徳/作曲:井上日徳/歌:森久保祥太郎

ロックマンX6OPテーマ兼X2ソウルイレイザーCMソング。


  • I.D.E.A. 〜僕は毎日、夢を見る〜

作詞:横山武/作曲・編曲:樫原伸彦/歌:RoST(笠原留美、石川英郎、三木眞一郎)

ロックマンX6EDテーマ。


  • CODE CRUSH

作詞:愛内里菜/作曲:五大ゆり/編曲:corin./歌:愛内里菜

ロックマンX7OPテーマ。


  • LAZY MIND

作詞:Showtaro/作曲:井上日徳/編曲:井上日徳/歌:森久保祥太郎

ロックマンX7EDテーマ。


  • WILD FANG

作詞:yasu・kiyo/作曲:kiyo/歌:Janne Da Arc

ロックマンX8OPテーマ兼CMソング。


  • 情熱セツナ

作詞:渡辺なつみ、安倍麻美/作曲:井上ヨシマサ/歌:安倍麻美

コマンドミッションOPテーマ兼CMソング。


  • Parts

作詞:池原まこと/作曲:小渕世子/歌:Capricious comet

コマンドミッションEDテーマ。



  • Don't wanna be

歌:Spinwake

イレギュラーハンターXオープニングテーマ。



関連動画


関連タグ

カプコン ロックマン

ROCKMANX ROCKMAN-X

ゼERO ヒッフッハ おべんとう ゼロアイ

ロックマンエックス・・・・表記違い

プロジェクトクロスゾーン


他の記事言語

Megaman X

関連記事

親記事

ロックマン ろっくまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36809453

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました