ピクシブ百科事典

イレギュラーハンターX

いれぎゅらーはんたーえっくす

イレギュラーハンターXとは、初代ロックマンXのリメイク作品である。2005年12月15日発売。
目次[非表示]

概要

初代ロックマンXのリメイク作品。
海外版での名称は
MEGAMAN MAVERICK HUNTER X
(メガマン マーヴェリックハンターエックス)

PSPへのリメイクに伴い、グラフィックが全て3DCGになっている。また、オープニングやエンディングにアニメーションが挿入されるなど、演出面にも力を入れられている。
また、特典としてロックマンロックマンの体験版が収録されている。
後述のアニメ作品の収録や様々な要素の追加などが好評なのだが、その売り上げはよろしいものではなかった。その理由としてはロックマンロックマンと同じものと言われており、シリーズ化は難しいものとされている。

ロックマンシリーズで、タイトルに「ロックマン」の名前が入っていない数少ない作品でもある(他にはワイリー&ライトのロックボードが該当)。

オリジナルとの違い

ストーリー及びキャラ設定の変更

リメイクに伴い、登場人物の設定やストーリーに変更が加えられている。
例として、ブーメル・クワンガーがシグマの反乱に加担した理由が、オリジナルにおける「面白そうだったから」というものから「冷静な分析の結果」というものに変わっている。

キャラクターデザインのリメイク

エックス、ゼロといった主要キャラは割とそのままだが、特に8大ボスは細かい意匠の変化がわかりやすい。
小手から盾に持ち替えたアルマージ、手足ががっしりとしたカメリーオ、パンチから変形式のドリルに変わっているマンドリラーなど。
他のボスも丸みを帯びていたオリジナル版から、よりロボットらしい角ばったデザインに変わっている。

会話デモの挿入

X4以降の作品のように、ボス戦前の会話デモが挿入されるようになった。
8ボスとの会話内容は、後述のThe day of Σを閲覧すると内容が変化するようになっている。変化後は元の内容に戻る事はない。

ゲーム難易度の調整

パーツが手に入るカプセルのある場所や、敵の攻撃パターンがオリジナルと比較すると若干もしくは大幅な変更が加えられている。これによって敵の強さが以前よりも手強くなったと感じるプレイヤーもいれば、逆に弱体化したと感じる人も。
この他、オープニングステージにおけるVAVAとの戦いが必敗イベントではなくなっているなど、様々な調整が加えられている。

VAVAモード

エックスで本編をクリアした後に選べるモード。エックスの宿敵であるVAVAを主人公にしたモードで、彼の視点でストーリーが進行していく。本編とは話の流れがいくらか異なる為、IF展開的な位置付けとなっている。
ステージの形に変化は無いが、敵の配置等が変更されていたり使用できる武器(作中では「兵装」と称されている)の性能等、エックスモードとは難易度が大きく異なる。
8ボスとの会話デモも、専用のものがしっかりと用意されている。エックスモードとは違い、The day of Σを視聴しても会話内容は変化しない。
また、ラストステージのシグマパレスは第三ステージで終了となっており、このモードにおけるラスボスはエックスとゼロになっている。

The day of Σ

本編を一度クリアすると閲覧できるようになるOVAアニメ。アイシー・ペンギーゴ達8ボスがイレギュラーハンターだった頃の日々や、シグマが如何にしてイレギュラー化したかについて描写されている(ただし、オリジナルシリーズと比べてキャラの設定や背景が異なっている)。
このアニメを閲覧すると、エックスモードにおける8ボス達の会話デモの内容が変化する。
アニメーション制作はXEBEC

主な登場キャラクター

エックス(CV:櫻井孝宏
ゼロ(CV:置鮎龍太郎
VAVA(CV:下崎紘史
シグマ(CV:麦人
ケイン博士(CV:宮澤正)……The day of Σにのみ登場

ボスキャラクター

アイシー・ペンギーゴ(CV:石野竜三
バーニン・ナウマンダー(CV:三宅健太
アーマー・アルマージ(CV:三宅健太
ストーム・イーグリード(CV:景浦大輔
スティング・カメリーオ(CV:下崎紘史
ブーメル・クワンガー(CV:いずみ尚
スパーク・マンドリラー(CV:長嶝高士
ランチャー・オクトパルド(CV:太田哲治

その他のボスキャラクター

ボスパイダー
ランダ・バンダ
D-REX
ベルガーダー

関連タグ

ロックマン ロックマンX
ロックマンX1

ロックマンロックマン(シリーズ第一作のリメイク繋がり)

pixivに投稿された作品 pixivで「イレギュラーハンターX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52818

コメント