2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

担当声優

置鮎龍太郎

概要

イレギュラーハンター第0特殊部隊隊長。エックスの先輩でもあり、無二の親友でもある。


性格

エックス以上に強烈に悪を憎み、悪(イレギュラー)には僅かの慈悲も無い。普段は極めて冷静沈着かつクールで、感情を殆ど介さずに任務を遂行するが、根は少々短気かつガサツでとても熱い性格(なお、ロックマンXコマンドミッションにおいてはその短気かつガサツな性格が顕著に現れており、言葉遣いが矛盾もあるが従来作品より若干荒くなっている)。
また、ロックマンX7においてはシグマの策略により変わり果てたかつての仲間の姿に嘆いた末、
自警団「レッドアラート」から抜け出したアクセルに気を遣うなど仲間思いな面もある。
また、恋愛には凄まじく疎い。ゼロに想いを寄せる女性型レプリロイドが多く存在する(アイリスやレイヤー、ロクゼロ時代で人間も含めるとシエルも)ようだが、アイリスは自分の手によって亡くなり、それ以外は結局破談させてしまっている。

戦闘能力

当初はエックスと同様の「ゼロバスター」を武器にしていたが、X2で復活した際に新兵器「ゼットセイバー」を入手、これを駆使した接近戦主体の戦闘スタイルに変更されていった(それに伴いゼロバスターの存在はフェードアウトしていき、シリーズ後半及びゼロシリーズでは使用不可能になった。岩本佳浩氏が執筆するコミック版では、バスターが使えなくなったことへの弊害に苦しむゼロが描かれている)。

また、X2でボスとして登場した際には、ゼロバスターを二連射してからゼットセイバーからの光刃を放つ三段技「ダブルチャージウェーブ」、地面を殴りつけて周囲に瓦礫を散乱させる技「アースクラッシュ」を使用しており、後のシリーズでもこれらに似た技を使用することが多い。

エックスのような特殊武器は使えないが(X3X8除く)、ラーニングシステムによって対峙した敵の動きをインプットして様々な技を習得できる。


使用武器

ゼロバスター(X1〜X3)
ゼットバスター(X5〜X6)
ゼットセイバー(ビームサーベル)(X2〜)
Vハンガー(二刀流ビームナイフ)(X7)
Dグレイブ(ビーム薙刀)(X7〜X8)
Kナックル(X8)
Bファン(扇二丁)(X8)
Tブレイカー(ハンマー)(X8)
Σブレード(X8)

使用技

リンク先は、倒す事でその技を習得できるボスキャラ。

・X4
雷神撃(突き)
氷烈斬(下突き)
疾風牙(ダッシュ切り)
空円舞(エアジャンプ)
空円斬(空中回転切り)
龍炎刃(ジャンプ切上げ)
天空覇(一部の敵の攻撃を切り払う)
飛燕脚(エアダッシュ)
落鳳破(ギガアタック)

・X5
三日月斬(空中回転切り)
電刃(ジャンプ切上げ)
断地炎(下突き)
滅閃光(ギガアタック)
疾風(ダッシュ切り)
双幻夢(ソウルボディ)
飛水翔(エアダッシュバリア)
ダークホールド
電刃零
真・滅閃光
真月輪
幻夢零
ソウルボディ

・X6
翔炎山(切上げ)
落鋼刃(下突き)
円水斬(回転切り)
旋墜斬(空中叩き切り)
氷狼牙(天井から攻撃)
烈光覇(ギガアタック)
ヤンマーオプション
ガードシェル

・X7
波断撃(衝撃波)
斬光輪(光のホイール)
水烈閃(Dグレイブ技)
双燕舞(Vハンガー技)
雷神昇(雷風ジャンプ切上げ)
飛影刃(追撃鎌鼬)
獄門剣(カウンター)
爆炎陣(ギガアタック)

・X8
氷龍昇(アッパー回転切り)
炎降刃(下突き)
重波斬(フルスイング)
葉断突(ダッシュ突き)
雷光閃(止まってからダッシュ突き)
螺刹旋(空中回転切り)
旋風脚(空中回転蹴り)
天照覇(ギガアタック)
烈鏡断(敵のエネルギー弾を跳ね返せる)
Dグレイブ
連葉断(連続突き)
Kナックル
岩斬波(衝撃波)
雷迅拳(ブロー)
炎降脚(斜め下キック)
昇竜拳(アッパー)
Bファン
絶鏡断(敵に向かってエネルギー弾を撃ち返せる)
Tブレイカー
大烈鎚(フルスイング+衝撃波と振動)


ブラックゼロ

X4・X5・X6・X8に登場するゼロの隠しスタイル。

ゼロの出生

テスト起動


生みの親は、初代ロックマンシリーズに登場したアルバート・W・ワイリーである。
型式番号は「Dr.w LAST No」もしくは「DR.W.NO∞」。
なお、エックス同様に厳密にはレプリロイドには含まれず、ワイリーが初代シリーズ本編のどの時期からゼロの開発を始めたかは不明である。
ゼロの設計図を見たフォルテ「髪の長い女みたいなロボット」と嘲られていたが、Dr.ワイリーが何の為に金色の長髪を取り付けたのかは不明。
製造の目的は定かではないが、恐らくロックマンを越えるロボットを目指していたと思われる。
ワイリーの思惑と裏腹に皮肉にも未来ではライトの忘れ形見であるエックスとの固い絆で結ばれた親友となり、度重なる脅威に立ち向かう戦士となっていた。
更に皮肉なことにロックマン11でワイリーの若き日のロボットへの理想はロボットは人間の道具ではなくヒーローであるべきというもので、100年後にゼロはその理想を体現していた。


全ての始まり

ゼロさん発売


Dr.ワイリーの代名詞ともいえるドクロマークが描かれたカプセルから目覚めたことから、ゼロが起動した場所は廃墟となったDr.ワイリーの研究所跡地と思われる。発見された当初、ゼロは周囲を見境なく攻撃する残忍なイレギュラーであり、ゼロの処理のために出撃したのであろうイレギュラーハンターのガルマの部隊を全滅に追い遣っている。

そこでゼロの対処をする事になったのは、当時としては最高の能力を有し、なおかつDr.ケインによって最初に生み出されたレプリロイドであり、イレギュラーハンター第17精鋭部隊の隊長を務めていたシグマである。戦いは当初シグマが優勢に思われたが、攻撃を受けても全くダメージを負わないどころか、不気味な笑みを浮かべるゼロに対し、シグマは次第に焦りを見せ始める。実は劣勢に見えたゼロはラーニングシステムによりシグマの動きをインプットしていただけであり、インプット完了後、シグマの片腕を引き千切り形勢逆転した。その後シグマは「恐怖に歪んだ」表情を浮かべ破壊寸前まで甚振られる。このときゼロは奇声に近い笑いを上げ破壊そのものを楽しんでいた。しかし突如、額のゼットブレインに浮かび上がる「W」(ワイリー)のマークの反応によって苦しみ出したゼロは、その隙を突いたシグマの渾身の一撃によって額にダメージを負い、機能停止に陥る。この戦闘のとき、両者はゼロの体内に搭載されていたウイルス(ロボット破壊プログラム)に感染した。

X4のシグマの回想

シグマに感染したウイルスは、やがてシグマの内部で独自の進化を遂げ、最終的にはより進化した形態と言えるシグマウイルスとなる。しかしその一方、ゼロは高いウイルス耐性を持っていたため悪影響やウイルスの増殖はなかったが、感染の影響なのか性格が逆転する。その後ゼロはイレギュラーハンター本部に回収され、Dr.ケインによって綿密な検査が行われる事になる。意識を取り戻した肝心のゼロ本人は、暴れていた当時の記憶を失っており、それまでとは別人の様に大人しくなっていた。

ゼロの高い潜在能力を見込んでいたシグマは、監視も兼ねて、彼を自らの指揮する第17精鋭部隊にイレギュラーハンターとして配属させる事にした。配属先で数々の功績を上げたゼロは、特A級ハンタークラスにまで上り詰め、新米ハンターとして同じく第17精鋭部隊に入隊したエックスの良き先輩であり無二の友にもなる。エックスの甘過ぎる行動には度々呆れていたものの、内心では彼を認めており、自らと同等かそれ以上である高い潜在能力の存在にも逸早く気付いていた。

本編の活躍

無題


ロックマンX1まではエックス(もしくはロックマン)に近いボディの形状をしていたが、同作にて大破し、次回作であるロックマンX2で復活した(復活後、第0特殊部隊隊長へと栄転した)際、武器の追加、アーマーの鋭角化など、アーマーによるモデルチェンジのない彼にとってほぼ唯一の大幅なデザイン変更がなされる。この追加装備は、ゼロを修復したサーゲスによるものである。ゼロには「ゼットブレイン(額の逆三角形のレンズ)」と「ゼットハート(胸の半球形のレンズ)」という機構が設けられているが、それらがどのような機能を有しているかは明かされていない。また普段は外郭で隠れていて見えないが、胸にワイリーマークが刻まれている。
サーゲスによって復活した際にエックスとの戦いにおいて、トリプルチャージをノンチャージで放つという離れ技をやってのけた。

しかし、かつての記憶が戻り始め、戦友のカーネルや自身に好意を寄せるアイリスを自身の手で葬らざるを得なかったロックマンX4より、彼にとってのイレギュラーという存在の定義そのものが、自身の危険性を認識するごとに激しく揺らいでいく事になる。その為ロックマンX4の直後であるロックマンX5では迷う描写が見られ、ルートによっては自分自身を葬る事になる。生き残ったルートにおいても、その後のシリーズでは自分の引き際を考えている節がある。自らがかつてイレギュラーであり、場合によってはその中心となる存在であるということについて本人は激しく嫌悪しているようで、イレギュラーという存在に対する嫌悪はエックスやアクセルよりも強く、言葉のところどころにそれが現れている。

イレギュラーハンターXのVAVAモードでは、エックスと共にラスボスとして登場する。弱点はカッター系兵装

エグゼにおけるゼロ

ロックマンエグゼ トランスミッション』で初登場。他のシリーズのゼロとは無関係であるが、電子機器やネットナビに感染し機能を著しく低下させ、そして進化を続けるウイルス、「ゼロウィルス」から偶発的に生まれた“心あるウイルス”として登場する。
詳細はゼロ(ロックマンエグゼ)を参照。

また、6のラスボスであるグレイガのモチーフでもある。

ナイトメア事件解決から約102年後の世界のゼロ

ゼロ(Z)を参照。

ロックマンXDiVEにおけるゼロ


行くぜ!

サービス開始時からAランクキャラとして実装。

スキルは、X4時代のラーニング技だった「龍炎刃」、「落鳳破」で構成されており、上から湧いてくる敵に強い性能となっている。
また、本作の装備にはミリタルバスターというゼロバスターに酷似したものがあるため、装備させてみるのもいいかもしれない。
ロクゼロの方の彼も『ゼロ(Z)』として、Aランクの別キャラ枠で登場しており、使用技がシールドブーメランやゼロナックル等、性能もロクゼロの作中にちなんだものである。そのためXの方の彼と比べると若干癖があるが、ゼロナックルには相手に武器使用禁止状態にさせたり回復効果が備わってたりと貴重な恩恵もある。

別キャラとしてSランクにブラックゼロ覚醒ゼロの他にイベントに合わせたゼロWコーデ(スキン)、夜祭のゼロが登場しており、2021年ではなんとあの「アブソリュートゼロ」や「ゼロナイトメア」が参戦。ゼロだけでもバリエーションがかなり多いのである。

「ロックマンちゃん」におけるゼロ・・・ではない

???「幸せですか博士?(ボソッ)」
ワイリー「なんでコイツは人が傷つく事ばかり言うんだっ!!?」

第16話(後編)において、ロックマンの設計思想を継ぐ次世代型ロボットの開発をライト博士が行っていると知ったワイリーが開発したゼロに酷似した名称不明のロボットが登場している。
ワイリー曰く「ロックマンをベースに、小生意気な小娘のヘアスタイルを取り込み、マヌケなグルグル目玉ロボの胸部を踏襲、駄犬のカラーリングに染め上げた最強のロボット」を開発したつもりなのだが前述のような問題作へとなった。


名言


その他

プロジェクトクロスゾーンおよびその続編に、ロックマンX枠で登場エックスとペアユニットで登場
<XからなのでCVは置鮎龍太郎氏>

また、ULTIMEITE_MARVEL_VS._CAPCOMではロクゼロ時代のゼロフルアーマーエックスVAVA、アクセル、フォルテに因んだカラーリングに変更できる。何気にロクゼロ時代の姿のモチーフになったゼロの兄弟機とも言うべきフォルテがカラーリングの候補に入っている辺りスタッフの愛が感じられる。
パッと見ると、ゼロ2のフォームチェンジのように見えなくもない。

ニンテンドーSwitchで発売された大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALには、X2以降の容姿でアシストフィギュアとして参戦。ダッシュ移動で敵を探し、敵を見つけるとゼットセイバーで攻撃を行う。なお、ワイリーも同じくアシストフィギュアとして参戦するため、ゼロは製作者と初めて共演することになる。
同作には、担当声優を同じくする悪魔城ドラキュラシリーズのキャラクター、アルカードもアシストフィギュアとして参戦するため、既に二役が決定している。ちなみに、何故かロックマンとワイリーにはボイスがつかないため、ロックマンシリーズからの参戦者としては唯一喋るキャラということになる。
撃墜されると断末魔の叫びと共にロックマンに似た爆発で消滅する。ロックマンX3以前のものが近いが、X3のゼロはライフが0になっても(SEは流れるが)爆発しなかったりする。

前作である「スマブラfor」の時点でも追加コンテンツの一つとして、Miiファイター用のコスチュームが配信されており、SPECIALでも同じく追加コンテンツとして再販。
同じくMiiファイターのコスチュームに抜擢されていたエックスも後に再販されることになった。

関連イラスト

ワイナンズ・ゼロ
落書き詰め
RED BLUE
ゼロ


ファーストゼロ
ゼロ
ロックマンX電子書籍版発売記念2&2.5
■ゼロタツカプ参戦!■



関連タグ

ロックマンX ロックマンゼロ ロックマンゼクス ダークヒーロー
ゼERO ゼロアイ ZIZゼロ スパゼロ ゼロ(Z)

黄金の精神・・・彼の呪われた宿命が結果的に世界に災厄を引き起こしたのは事実ではあるが、その宿命に最後まで屈する事無く、創造主であるワイリーの意思に反し、最後まで、友と自分を信じてくれる者達、そして人類とレプリロイドの未来と平和のためにぬ戦い抜いたその生き様は、まさに「英雄」たる「ロックマン」そのものだった。

???・・・とある同じカプコン作品の登場人物。似た状況で奪われているようだが?

シャア・アズナブルガルマの部隊を(意図的に)全滅させた紅いイレギュラー(と書いてニュータイプ)

関連記事

親記事

ロックマンXシリーズのキャラクター一覧 ろっくまんえっくすしりーずのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゼロ(ロックマン)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ゼロ(ロックマン)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5361370

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました