ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ロックマンエグゼシリーズに於けるアイリスについてはアイリス(ロックマンエグゼ)を参照。


概要

CV水谷優子(X4、PXZ)(初代)、遠藤綾(DiVE)(二代目)


ロックマンX」シリーズに登場するキャラクター。

初出はロックマンX4


ロックマンXシリーズのアイリス

ゼロとアイリス

ロックマンX4ゼロルートでヒロインキャラクターとして登場する。ロックマンX5ではゼロの回想シーンで出演。

X3とX4の間の時系列の番外編ロックマンX2 ソウルイレイザー(ゲームボーイカラーソフト)にも登場するが、X4とは若干デザインに違いがある。

シリーズ以外では、プロジェクトクロスゾーンに登場。


漫画版などを含めない公式作品ではロックマンXシリーズでは初の女性キャラクターである。(全シリーズ含めた場合だとロールちゃんが初の女性キャラ)


人物像

レプリフォース陸軍士官・カーネルの妹。


巨大イレギュラー・イレギオンに拉致されるが、opステージでゼロに助けられ、彼に好意を抱く。しかし、同じく助けに来たカーネルとゼロが鉢合わせてしまい、レプリフォースはイレギュラーの疑いを掛けられ反乱を起こしてしまう。

助け出された後はイレギュラーハンター本部に保護され、ハンターベースのオペレーターを務めてゼロのサポートをするようになる。


平和を望んでいるが故にゼロとカーネルの衝突に悩み、懸命に戦わないように諭していたが、軍人としての誇りを何よりも優先するカーネルは聞き入れず、二人の激突が止められるはずも無く、結局ゼロがカーネルを倒す結末となってしまう。

アイリスとカーネル

アイリスがカーネルと兄妹という事になっているのは、二人のCPUが元は一つのCPUであったから。


かつてレプリフォースの開発部は、「平和を願う心」と「無双の戦闘力」を両立させた「伝説のロボット」を再現させたレプリロイドを生み出そうとしたが、完成したCPUを搭載したレプリロイドは「戦闘」と「平和」という2つのプログラミングに生じた「矛盾」により暴走する形で終わった。

CPUのプログラムは二分化され、カーネルが闘争心を基礎とし、アイリスは優しさを基礎にしたレプリロイドとして誕生したのである。


つまり二人は失敗ではあるものの伝説のロボットの後継機であるエックスと同じようなものと言える。


漫画版

アイリス

「今の私には兄とあなた・・どちらが正しいか決めかねるわ・・・・

 兄の誇りも認めたい・・・・あなたのいうありかたも判る

 でも・・これだけは言えるわ・・・目の前で苦しんでいる人に敵も味方も無い・・・・って・・・・」


岩本佳浩による漫画版「ロックマンX4」では独自の展開が多く、アイリスの立場や状況もかなり変わっている。

顔立ちも原作のような幼いものではなく、大人の女性に近いものとして描かれている。このため振る舞いも外見相応に大人びており、毅然としている。身長も原作より若干伸びているが小柄の部類である。

ただし動揺すると口調が少女寄りになってしまうなど、こちらが地のようだ。


人物像も多少変化しており、ゲームとは違い「レプリロイドだけの世界」に対する拘りはなく、ただ皆で笑い合える平和な世界を愛する心を持ち、「人が苦しむのを見たくない」という確かな信念と行動力で何度もゼロを助ける献身的な女性として描かれている。

一方で戦闘力はないようで「銃を持ったことがない」とカーネルに言われている。しかしネットの世界にダイブしたゼロのナビゲートを担うなど出番も活躍も増えている。


この「大人びた雰囲気のアイリス」は、後に表現を変えて本家に逆輸入されることとなった。


漫画版の展開

イレギオンに襲われた所をゼロに助けられるところはゲームと同じだが、その間ずっと気を失っていたためゼロと会話するシーンはない。


レプリフォースの反乱後、ゼロは戦友であるカーネルとの決着をつけるべくイレギュラーハンターを離脱し、イレギュラー認定される。

カーネルの居場所を力ずくでも聞き出すべくレプリフォース海軍(レプリシーフォース)のジェット・スティングレンと接触を図るも、待ち構えていた自衛団の一斉射撃を受け、レプリフォース海軍共々海の底に沈んだ。


瀕死のゼロを助け出したのは、アイリスの所属する部隊であった。

アイリスの部隊はレプリフォースに所属していながら、敵味方の関係なく救助活動を続けていた。

それはカーネルの指示ではなく、アイリス自身の意思によるものであり「目の前で苦しんでいる人に敵も味方も無い」とアイリスは語る。

兄の誇りとゼロの信念の両方を否定できないアイリスは、改めてゼロに闘う理由を問いかける。


上記の台詞をゼロに言い放った後、「戦いは悲しみしか生まない」と口にする。だがゼロには「力が正義と思っている相手に正義の力を示す必要もある」と反論される。

ゼロは正義ではなく信念から戦っていると答えるが、アイリスは「その信念が間違っていたら?」と睥睨する。

ゼロの返答は「その時は、エックスが俺を殴ってくれるさ」と相棒に対する信頼を示すものであった。

立ち去ろうとしたゼロに対しアイリスは「この戦いは兄たちが望んだわけじゃない。誰かが望んだのかもしれない」と黒幕の存在を予感させる台詞を口にしている。


ロックマンXDiVEのアイリス

配信が開始される以前からメイン画面で登場していることもあり、いずれ実装されると考えられていたが2020年6月10に公式PVが公開され、翌日にSキャラとして実装された。

史上初のアイリスのプレイアブルキャラ化という快挙を成し遂げている


固有スキルとして『平和の象徴』があり、範囲内の敵を麻痺させて動けなくさせるという元々好戦的ではない彼女らしい特徴を持っている。但し、ボス形態で使用していた追尾式ビットを放ってくるなど対戦プレイでは驚異的なスキルも所持している

この戦闘力悲劇のヒロイン無理でしょ


『DiVE』では原作の戦闘ボイスを流用しているが、アイリスは原作に戦闘用のボイスがないため、唯一新規収録が行われている(以降も原作に戦闘ボイスがないキャラクターに関しては新規収録が予告されている)。X4でアイリスを演じた水谷優子氏が亡くなられているため、遠藤綾氏が演じる事となった。なお、新型コロナウイルスの影響で収録が延期となったため、登場からしばらくはボイスがなく、2020年7月9日からボイスが実装された。なお、担当声優が発表された6日の公式Twitter等で公開されたボイス紹介動画では、新録の宣伝ボイスも聴かことができる。


夏イベントでは水着姿である「愛夏のアイリス」がSランクキャラとして実装。

アイリスと海

スキルも「ビーチボール」、目の前にウォータージェットを放つクリスタルを召喚する「コアクリスタル」など夏らしいものになっている。

ちなみに水着姿が登場したのは今回が初

「普通の女の子みたい」とテンションが上がっている台詞があるが、実際その見た目はレプリロイドとは思えない体つきである。

日本版ではリリース100日とXDiVEサマーフェス1週目にて復刻した。


アイリス新スキン

2020年12月9日、「ソウルイレイザー」時代のアイリスがスキン「SE_Dive Ver.」として実装。

流石にそのままの色では区別がつかなくなりそうなのか、色がRiCOによく似た配色になっている。


Iris the Sword of Justice

2021年4月28日。

アイリスが戦闘型となった『渾然たるアイリス』が実像された。

優しく穏やかだったこれまでのアイリスと比べ、セリフはカーネルを意識したかのような、軍人としての誇り高く闘争心の強さが露となっている。

かつてレプリフォース開発部が求めた『闘争心』と『平和』を愛する心を一つにした理想のレプリロイドとしての一つの形かもしれない。



ジンオウガアイリス

2022年1月26日。

モンスターハンターライズ』とのコラボ第2弾において『ジンオウアイリス』が実装された。

ジンオウガ』の力を宿し、雷の力で戦う。


コラボイベントストーリーでは同時実装の『赫耀ノゼロ』姿のゼロと共に登場。

X4本編の時間軸でのアイリスが同時間軸でのゼロと共にメモリアルホールに向かっている途中にモンハンバグに巻き込まれてディープログに迷い込んだ。

この事で一時的とは言えゼロがカーネルと戦わずに済んだ事に安堵し、ゼロに守られながら共に過ごせている事の幸福を噛みしめている彼女の姿が描かれた。


なおXDiveがサービス終了したもののオフライン版が販売されたため、アイリスもオフライン版で引き続き使用することができたのだが、このジンオウアイリスのみ他作品とのコラボキャラ扱いとして未実装となってしまっている。

公式から発売された画集である「ロックマンX DiVE イラスト集」にはコラボキャラも含めて全キャラが収録されているため、そちらで姿を見ることは可能だが、オフライン版にも実装してほしかったという声は多い。


Dive Armor Iris

2023年1月18日。

「オリジンアーマー」系統の『ダイヴアーマー』を纏った『アイリスダイヴアーマー』が実装。


余談

関連性は不明であるが、『ロックマンゼロ2』のエンディング、Awakening willのボーカライズ版の「Clover」の歌詞の一部である「記憶の底で滲んでしまった あの花の名前」がアイリスを意識しているという説がある。


他のキャラにも言えたことだったがXDiVEでは隊長のように被弾時のモーションが原作ではないためか日本版がサービス開始する直前の麻痺モーションが共通モーションとなってしまっているため彼女のパンツを見えてしまっていた。流石に運営はこれはまずいと思ったのか日本版がサービス開始する前までには彼女含めてちゃんと修正されている。なお彼女のパンツは青色だということが判明している。

モーション比較


関連イラスト

メリークリスマス!!アイリスアイリスロックマンX

アイリスアイリスIrisIris X Dive


関連タグ

ロックマンX レプリフォース レプリロイド カーネル(ロックマン) ゼロ(ロックマン) ゼロアイ

茶髪ロング


コスモ(ソニックX):同じく原作がゲーム作品であり主人公の相棒と特に関わりが多い。















































ここからは『ロックマンX4』終盤の重大なネタバレ及び、それに関連する記述が含まれています。

















『兄さんと戦わないで…とあれほど言ったのに…もう遅いのね…何も、かも…さようなら…ゼロ…。』


  • アイリスの最期

カーネルがゼロに倒されると、全てに絶望したアイリスはハンターベースから姿を消し、レプリフォースに合流。ファイナルウェポン内でゼロを待ち構える。

「ついに来てしまったのね…」

カーネルのチップを取り込み戦闘マシーンと化し、兄であるカーネルの仇を討とうとゼロに襲い掛かるが、激戦の末ゼロの攻撃によって倒される。


『お願い…。もうレプリフォースに手を出さないで…。一緒にレプリロイドだけの世界で暮らしましょう…』


ゼロにそう言い聞かせ、彼がそんな世界は幻だと答え…。


『そうよね…でも信じたかった…レプリロイドだけの世界で…あなたと………。』


Iris and Zero


最期はゼロに自身の思いと謝罪を伝え、ゼロに看取られる形で死を迎える。


同時に、ゼロ(と、プレイヤー)の心に癒えることのない深い傷を刻み込んだ。ゼロにイレギュラーとは何なのかという疑問を背負わせ、ゼロは自分の戦いに悩み苦しむようになる。


実はCMの段階でアイリスに悲劇が起きる事(ゼロの「オレは…オレは…一体なんの為に戦っているんだぁぁぁぁぁっ!?」の部分)は判明していたが、まさかのゼロがアイリスをその手で屠るとは誰も思ってはいなかったのである。


  • ボスとしてのアイリス

覚悟

ライドアーマーを頭部まで覆ったような巨大アーマーを装着してゼロに襲い掛かる。

アーマーに攻撃してもダメージが通らず、オプションをばら撒く。


ある程度攻撃するとクリスタルを射出し、このクリスタルに攻撃してようやくダメージが与えられるが、今度はクリスタルをゼロの真下に設置、アーマーとクリスタル両方からのビームで攻撃してくる。


有効武器は龍炎刃。カーネルの弱点が氷烈斬であったことを考えると…


戦闘開始直前の台詞

「行きます・・・!」

「兄さん、私を守って・・・!」

「ごめんなさい、ゼロ・・・!」


  • 決定的な違い

アイリスは、自らの元となった「伝説のロボット」と同じく平和を愛している心優しい性格ではあった。ただし彼女が望む「平和な世界」とは、上述のセリフの通りカーネルが思い描いていたのと同じく「レプリロイドだけの世界」であった。

「『伝説のロボット』は人間とロボットが共存出来る世界を信じていた」のに対し、アイリスの場合は「レプリロイドが人間と共存出来るとは信じていなかった」のがうかがわれ、「平和を望む」という共通点はあったが、目指す理想に関しては違いがあった。


結局の所、「レプリロイドだけの世界は幻だ」と評していたゼロとは、互いに気付いていなかった価値観の違いがあり、これがアイリスの暴走や死を招いてしまったとも言えなくも無い。


尤も、戦いを嫌う(恐れる)彼女の性格を鑑みると、イレギュラーと認定されたレプリロイドを抹殺することに全く抵抗がない人間躊躇なくその命令を実行するイレギュラーハンターへの恐怖と猜疑心は相当大きなものだったことは想像に難くないため、レプリロイドだけの理想の世界(イレギュラー化しても抹殺されない世界)を夢見るのは無理からぬ話である。


  • 漫画版の展開

ゼロとカーネルの直接対決をアイリスは身を挺して(自分自身に銃を向けて)阻止しようとするが、カーネルは軍人の誇りから苦悩しつつもゼロとの闘いを続けようとする。そんな状況を見かねたゼロは自ら戦闘の放棄を示す事でカーネルに「軍人は戦意のないものとは戦わない」という撤退の大義名分を与え、その場の激突は避けられた。

アイリスを送り届け、再び修理を受けたゼロは借りを返すためにアイリスに協力する。

しかしサイバー・クジャッカーとの戦いでサイバースペースにダイブしたゼロを助ける為に、アイリスの体はバグに犯されてしまう。


ゼロはアイリスを救うために命懸けでスラッシュ・ビストレオからワクチンデータを奪取するが、そこに妹を救うために軍規を曲げてワクチンデータを持ってきたカーネルとかち合ってしまう。

戦いの最中、カーネルの右腕が切断されると同時にアイリスの右腕が錆付き、二人が一心同体であることが明かされる。

ゼロは悩みながらもカーネルを撃破。タイミング悪く目覚めたアイリスはその瞬間を見届ける破目になってしまう。


アイリスの中で何かが失われ、足りない何かを求めて兄の残骸に寄り添うアイリス。

次の瞬間、二人は光に包まれ、暴走した力によって形成された巨大アーマーにアイリスは取り込まれてしまう。

無差別に仲間を襲う巨大アーマーにゼロは一人で立ち向かう。


生まれて初めて他人のために、アイリス一人の為だけに闘うことを決意したゼロは、猛攻を掻い潜って巨大アーマーからアイリスを引きずり出して救出した。

助け出されたアイリスは、兄を失い仲間を傷つけた自分が、ゼロと二人で居られるこの瞬間を喜んでいることを恥じながら、ゼロに強く抱きしめるように願う。

ゼロはその願いに答え、アイリスが受けるべき咎などないと告げるが、アイリスはそのままゼロの手の中で息絶えた。

唯一人、己の信念を超えて守りたいと誓った人を、どんな障害にも負ける事はないと信じていた愛を失ったゼロは、絶望の叫びを上げるしかなかった…


  • ロックマンX アニバーサリーコレクション

本作のみのオリジナル要素「Xチャレンジ」にてダブルとのコンビで登場。NORMALまでの難易度では最後に戦うコンビであり、原作では決して同時に戦う事があり得なかった、X4をプレイしたプレイヤーならば一度は見て見たかった組み合わせであろう。エックスでアイリスと戦うのも本作が初。


パートナーであるダブルをアイリスより先に倒すと、ドラマ的に熱い驚きの展開となる。


「兄さん、私を守って」


vsゼロ


『容赦はしない。行くぞ!』


まるで守護霊かの如くカーネルが参戦。

この時のカーネルはHPが無く、消えたり現れたりを繰り返し亡霊かの如き挙動を取る。

ダブルとアイリスの2対1を脱したと思ったら、今度はカーネルとアイリスの同時攻撃を掻い潜らなければならない(しかもカーネルを倒す事は出来ない)ため、ゲーム的には何お前ふざけんな的な展開である。

幸いカーネルとアイリスの攻撃はそこまでかち合うことは無く、せいぜい十字砲火に電撃攻撃がかち合った時がしんどいくらいなので、ダブルを倒すまでの消耗が抑えられれば十分勝機はある。

カーネル、アイリスの同時攻撃を捌き切って勝利を収めると、カーネルが倒れたアイリスを受け止めるような動きをして去っていく。


ありがとう エックス


兄妹の絆は強かった。今回は見損なわなかったぞ、カーネル。


しかし、アイリスを先に倒した場合カーネルは出現せず、アイリスは倒れたまま放置される。やっぱり見損なったぞ、カーネル。


  • 更なる余談

攻撃判定が自機と別になる特殊なボスシステムは別社がこのゲームが発売されて数ヶ月後に発売したゲームのラスボス戦にて採用されている。

























更なるネタバレ注意















時系列としては死亡後であり、第29話「負けない、愛」で、.hackスケィスの力によって、データ上の存在としてThe Worldのマク・アヌに現れる。

ゼロに再びレプリロイドだけの世界を創造する事を呼び掛け、自身の登場と合わせてゼロは動揺し、動けなくなってしまう。この時、一定ターン数以内に動けなくなったゼロを救援するか、VAVAを倒せなかった場合、ゲームオーバーになってしまう。


動けるようになった後、ゼロは「自分の望みはアイリスや自分たちのような思いをする者がいない世界を作ること、そしてそれはレプリロイドだけの世界ではない」として、アイリスの言葉を拒否。

それを見届けたアウラに、「ここにいてはいけない」と諭される。最期はゼロに「本当はゼロと合ってはいけなかった」ことを理解していたことを明かしつつ、それでもゼロと再会できたことに喜びを表し、励ましの言葉を遺して消滅した。


「ゼロ……あなたは、あなたのままでいて。

決して負けない、あなたのままで。

大丈夫。ゼロは、運命に逆らえる強さを……持っているんだから。


さよなら、ゼロ……。伝えられて……よかった」


七夕ゼロアイ


果たしてゼロが彼女の言葉通り運命に逆らえたかどうかは、X5やゼロシリーズ以降にて描かれる。

ちなみに彼女とアウラは数少ない非戦闘NPCだがボイスも新録されている。

また、彼女が登場するシナリオのタイトルが「負けない、愛」なのはX4の主題歌であるのはもちろん、漫画版のアイリスが負けない愛を信じていた事へのオマージュと思われる。


関連タグ2

悲劇のヒロイン プロジェクトクロスゾーン


エルピス:『ロックマンゼロ2』で登場したレプリロイド。こちらも「人間とレプリロイドの共存」を信じていない人物でありゼロと激突した末に倒される。

マーティ:漫画版のオリジナルキャラクター。アイリスとは共通点と相違点がある。

菖蒲:ラテン語ではアイリスと呼ばれている。黄色のアイリスには、キリスト教にちなんだ"復讐"という花言葉がある。兄を失ったアイリスがゼロに復讐する場面があり名前の時点で敵になる伏線があった。

関連記事

親記事

レプリフォース れぷりふぉーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4412566

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました