ピクシブ百科事典

目次[非表示]

岩本佳浩は日本の漫画家である。

概要

コミックボンボンでの「ロックマンX」コミカライズで有名。
当時のボンボン1といっても過言ではないほどの圧倒的な画力による緻密な描き込みと、シリアスな演出や描写が非常に上手く、世界観やキャラクターを壊さずに様々なドラマを盛り込んだ。
X2ブラックゼロX3のビームサーベルと黄金エックス、X4アルティメットアーマーなど、ルートによっては回避できるイベントや隠し要素もドラマティックに取り込み、ファンを沸かせた。

それまで同誌ではゲームを漫画化した作品はストーリーをなぞるだけの攻略漫画に近いものになりがちだったが、岩本氏の作品はそれらと一線を画す出来となっており、「二次創作のお手本」とも呼ばれている。

あまりの出来に準公式扱いになっており(『ロックマン×ロックマンX オフィシャルコンプリートワークス』に、スタッフ内で漫画が話題になった旨が書いてある)、岩本氏がサントラジャケットを描くことになった際、漫画版オリジナルキャラクターであるマーティを描いてもよいと言われたことさえあり(結局岩本氏は描かなかったが)、最近では岩本氏のエックスがフィギュア化されたりもしている。
X4からストーリー面の演出が強化されたのは、制作陣が岩本版に触発されたためでもあり、ロックマンXの世界に与えた影響は非常に大きい。

たが、凄まじい画力と演出がコミックボンボンという幼年向け雑誌にそぐわなかったのか、編集長の交代でX4の連載中に他の漫画共々打ち切りとなってしまう。
しかしほぼ同時期に本山一城氏のスーパーマリオほしの竜一氏のナイトガンダム物語をはじめ、よりによってロックマンX同様人気を集めていた看板漫画を一気に打ち切ってしまったため、読者離れが続出。
ボンボンをボンボンたらしめていた要素が一気に抜けてしまい、結局黄金期の人気は戻ることなく休刊を迎えてしまった。

現在このボンボン版ロックマンXは、単行本未収録分及び描き下ろし分を収録した復刻版がブッキングより刊行されている。また、令和3年8月11日から電子書籍版も発売された。

なお、岩本氏はアクションゲームが苦手であり、攻略動画を手本に漫画を描いていたという。

ボンボンで掲載された作品は打ち切りや未単行本化となる事が多く、事実上打ち切りなしで連載を終わらせ、なおかつ単行本も出て全話収録されたのはマシュランボーくらいか。

おもちゃ好きでボンボン本誌でもコレクションが挙げられていた。

執筆作品

カブトボーグ(webコミック)
模型戦士ガンプラビルダーズ
ケロロ偉人伝
スーパーロボット大戦(読み切り、4コマ)、
闘神デビルマン
トランスフォーマーギャラクシーフォース
マシュランボー
ロックマンXコミックボンボン
モバイルレーサー 疾風れ、流星
ガンプラ武蔵

関連タグ

コミックボンボン
メぇぇぇ~~リぃぃぃぃぃクリっスマぁぁぁ--スぅ!!
いつ闘いが終わるんだよーっ!!
有賀ヒトシ

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「岩本佳浩」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「岩本佳浩」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1085905

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました