ピクシブ百科事典

目次[非表示]

レプリロイドとは、『ロックマンX』シリーズに登場する高度なAIを搭載したロボットの総称である。一部作品では「疑似生命体」と字が当てられる事もある。
続編的な位置づけにある『ロックマンゼロ』シリーズ、『ロックマンZX』シリーズにも同様の概念が存在する。

概要

語源はレプリカ+アンドロイド。主人公であるエックスを始め、シリーズに登場するキャラクターはほぼレプリロイドで占められている。彼らは自らを指して「レプリ」と呼ぶこともある。人間と同じように考えて行動すると言う思考能力を持っている。
ケイン博士によってエックスのデータを元にして作られているが、エックス自体がオーパーツとも言うべき超技術の塊であり、そのすべてを完全に解析できているわけではないため、エックスのコピーというわけではない。

彼等にはDNAデータと言うプログラムデータがあり、その名の通り、遺伝子のようにそれぞれのレプリロイドによって構造は千差万別である。

小説「ロックマンX ザ・ノベル」ではケインがエックスのデータを基に解析できなかった部分を自分の作ったもので補って開発したレプリロイド第1号「アルファ」が登場している。このアルファの登場以降、レプリロイドが認められ次々と作られていった。

外見は大きく分けて3タイプに分類される。


エックスやゼロ(そして恐らくサーゲスとアイゾックも)など、レプリロイド誕生以前に製造された「古代ライト文明」時代のロボットも作中でまとめてレプリロイド扱いされてはいるが、厳密には本来の定義(エックスを元に作られた)からは外れている。

岩本佳浩作「ロックマンX4」では、進化の袋小路に陥った人類が地球上の生物を模した機械を作ることで新たな進化を求めた、と解説されているが、公式設定であるかは不明。
おそらくは8大ボスが実在の動植物型で占められていることの理由付けと思われるが、他でもないこのX4で初の架空の生物型のボスが登場している。

思考回路に不具合が生じるなどして、危険分子と認定されたレプリロイドはイレギュラーとして扱われる。
原則として作られたままの姿で変わる事はないが、「ロックマンゼロ」では若者の姿から老人の姿に変えてもらったレプリロイドもいる。

ザコ敵として出てくる単純な思考ルーチンしかもたないロボットは、メカニロイドとして区別されている。

ZX時代になると殆ど通常の人間(ヒューマロイド)と見分けがつかなくなっているので、額に赤い逆三角形のマークを入れて区別している。(飼い犬型レプリロイドにもこのマークがある。)この頃になるとレプリロイドも寿命が設定され、決して無制限に活動可能ではなくなっている。(三賢人など例外あり)

なお、レプリロイドのオリジナルといえるエックスが製造された100年前の「ロックマン(無印)」の時代には、既に明確な自我を持ち、果ては趣味嗜好までをも持つロボット達が存在していたはずなのだが、エックス封印から100年もの間に何故かその技術が途絶えていたような描写だった。
これは「ロックマンX ザ・ノベル」によると幾度無く続いた思考型ロボット同士の戦い(ロックマンとワイリーの戦い)が原因で思考型ロボットの開発が暗黙の内に行われなくなってしまったからだと言われている。最も、100年前に開発者の想定を超えかねない危険性ロボットの暴走を引き起こす危険なウイルスの負の部分を既に孕んでいた。


派生種など

新世代型レプリロイド
ロックマンX8にて登場。
DNAデータを利用する事で、誰にでも変身できるといった性能を持つレプリロイド。コピーチップの働きによりDNA配列を変える事によりウィルスに侵されないようになっている。しかし、その変身可能な範囲にはシグマのDNAも含まれているため、イレギュラー化する危険性も大いに孕んでいる。しかしこれまで触れられていた電子頭脳の故障やウイルス感染、最初からイレギュラーとして誕生した…などと言った前例が起こらぬよう先述のコピーチップなどのように厳重にイレギュラー化対策を講じて制作されたにもかかわらず、8ボスをはじめとした新生代型レプリロイドたちは世界に反旗を翻し、復活したシグマに従った。
なお、アクセルは新世代型レプリロイドのプロトタイプである。
X8の事件後、一時的に新世代型の要であるコピーチップの製造が停止されたが需要の大きさ故に数年後に厳重なプロテクトを施したうえで再開された。

ミュートスレプリロイド
ロックマンゼロシリーズに登場。
ネオ・アルカディアの中でも特に地位の高いレプリロイドの総称で、「ミュートス(神話)」の名前を取っているように、その個体のほとんどは神話などに登場する怪物や神がモデルとなっている。
こうしたフォルムになったのは、人々が新たなる信仰を求めた結果故らしい。
その立ち位置上、Xシリーズにおけるイレギュラーハンターとほぼ同意義の存在だが、いくつかの個体はレジスタンスに加担したゼロによって倒されたり、ドクターバイルに改造されてイレギュラー化してしまっている。
必ず四肢が存在していたXシリーズのレプリロイド(8ボス)とは異なり、モデルの生き物に忠実な造形になっているのが特徴。また、ロックマンゼロ3に登場するバイル八審官は司法関係者という役職上、戦闘形態とは別に人間形態が備わっている。
ロクゼロのボスはこれまでのシリーズと世界観が異なる為か、デザインはよりロボットらしくなり、ロックマンZXまでこのデザイン方式は続いた。
あくまでロックマンXの延長線にある世界なので、実際はXシリーズに近いフォルムなのかもしれない。よく見るとXシリーズのボス近い外見のボスもチラホラいる。(ゼロやエックスも同様の理由でデザインが変わっているが、設定的に姿は変わっていないと明言されている。いわゆるロクゼロフィルターというやつであろうか。)

また、命名法則は「〇〇・〇〇」とXシリーズの8ボスと同様だが、中には名前に・が入らない中ボスのようなネーミングの個体も存在する。

半レプリロイド化
ロックマンゼロシリーズに登場。
「不死の刑」の別名であり、機械化手術でレプリロイドに近い体となった人間。早い話がサイボーグ
記憶をプログラムデータに変換して肉体を再生機能を持ったアーマーと融合させる事で文字通りの不死となれるが、永遠の苦しみを与えるという目的であるため、対象となったドクターバイルは自分の意志とは関係なく死ねない肉体に改造されて100年間朽ちることができずに生き続ける地獄を味わわされる事となった。

ヒューマノイド
ロックマンゼクスシリーズに登場。
身体の一部を機械化した人間の事を指すが、ゼクスアドベントにて人間の身体と「レギオンズが用意した機械の身体」を交換する事によって成り立っていた事が判明した。
ゼクスアドベントにおけるヴァンとエールの姿がゼクスの頃より成長しているため、あくまで体の一部を機械化しているに留めていたり等、機械の身体でありながら通常の人間同様に成長する事が可能な模様。
作中では特に明記はなかったが、生身のままの人間もいると思われる。

フォルスロイド
同じくロックマンゼクスシリーズに登場。
ライブメタルの力を引き出すために作られたレプリロイドで、作中では「擬似ロックマン」とも揶揄されている。ゼクスではそれぞれのライブメタルを取り込んでいたが、続編のゼクスアドベントでは全員がモデルVの欠片を動力部分に組み込まれており、もはや存在そのものがイレギュラーと化している。
人型を残していた以前のボスに比べて明らかに獣人型でないフォルムを持ったメンツが多い。

デコイ
ロックマンDASHに登場する種族であり、古代に存在していたオリジナルの人類が作った人工生命体で、一定数数が増えると市政官によって間引きが行われる。
基本的には人間と同じ姿をしており、繁殖も食事、成長も行う。一方で、機械を体に難なく接続・換装するなどの行為が日常茶飯事である為、ファンからはXシリーズの新世代型レプリロイドやゼクスシリーズのヒューマノイドとの関連性が疑われている。ボン・ボーンが明らかに人間型じゃない理由もそれである。
一応、幽霊の概念も存在する(インティ・クリエイツが手がけたシリーズではレプリロイドの魂に該当するものとして「サイバーエルフ」が登場する為、矛盾はない)。

デコイの社会では遺跡からテクノロジーや宝物を採集して生計を立てる「ディグアウター」というポピュラーな職業があるが、ロックマンゼクスシリーズにおいても遺跡かテクノロジーを採集する賞金稼ぎ「ハンター」という職業が存在している。


関連イラスト

Wallpaper
ロックマンX4


RMXCM
眠てえことをいいやがるぜ



関連タグ

ロックマンX レプリフォース イレギュラー メカニロイド アンドロイド

関連記事

親記事

ロックマンX ろっくまんえっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レプリロイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3433379

コメント