ピクシブ百科事典

マグネ・ヒャクレッガー

まぐねひゃくれっがー

マグネ・ヒャクレッガーとは、「ロックマンX2」に登場する8大ボスキャラクターの一人である。
目次[非表示]

概要

異名:紅のアサッシン
モチーフ:ムカデ

ロックマンX2に登場するボスキャラクターで、
中央コンピューター施設を制圧している。
もともとは第0特殊部隊に所属するイレギュラーハンターであったが、
任務中にシグマに拉致されて洗脳され、イレギュラーとなってしまう。
忍び部隊出身というだけあって忍術を思わせるトリッキーな戦いが得意で、
ワープを駆使して攻撃をかわしたり、天井に張り付いたりといった技を使う。
武器は磁力を持った爆弾を相手に投げつける「マグネットマイン」。
他にも首の後ろに付いた尻尾を飛ばしてエックスの周囲を取り囲んで攻撃したり、
磁力を使ってエックスを引き寄せ、尻尾で捕えてウィルスを注入したりもする。
このウィルスはエックスの機能を奪う効果があり、
バスターのチャージ能力、ダッシュ機能、バスターの連射機能、ジャンプ機能(完全にジャンプできなくなるわけではない)などが喰らうたびに失われていく。

弱点武器は「スクラップシュート」。これを喰らうと尻尾が破壊され、
一部の攻撃を使用しなくなる。

入手できる特殊武器は「マグネットマイン」。
十字キーの上下で弾の軌道を変えることが出来る。

コミック版では

初登場時は女装していた。戦闘中のセリフは一人称や口調が何故かコロコロ変わっていた。エックスの機能を次々と封じて苦戦させた(バスターさえ撃てなくなった)が、エックスの忍法「我慢の術」の前に決定打を与えられず焦って接近戦を挑んだところ逆に押し返されマザーコンピューターの亀裂に押し込まれ、自分がマザーコンピューターに感染させたウィルスをそこから流し込まれ機能を停止させられた。

X6で意外な復活

ロックマンX6に登場する8大ボス「メタルシャーク・プレイヤー」が、復活させてくるボスの中でヒャクレッガーが存在する。
水色の半透明の姿で登場し、エックスに手裏剣を投げつけてくる。
ただしヒャクレッガーを出してくる時は、エックスと対峙した時ではないとダメである。
(ゼロの場合はスティング・カメリーオ。)

pixivに投稿された作品 pixivで「マグネ・ヒャクレッガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48946

コメント