ピクシブ百科事典

アーマー・アルマージ

あーまーあるまーじ

アーマー・アルマージとは、ロックマンX及びイレギュラーハンターXに登場する、8大ボスの一人である。
目次[非表示]

自分は、命令を実行するのがイレギュラーだとは思わない。我々はどちらも間違っていないと言う事だな…。

概要

異名:鋼鉄の甲弾闘士
アルマジロ型のレプリロイド。第8機甲部隊の元隊長。
鉄壁の防御力を誇る装甲を纏う。武人肌の堅物で、イレギュラーハンター部隊の指揮権を全てシグマに掌握された事から彼を上官と判断。
「上官の命令は絶対」として反乱に参加する。蜂起後は兵器の原料(恐らくエネルゲン水晶)の採れる鉱山を占拠した。

8ボスで唯一フルチャージバスターでも1ダメージしか入らないが、ダッシュ撃ちは他のボス同様2ダメージ与える事が出来る。

イレギュラーハンターXにおいて

CV:三宅健太

蜂起した理由などは原作と同様。
「狂ったシグマの命令に従うのか」というエックスの問いに対し、「(命令した)隊長が狂っているか(命令を受けた)自分が判断する必要はない」「(シグマを隊長と認めて)命令に従うのは自分の意志だ」と持論を返している。
しかし、冒頭のアルマージのセリフから、エックスの考えにも理解は示している模様。
また、VAVAに「ただ命令に従うしかできないデクの棒にそれができるのか?」と皮肉られた際は、「命令に従うこともできない…、哀れだなVAVA」と返している。

ちなみに、倒された際は「いい戦いだった・・・」とセリフを発する。
こちらは防御力がフルチャージバスターで2ダメージとイーグリード、ナウマンダー、カメリーオと同等になっている。

岩本佳浩の漫画において

原作の武人肌は健在で、スティング・カメリーオを倒したエックスにバスターを修理した上で果し合いを申し込むなど、Σの命令を無視して正々堂々とエックスに戦いを挑んでいる。エックスとの戦いの後、自身の爆破(Σに対する忠誠の証として、ボディ内部に裏切りと同時に起動する爆弾が仕掛けてあった)からエックスを守る為、体内の起爆装置ごと日本刀を使って「切腹」した。最終的にVAVAの攻撃からエックスを庇って戦死する。

ロックマンゼクスアドベントでは

レギオンズ本部ではモルボーラーに乗ってガラスを割りつつ突き進む仕掛けや採石場に至ってはクラッシュインパクトDDがギミックとして存在するなど彼のステージがオマージュされている。(ボスはどちらも性。


使用技

ローリングシールド
SFC版では反射角度が一定で、壁を交互に登り降りしているだけである程度やり過ごせる。ローリング中は攻撃が効かないが、エレクトリックスパークで装甲を破壊した後は効くようになる。
イレギュラーハンターXでは、画面全体を「ロ」の字型に高速旋回するパターン、ジグザグに跳ね回ったりするパターンが追加。
更にSFCで見せたローリングが原作と同じ方法では回避出来ない上、ローリングしながら弾を撃ってくるようになったが、どのパターンもセミチャージ以上を当てると途中で解除させることが出来る。VAVAの場合はキャノン系が必要。
漫画版では回転的装甲(ローリングシールド)と表記されている。

レーザー
額の兜を開き、光弾を発射する。前方にしか撃てないため、壁に張り付いていれば安全。
この技の発射タイミングはガードモーションを取らないため、普通に攻撃を当てに行くのか、後述のように敢えてガードさせるのかで最適な攻撃タイミングが変わる。

ガーディングギガクラッシュ
攻撃を防いだ上で、全方向弾を拡散させて反撃する。エレクトリックスパークで装甲を破壊した後は使えない。
セミチャージ以上でこの技を誘発し、ダッシュ撃ち→垂直ジャンプ(回避)→降り際にセミチャージ…という流れで、ローリングシールドに移行させなければハメのような状態に持っていける。
イレハンではダッシュ撃ちをフルチャージショットに変えてもギリギリ間に合う。

弱点武器

エレクトリックスパーク(スパーク・マンドリラーから入手できる)
岩本佳浩のコミカライズによると、体内に高性能かつ精密なセンサーを搭載していたため、高圧電流に弱かったとのこと。
この攻撃を受けると装甲が剥がれ、防御が使えなくなる。
また、確定でレーザーを撃つ為垂直ジャンプで回避→もう一発当てる…でハメが成立する。

獲得武器

ローリングシールド
通常:地面を転がる球状のエネルギー弾を発射する。壁に当たると一度だけ跳ね返る。
一部の敵の弾をかき消せる。
チャージ:エックスの周囲にバリアを張り、一部の敵の弾から身を守る事ができる。
バリアは一度に一定以上のダメージを受けない限り効果が持続する。
また、バリア自体にも触れる事で、敵にダメージを与えることができる。
※両方ともヘッドパーツで強化可能
ランチャー・オクトパルドの弱点であり、SFC版とイレハンでは難易度がかなり変わる。
そしてラストボスのシグマ最終形態に対するスパイラルクラッシュバスター以外での唯一の対抗手段でもある。
しかしアニコレ版ではSFC版のベタ移植であるはずだが効果に制限時間が付いてしまった。
イレハン版ではウルフシグマに当てるとシグマが藻掻くため、手の上に居るままだと爪の接触ダメージを貰う事がある。
ウルフシグマの無敵時間も伸びていることから、ダメージ効率はゼロブラスターにやや引けを取る。
波動拳も効くようになったのでより存在意義が霞んでいる。

余談

本作の裏技である波動拳の入手方法が「(ライフアップなどの補助アイテムを全て集めきった状態で)アーマー・アルマージステージのゴール直前の上部に固定で落ちている回復アイテムを拾ってエスケープ、という作業を五回繰り返すとパーツカプセルが出現」というものだったため、波動拳修得のために延々と鉱山を往復し続け、このステージのBGMが耳にこびり付いて離れなくなったというプレイヤーは多かったはずである。(こちら
下手をするとゲーム中で一番長く聴いていた曲なのでは……(もっともこのステージのBGM自体はかなり人気が高い)。
ちなみにアルマージ本人は8ボスで唯一波動拳を「防御」できる。勿論防御させずに当てれば一撃だが。

リメイク版のイレギュラーハンターXでは「(補助アイテム全回収した上で)道中全てノーダメージで踏破すれば出現」に変更されたので、五往復もする必要は無くなった。

関連イラスト

大瀑布



関連タグ

ロックマン ロックマンX
イレギュラーハンターX アルマジロ
バーニン・ナウマンダー……中の人つながり

関連記事

親記事

ロックマンX1 ろっくまんえっくすわん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アーマー・アルマージ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42443

コメント