ピクシブ百科事典

エックス(ロックマン)

えっくす

ゲーム「ロックマンX」の主人公。
目次[非表示]

担当声優

概要

ロックマンXシリーズ』の主人公。
身長160cm(『コマンドミッション』のみ165cm)・体重57kg。
(ちなみに先代ロックマンは身長132cmに対して体重は105kgもあり、ほぼ半分近くにまで軽量化がなされている。)
一人称はXでは「俺」・ゼロでは「ボク」で、外見年齢は14~15歳ほど。
そして、その未来に相当するロックマンゼロシリーズおよびロックマンゼクスシリーズでも姿や形を変えて登場し、平和のために戦う各シリーズの主人公達へ、様々な形で力を貸す。
なお、タイトルはロックマンXとなっているが、彼の名はエックスである(ロックマンシリーズの派生作品であるため)。

真面目で正義感に溢れるが、心優しく非情になりきれない性格で、それゆえに悪党を許せない正義感戦いを嫌う心優しさの間で板挟みになり、思い悩み葛藤する様子がシリーズを通して描かれている。

何かとよく思い悩み、親友のゼロ曰く「いつも悩んでばかりいる意気地無し」とのことだが、そうして苦悩しながらも自分なりに信念を貫こうとし、「だからこそ英雄になれた」とも語られている。
また、素直かつお人よしで、あまり人を疑わないためつけ込まれることがよくある。(こいつうっかり捕縛されたシーンとか。)

内部機構及びその潜在能力については解析不能なものも多い。Xの時代からさらに年月が過ぎたゼロシリーズでも完全解析は出来なかったようである。

漫画版だと涙を流す唯一のレプリロイドという設定。それとメットの下はロックと同じ髪型という描写が、復刻版で加わっている。

ロックマンXにおけるエックス

無題


初代ロックマンの制作者にして、作中で『ロボット工学の』として称えられているトーマス・ライト博士によって生み出された、「悩み、考え、行動する」という従来にはない機能を備えたロボット。ライト博士によれば、この機能は「機械が人間や他の生物と同じように進化できる可能性をもたらす」としている。

しかし、ライト博士は、エックスのほぼ人間と変わらない感情や悩むという能力が、ロボット工学の原則に対しても疑問を抱かせ、人間に危害を加えてしまうかもしれないことさえ予期していた。
そのため、安全性が証明されるまでカプセルに封印され、後にケイン博士によって発見された。
完成年は不明であるが、封印したのは20XX年9月18日頃と思われる。
“X”とは「無限の可能性」あるいは「危険」を意味している

ここまで感情面に対して長い時を費やして慎重になっていたのは、ドクターライトナンバーズ(DRN.)の1号機であるロックマン(DRN.001)に起こった想定外の異変が少なからず影響している可能性がある。ライト博士の予測ではエックスの安全性を精査するにはおおよそ30年はかかるという。その為、二つのスペックデータファイルに加えて警告文のデータファイルを遺していた。カプセル自体が封印と同時に精査システムの役割を持っていたようである。

ライト博士の数世代先を行く技術力の粋を結集させて制作されたエックスは、当時のロボット工学の第一人者であるケイン博士をもってしても完全解析は出来なかった。そして、エックスを参考に開発された完全人間思考型ロボットがレプリロイドである。
つまりエックスは全てのレプリロイドの始祖的存在であり、エックス(とゼロ)は厳密にはレプリロイドには含まれない

ちなみに、ライト博士製作のロボットで唯一最初から戦闘用として作られている。未来でレプリロイドの存在が更なる争いの原因になることをライト博士は予見していたのかもしれない。
ロックマンとエックスの関係は製作者が同じであり、エックスが後継機である事以外の情報は不明だが、唯一エックスの腕に内蔵されている「エックスバスター」の正式名称が「ロックバスターMk.17」である事からロックバスター自体の改良は100年前の世界では度々行われてきた事が窺える。

ケイン博士に保護されたエックスはやがて、イレギュラー化したレプリロイドを逮捕・破壊する治安維持組織「イレギュラーハンター」に所属する。
第17精鋭部隊に配属されたエックスだったが、心優しい性格で悩むことが出来るエックスは、ただイレギュラーを破壊するというイレギュラーハンターの任務に疑問と深い悲しみを抱くようになる。そのため、戦闘でも非情になりきれず、常にB級ハンター止まりで終わっていた。周囲の仲間からも軽視され嘲笑されていたが、同僚でライバルであるゼロや上官であるシグマなどはエックスの中に秘められた潜在能力の存在に気付いていた。岩本版では、シグマの反乱前にフレイム・スタッガーと戦って勝利している。

また、人柄の良さから元々仲の良い同僚もいたようで、イレギュラーハンターX内の長編ムービー「The day of Σ」では、仲間の巻き添えを恐れてイレギュラーを撃てなかったエックスを気遣う同僚(しかも巻き添えにされたかもしれない当事者)がおり、彼を嘲笑する同僚ばかりではなかったことが伺える。他にも特A級ハンターであるゼロと共同の任務に就いたり、一人上空からの急襲役を務めたりするなど、組織内での評価はまんざら悪くも無かったようである。

存在自体がオーパーツかつ、内部がブラックボックスであるエックスを不完全な解析で参考にした結果のレプリロイドの頭脳にイレギュラー化が発生するのは、恐らくライト博士が危惧していたものが現実化したものともいえる。



ロックマンX1・イレギュラーハンターX

前を向いて


シグマが突如人間に対して反乱を起こした際、エックスもゼロと共に平和と仲間を守るために戦うことを決意した。戦いに疑問を感じながらもVAVAらシグマの軍勢を退けていき、遂にはシグマを倒すことに成功する。
シグマの反乱を経てイレギュラーハンター内での信頼を得て、第17精鋭部隊隊長に就任。尊敬と信頼を集め、誰からも一目置かれる存在となった。
イレギュラーハンターXにおけるVAVAモードでは、オープニングステージのボス及び最終ステージ(シグマパレス3)にてゼロと共にラストボスとして立ちはだかる。
オープニングステージでの攻撃方法は、バスター射撃とチャージショットのみ。
最終ステージでは全てのアーマーパーツを装備しており、いつ手に入れたのか不明だが8ボスから入手できる特殊武器を駆使して容赦なく襲いかかってくる。さらに、ゼロとの連携攻撃でこちらを追い詰める他、ゼロが倒されるとパワーアップして攻撃が激しくなる。

ロックマンX2

【X2】 昔の仲間同士、仲良く戦ってくれたまえ。


シグマの残党を処理する中、カウンターハンターが人類とイレギュラーハンターに対して宣戦布告。エックスは再び世界を守るべく戦いに身を投じる。途中、命を落としたと思っていたゼロがパーツとなって敵の手に渡っていることが判明し、イレギュラーと戦いながらこれらを取り返すために奮闘する。最後は再びシグマを撃破する。最後のシグマはワイヤーフレームのポリゴンのような姿になるが、この時点ではまだシグマがコンピューターウイルスであることは明かされていない。
カウンターハンターの一人、サーゲスからは「ライトの置き土産」と呼ばれている。
本作から地上ダッシュが標準アクションとなり、フットパーツなしでも使用可能。

ロックマンX3
Drドップラーが突如として反乱を起こし、彼が作った都市に招かれていたレプリロイド達(中にはイレギュラーハンターもいた)がDrドップラーの配下になってしまう。そしてイレギュラーハンター本部が襲撃を受け、エックスとゼロは迎撃に出る。ここでシグマの正体・シグマウイルスの存在を知る。シグマウイルスには後々までエックスを苦しめる存在になる。

ロックマンX4
イレギュラーの疑いを掛けられたカーネルらレプリフォースが自らの独立国家を築くべく反乱を起こし、エックスとゼロは無益な戦いを止めるべく奔走する。部下としてダブルが付いたが、こいつはシグマが送り込んだスパイであり、エックスは終盤でダブルと戦う羽目になる。
ラストでゼロに言った「俺がイレギュラーになったらお前が倒してくれ」という約束は、幸いなことに今現在まで果たされていない。
しかし、後の遥か未来において、「ゼロが暴走したエックスを止める為に戦う」という展開は、似て異なる形で現実となっている。

ロックマンX5
シグマの策略によってウイルスが世界中に散布され、世界が壊滅状態に陥ってしまう。さらに迫りくるコロニー落下の危機にエックスとゼロは立ち上がる。X5はマルチシナリオシステムを採用しており、エンディングの一つはゼロシリーズへの伏線やロックマンDASHシリーズと繋がりがあるようなものもある。

ロックマンX6
X5から三週間後、行方不明となっていたゼロが突如現れる。ナイトメア現象の原因という濡れ衣を晴らすべくエックスはゲイト配下のレプリロイドと激闘を繰り広げる。
本作に限り借り物のゼットセイバーが使える。(ただし大振りな一段斬りしかできず、ゼロのように猛スピードでブンブン振り回すことはできない。技量の差だろうか。)
アイゾックとハイマックスに「オールドロボット」と呼ばれる。
エンディングの一つはゼロシリーズへと繋がっている。

ロックマンX7
度重なる戦いに嫌気がさして、なんと引退しちゃってる。(正確には本部を取りまとめる司令官として、戦線を退いている)イレギュラーハンターとしての役割や存在意義に悩み苦しむが、平和を守るために復活。最前線に戻りシグマを倒した。
主人公なのに一定条件を満たさないと自キャラとして使用出来ない
本作からはエアダッシュも標準アクションとなり、フットパーツなしでも使えるようになった。

コマンドミッション
人工島ギガンティスを占拠したイプシロンら武装反乱軍・リベリオンに対し出動要請が出される。エックスは仲間のイレギュラーハンターや島のレジスタンスと協力して戦いを挑む。
今作ではチームのリーダー・指揮官という役割も持っているため、悩みを見せるシーンは無い。
コマミのスタッフ曰く『悩みを乗り越えたから性格が変わった』との事
また、本作ではいつものアーマーではなく、潜入用の特殊アーマーを標準装備している。

ロックマンX8
軌道エレベーター「ヤコブ」管理官のレプリロイド「ルミネ」が、突如現れた「VAVA.V(ヴァヴァ・ペンテ)」に誘拐され、それに呼応する新世代型レプリロイドの暴走に対しゼロ・アクセルと共に出撃する。VAVA・シグマを倒すものの、ルミネから新世代レプリロイドのDNAにはシグマのデータが入っていること・それによって自ら考え、自分の意思でイレギュラーとなったこと・新世代レプリロイドである自分達が世界を支配し、人類・レプリロイドらは古い存在として淘汰されるべきだと突き付けられる。エックス達はルミネと戦う事を選び、なんとか撃破する。
また、通常アーマーのデザインが微妙に変更されており、エックスバスターとフットパーツの形状が従来とは異なる。

能力

ロックマンお馴染みのバスターによる攻撃や特殊武器に加えて、エックスはライト博士から強化パーツを受け取ることによって個々の能力を強化できる。
X1X4までは頭部・胸部・腕部・脚部の4パーツ構成だったがX5からはそれらを一括りにしたアーマーの装着に変わっている。
頭部はエネルギー消費やアイテムレーダー、胸部はダメージ低減や、ダメージをエネルギーに変換して放つギガアタックの使用、腕部はチャージショットの強化、脚部はエアダッシュなどの能力を持っている。
余談だがコマンドミッション時に装着しているアーマーは特に人気があり、pixivでもよく見かける。

コマミソ


エックスが装着するアーマー


その他、他のレプリロイド達が使用するライドチェイサー(バイクのような高機動マシン)やライドアーマー(レプリロイドが乗り込んで操縦する人型ロボット)の操縦もこなすことができる。
X8ではライドアーマーに乗っている間、かなり過激な言動に変わる。

その他技

ストリートファイターシリーズのキャラクター・リュウの技、波動拳昇龍拳を裏ワザとして覚えられる作品もある。特に波動拳はリュウのコスチュームに身を包んだライト博士から伝授されるなど、セルフパロディが暴走気味であった。
昇竜拳でアジフライを瞬殺したプレイヤーの光景は当時は日常的だった。X8ではアルティメットアーマー装着時のみ使用可能だが、威力は通常攻撃レベルに落ちてしまい、かつてのような猛威はもはやない。
……ところで竜巻旋風脚はまだですか?

ゼロシリーズにおけるエックス

ユグドラシル


ゼロを影から支援するサイバーエルフとして登場。過去の出来事で体を失い、魂だけの状態になっている。
ゼロと共に「イレギュラー戦争」を戦ったエックスだったが、ナイトメア事件後はゼロが封印される。
以後はゼロの遺志を継ぎ、一人で戦いを続けた。
やがて、「Σウィルス」を発端とした「イレギュラー戦争」は、サイバーエルフを悪用した「妖精戦争」へと移り変わり、全人類の60%、レプリロイドの90%の死滅という未曾有の被害を起こしてしまう。

世界樹の下


妖精戦争の終わり、あらゆるレプリロイドのデータを書き換えて操るサイバーエルフ「ダークエルフ」を封印するキーとして、二度と元には戻れない事を承知のうえで自らのボディを使用した。
そのために体を失い、魂だけの状態(サイバーエルフ)になる。その後、ボロボロになった心を癒すように人々の前から姿を消してしまう。(なお、この時に代替ボディとして作成されたのが後のコピーエックスであったが、エックスは拒否している。)
ゼロが封印されてから戦争が終わるまでの100年に渡る長い歳月を、ほとんど一人で戦い抜いた。

【C83】R-GENERATION25ゲスト


オメガとの戦いの際は、一時的に封印の解かれたゼロと共闘し、オメガを倒すことに成功している。
ちなみに、ネオ・アルカディア四天王ハルピュイアファーブニルレヴィアタンファントムはエックスの能力を4分割し、それを基にして作られたもの。つまりエックスの子どもみたいな存在である。

ロックマンゼロ1

遠い銃声


巨大メカニロイド・ゴーレムに追い詰められたゼロの前に現れ、ゼットセイバーを手渡した。
ゼロがネオ・アルカディア本部へ乗り込むための座標を教える。その後、コピーエックスを倒したゼロの前に現れ、今までの思いを吐露した。

コピーエックスを倒したゼロは「いつも悩んでばかりのどうしようもないヤツだった。だからこそ英雄になれたんだ」と評している。

ロックマンゼロ2
ダークエルフを復活させて力を得ようとするエルピスを止めるべく活動するが、ボディを持たない身ではどうしようもなく、結局ダークエルフは復活してまう。その際にオリジナルのボディを破壊されているが、これについては特に言及していない。

ロックマンゼロ3
封印されて大気圏外に打ち出されたオメガが地球に舞い戻り復活し、ドクターバイルが活動を再開する。この世に留まれる時間はもう僅かしかないことを悟ったエックスは最後の力を振り絞りゼロを導こうとする。
オリジナルボディを持つオメガを倒したゼロの枕元に現れ、世界の未来を託し消えていった。

ゼクスシリーズにおけるエックス

本人は登場しないものの、彼の力を宿したライブメタル・モデルXが登場する。
モデルX自身の性格はゼロシリーズ寄りのものとなっている。
CVはコピーエックスを担当した今井由香女史ではなく、ドラマCDでオリジナルエックスの声を担当した水島大宙氏。

余談(数々の不運)

ゲーム内でもリアルでも大変幸が薄い。
一部制作者の愛着度がゼロに傾いていることから、X4X7で扱いがぞんざいだった。
(ゼロが好きであることが問題ではないが、主人公であるエックスの扱いが軽薄になったことは問題)
X4ではムービーへの出演回数がゼロと比べ圧倒的に少ない、エックスの方にだけヒロインが付かない。
X7では主人公なのに最初からは操作ができない、見せ場が無い。もう少し何とか出来なかったのだろうか。

さすがに問題になったのか、コマンドミッション以降は落ち着いた。

ゲストとしての不遇さ

カプコンゲーの外部出演では、ゼロや本家ロックマンに出番を奪われがちになっている。
出られたのは「ポケットファイター」の背景、「激突カードファイターズ」のカード、「デッドライジング」の着ぐるみ、「タツカプUAS」のゼロのエンディング、それくらいである。
格闘ゲームに操作キャラとして出演した回数は、未だ0回。
ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」でようやく出られたと思ったら、ゼロのDLCコスチュームだった。
見た目はエックスでも中身はゼロなので、勿論、アーマーは無いし攻撃はセイバーが主。声は置鮎声だし幻夢零も平然と放つ。
と、長年に渡ってゲスト出演でまともに目立てた試しの無い彼だったが、
ついに2012年、カプコンセガバンダイナムコゲームスのキャラがコラボレーションする『PROJECT×ZONE』ではゼロとセットで出演(続編にも同じくゼロと組み登場)。

また、2014年に発売した「スマブラ3DS/WiiU」では、元祖ロックマン最後の切りふだを発動させた際に、他の歴代ロックマンと共に登場してくる。立ち位置は左から2番目で、橙色のバスターを放つ。更に彼のフィギュアもあり、プレイヤーキャラにこそならなかったがお目にかかる機会は増えている。
また、DLCMiiファイターのコスチュームの1つとして登場している。射撃系に対応したコスチュームの扱いなので、常にバスターを展開している。

また更に、2017年にMARVELvsCAPCOMシリーズの新作「Marvel vs. Capcom: Infinite」への参戦が決定。とうとう格闘ゲームにも本格参戦となった。

関連イラスト

タグ登録は「エックス」が多い。

ノーマルバージョン

前を向いて
憂


あきらめない
ロック月Ⅹ日はロックマンXの日!


wait here



ゼロシリーズバージョン

オリジナルエックス
誰よりも平和を愛した少年の物語


それっぽくオリエ様
"X"


関連タグ

ロックマンX ライト博士 ゼロ(ロックマン) アクセル エイリア シグマ
VAVA マーティ
波動拳 昇龍拳 岩本佳浩

エックス(曖昧さ回避)

ミックス(カップリング)

シリーズ及び他作品での派生

コピーエックス オリジナルエックス パンテオンシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「エックス(ロックマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138654

コメント