ピクシブ百科事典

CV:松本保典

英名:Double

人物像

【版権】でひww


エックスの部下としてイレギュラーハンター第17精鋭部隊に配属、共に活動することになった新米ハンター。実力はC級程度。小太りで頭身の低い愛嬌のある顔をしたレプリロイドである。

テキパキと情報収集を行ない、多忙なエックスをサポートしてくれるが、性格は慌てん坊で、かなりのおっちょこちょい。だが、ハンター内での評判はまんざら悪くはなかった様子である。
口癖は「~デシ」。

関連タグ

ロックマンX4







































ネタバレ

※以下はロックマンX4の重大なネタバレを含みます!


























正体

でし!!!!


しかしイレギュラーハンターとしての彼は偽りの姿であり、その正体は、シグマが作製した形状記憶液体金属製のスパイ活動用レプリロイド。
そのおっちょこちょいで人懐こい性格も、エックスの性格を完全に分析して、彼が最も信頼できる人格として完成された偽りのものである。

本来の性格は残忍で、真の姿の戦闘能力も特A級ハンタークラスであり、大戦末期には自らの正体を明かし多数の下級ハンターを惨殺している。
惨殺した後、エックスと連絡を取るのだが普段の声で会話し、何も起きなかったと報告。
エックスを確実に始末すべく、行動を開始した。

ダブルという名は、この二重人格に近い思考プログラムを持っている事から付けられたものである。主な武器は腕から発生する液体金属ブレード。

最期
レプリフォース大戦時に様々な情報操作を行い、イレギュラーハンターとレプリフォースの対立を煽る役を担った。その後、最後の始末としてレプリフォースの宇宙要塞に進入したエックスを待ち伏せし本性を剥き出しにして戦うが敗れる。

ダブルのことを信頼しきっていたエックスは彼の裏切りと死に大きなショックを受けた。

その他
OPムービーには彼の真の姿は登場していないため、本性を知ったプレイヤーをも唖然とさせた。
だが、勘の鋭いプレイヤーなら何か怪しいと感じただろう。
エックスルートのみに登場。ゼロルートには一切登場しない。逆にエックスルートではアイリスのアの字も出ない。

なお、XアニバーサリーコレクションのXチャレンジでは会話はないもののボスとしてダブルとアイリスがコンビを組んでいる。

使用技
デビルスラッシュ
「デビルスラッシュ!」の掛け声と同時に、天井へ張り付き、腕を突き出して落下して突っ込み、地面に着地した後に前方へ突っ込む。

回転液体金属ブレード
液体金属で出来たブレードを回転させて、エックスに2回投げつける。

巨大衝撃波
腹部から光の玉を出すと、直後にそれが巨大な光波に変わり、エックスを襲う。光波は二度発射されるが、一度目は地上ダッシュですり抜けなければ回避できず、二度目は部屋の天井付近まで移動しなければ回避できない。

カッター
身体の液体金属が飛び散った際に発動する反撃の一つ。回転するカッターが二つ射出され、斜め方向に移動しながら部屋中を跳ねまわる。エックスの攻撃で破壊可能。

浮遊砲台
身体の液体金属が飛び散った際に発動する反撃の一つ。小型の浮遊砲台が2つ出現してエックスに急接近し、下方向へ光弾を連射する。こちらも破壊可能。

戦闘開始直前の台詞
「待ってたぜ・・・お前を切り裂くこの時をな!!」
「ひゃーっはっはっは!!」
「ふふふ・・・ぶちのめしてやるぜエックス!!」

弱点武器
ダブルサイクロン
与ダメージ自体は大きいのだが、命中しても怯まない上に身体を構成している液体金属が飛び散り、それをカッターか浮遊砲台に変化させて反撃してくる。いずれの反撃も厄介なうえダブルサイクロンが当たるたびに数が増えていくので弱点武器を使うとかえって苦戦する羽目になる。
エックスバスターのチャージショットで戦う方が賢明だろう。

関連イラスト

エックスVSダブル
ロックマンX4



更なる関連タグ
シグマ
T-1000…液体金属製のアンドロイド繋がり。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダブル(ロックマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20884

コメント