ピクシブ百科事典

ゼットセイバー

ぜっとせいばー

ロックマンゼロ、ロックマンXシリーズに登場する武器
目次[非表示]

概要

ロックマンXロックマンゼロシリーズに登場する人物であるゼロを象徴したとも言える斬撃兵器。本項ではエグゼ版についても記載する。

ゼロアニキ


初代Xではエックスと同じくバスターのみを武器としていたが、ロックマンX2サーゲスに復活させられた時に肩のアーマーと共に追加された。この時の名称は「ビームサーベル」であり、現在の名称になったのはX4からである。
X4以降のゼロはゼットセイバーがメインの攻撃手段となり、エックスとの差別化もあってかゼロバスターは使用不能になったり弱体化するなどの処置を受けている。

その切れ味は驚異的なもので、特にプレイヤーが初めてゼロを扱えるようになったX3では、ラスボスカイザーシグマすら二回斬るだけで倒せるという凄まじい威力を発揮、漫画版ではあまりの高出力ゆえにゼロ以外ではまともに持つことさえ困難という描写がなされた。後のシリーズでは流石に弱体化したものの、ロックマンゼロでは大型の敵であるゴーレムを一撃で真っ二つにする芸当を見せた。

ゲーム中ではエックスがゼロからセイバーを託されて使用したことも多いが、遠距離攻撃を得意とするエックスよりも、素早い身のこなしとラーニング能力によって倒した敵の能力を剣術に取り入れることが可能なゼロが扱ってこそ真価を発揮する武器と言える。

通常攻撃は3連撃であり、そこから更にラーニング能力などへとつなげるコンボが可能。
チャージしての斬撃は衝撃波を発生させる程の威力を持ち、チャージ攻撃の後に通常攻撃コンボに繋げることで、更なるダメージを叩きだす。

また、敵として登場したときのみ使用可能な必殺技もいくつかある。特に両腕のバスターを連射しつつセイバーからの衝撃波を放つ三段技「ダブルチャージウェーブ」や、エックスを一撃で即死させるほどの巨大かつ高威力な衝撃波を放つ「幻夢零」は後のシリーズでオマージュされたことも多い。

2本のゼットセイバー

ロックマンX2~5ではビームサーベルに似た刀身をしていて、斬撃の際には刀身が撓る。
ロックマンX6~8ではライトセイバーの様に刀身が棒状である。

これは、X2~5とX6以降では使っているZセイバーが別物であるためである。
X2~5のセイバーはX5でゼロが破壊された際にXが受け継ぎ、X6以降のセイバーはX6でアイゾックがゼロを修復した際に新たに取り付けたものである。X6以降のセイバーの刀身は、X4でカーネルが使用していた剣に酷似しているため、カーネルのセイバーを改造したものではないかという説が存在する。

ただし、X4におけるアニメムービー、X4セガサターン版のパッケージではライトセーバー状の刀身で描かれており、設定が一貫している訳ではない(別の版権イラストでは湾刀状になっているものもある)。

■実物大ゼットセイバー作りました■


ロックマンゼロで使用しているゼットセイバーは刀身が三角形であるが、世界観の違い故にイラストが変更されたためであってX2~5と同一のものであり、オメガが使用しているものはX6以降のゼットセイバーを改造したものを使用していると考えられる。
ただしゲーム上のグラフィックでは1〜2まではXシリーズの物に似た刀タイプの物で、3から三角形の刃に変更された。(ただし公式イラストでは1の頃から三角系の刃となっている。)

ロックマンゼクス


ZX


本作ではZXセイバーとして主に登場し、ZXバスターの形状が変わる事でバスターとセイバーの切り替えとなる。こちらは刀身が水色である。

Zセイバー


モデルZ(プレイヤー操作不可)の時点ではZセイバーとして登場。

ロックマンエグゼ

ロックマンエグゼシリーズではバトルチップや改造カードで登場しており、本家と同じく三段切りを行う。
バトルチップとしての登場は4、4.5、5。
4ではロックマンゼロ3と通信を行う事で手に入るシークレットチップとして登場。
4.5以降は通常のプレイで入手する事が可能。
いずれの性能も、チップを使用した時にコマンド入力を行う事で、様々なソード系の攻撃が繰り出せるものとなっている。

改造カードではチャージショットがバトルチップのゼットセイバーと同じになる、という効果であり近接戦で驚異的な性能を発揮する。

なお、「ロックマンエグゼ トランスミッション」に登場するエグゼ版ゼロの使うソードも形状は異なるがゼットセイバーである。

関連タグ

ゼロ(ロックマン)
ロックマンX ロックマンゼロ
ロックマンエグゼ
ロックマン
 セイバー

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼットセイバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11386

コメント