ピクシブ百科事典

マスター・アルバート

ますたーあるばーと

マスター・アルバートとは、ゲーム『ロックマンゼクスアドベント』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:安原義人
マスター・アルバートとは、『ロックマンゼクスアドベント』のキャラクター。

三賢人の一人で、柔らかい物腰の知的で温厚な人物。他の三賢人と一緒に、ロックマンとなった主人公に力を貸してもらえないかと乞うたり、ミッションの手配やその道中のサポートを行ってくれる。
同じ三賢人であるミハイルの難のある性格にしばしば毒づかれる主人公に、場を取り持とうとミハイルを制して代わりに話を続けることがある。いつでも落ち着いていて礼節を欠くことのない、優しい応対をするため、主人公からの好感度は高い。
三賢人は全員体が機械化しており、長い寿命を持つことを許されている。
三賢人の中では科学技術を担当している。


※以下本編の大きなネタバレを含みます





















普段は三賢人として振舞っているが、その素性は「神」になり得し人間を選び出し、それをモデルVによって創造される新たな世界の支配者に据えんとする「運命のゲーム」なるものを始めた、作中にて仄めかされる「あの男」その人である。
前シリーズの最後において破壊された衛星砲台ラグナロクの残骸を、ライブメタル・モデルVに作り変えた張本人でもある。

ロックマンゼクスロックマンゼクスアドベント2作品を通しての全ての黒幕であり、前シリーズからモデルVを通して続く深い因縁を作った。

機械であるレプリロイドと人間が、あらゆる点に於いて平等に生きる法が制定されている社会の中で、人間は一定の年齢に達すると体の一部を機械化することが定められている。「科学」を総合的に統べる三賢人であるアルバートは、自分が機械化に携わった何人かの人間に、自分のDNAデータを組み込む。そうして「選ばれた」人間達は当人も知らないまま、モデルVによって生み出されるイレギュラーの攻撃対象を外れ、モデルVの適合者(R.O.C.Kシステムによって変身出来るロックマン)となる。
それには前作のセルパンのみならず、ジルウェや前作主人公であるヴァンエールも対象に含まれていた。
物語の中盤にてその野望を顕わにし、三賢人を離脱。丁寧な口調こそ変わらないものの、その本性が普段の人となりといかにかけ離れていたかが顕著なものに。
そうしてかつてのアルバートが、計画が実行されるべき時を待って世界の各地に隠したモデルVを、再び手元に収集するべくイレギュラーを率いて行動を開始する。


終盤、かねてよりアルバートに協力する裏で復讐の機会を虎視眈々と狙い続けていた腹心のプロメテパンドラに居所を突き止められてしまい、倒される。
が、二人が主人公との戦いで傷を負ったところへ新たなボディに身をやつして突如現れ、二人が数百年にわたりアルバートへ抱き続けてきた負の感情(怒りや悲しみや苦しみ、憎しみや狂気)を、数々のロックマン達との戦闘データと共に抜き去り、戦闘不能に陥らせる。同時にその感情データは周囲の無数のモデルVへと行き渡り、全てのモデルVを起動させてしまう。(三賢人として動き続けていた体はダミーボディであり、計画の一端にはプロメテパンドラの反抗を見越してのことであった)
起動したモデルVは合体を始めると、海底基地の崩壊と共に海を飛び出し、空高くへ昇ると究極のライブメタル、「ウロボロス」と成った。

ウロボロスに乗り込んできた主人公と対面し
主人公の持つライブメタル・モデルAは自らの計画の全てを収めたバックアップシステムであるということを明かす。
モデルAの能力である「トランスオン」は、負の感情に呑まれてモデルVに吸収されていった全ての魂を自在に操るというモデルVの力の擬似的な再現のようなものにすぎず、ウロボロスを手中にしたアルバートは、これまで主人公が倒してきたフォルスロイドに成ってみせ、更にその魂までも内包することを証明して見せた。

主人公との最終決戦では、プロメテパンドラから得たと思しきモデルX、Z、F、L、P、Hなどの全てのライブメタルの力を使った攻撃を放ってくる。



モデルVを作った彼だが、その野望の内訳についてはさて置いたとしても、特筆すべき点はある。かつて天才的な頭脳を以ってしてレジスタンスの技術開発を担い、その活動力でもあったガーディアンの初代司令官にすら、その機構を解明できないほどの特殊なライブメタルモデルVをたった一人で作り上げてしまったあたり、アルバートは一人の科学者として紛れも無く優秀な男であったことが伺える。プロメテパンドラの発言から、ラグナロクの落下からそう経たないうちに計画を開始したことも窺い知ることが出来る。三賢人の立場も利用し、各地で秘密裏に立ち上げた研究所群を隠匿しながら数百年がかりで計画を進めるなど、彼が計画にかけた執念は並々ならぬ、常軌を逸したものであったことは確かである。その狡猾さや周到さ、神を自称して憚らない自信と、ひたすら長い間貫かれ続けてきたその信念の根底に、彼がこの計画を始めたどのようなきっかけがあるのかは明かされていない。ただ、最終戦直前に彼が語った内容は世界の在り方に疑問を呈すという主旨のものであったことから、モデルAが答えたように、その世界に住む大衆とは違う目線、物の見方をしていたのだろう。



子孫がいることから、生まれは人間であったことがわかる。

名前の由来はDr.ワイリー

漫画版

漫画版ロックマンゼクスアドベントでは、前述のようなバックボーンは無く三賢人は彼一人の登場である。
ちなみにこちらでは、モデルVを平和利用するために調査しており最終的には、モデルVの力に呑まれて戦うという展開になっている。


関連イラスト

すりーぜろさん
Soul Ablaze
ゼクス5周年企画絵
…キミたちが住む、この世界そのものがシッパイ作だ


関連タグ

賢者 ワイリー ピンク髪

pixivに投稿された作品 pixivで「マスター・アルバート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11587

コメント