ピクシブ百科事典

マスター・トーマス

ますたーとーます

マスター・トーマスとはロックマンZXAに登場する人物。
目次[非表示]

概要

世界を治める連合政府『レギオンズ』の三賢人の1人。
赤い髪とゴツい体躯を持ち、自他共に厳しい性格をしている。
主人公の味方側に相当する人物…………。
その名前はかつてエックスロックマンを生み出しロボット工学の父と呼ばれたトーマス・ライトの名を冠する。



























ネタバレ注意

トーマス『天と地を定め新たな命を生み出す…か。』
ミハイル『最後のミッションレポートかアルバートめ、ずいぶんと大それたことを言ったもんだ。』

マニアモードをクリアすると見られる裏エンディングではDASHシリーズへの伏線が見られる。
『レプリロイドに寿命を設定し、人間に機械の体を与える法律』を制定されたのはマスター・アルバートとマスター・トーマスが賛成したからであった。
続けてトーマスは言う、「自分たちが新しい命を生み出すことが烏滸がましいか」

ミハイル『な・・・何が言いたい・・・?』

「機械と入れ替わったオリジナルの人間の身体、寿命を設定される前のオリジナルのレプリロイドのデータはどこになると思うか」と問う。
マスター・ミハイルはトーマスの狂気に戦慄し、彼らの前に現れたのはモデルZによって足止めされたはずの4人のロックマンであった。

ミハイル「トーマス・・・貴様・・・!」

マスター・トーマスは最後に意味深な台詞を残す…
『アルバートは間違っていた。だから私も、ハンター達に力を貸した。
 しかし、彼の言葉には一つだけ正しい事があった。
 この世界はリセットされなければならない。』

余談

一説によれば三賢人とライト博士、ワイリー、コサック博士は同一人物という説がある。
実際に三賢人は人間であり機械の体を使い何百年も生き永らえている設定がある。
更にいうとDASHの時間軸にはワイリーと同名の人物がいるうえにXシリーズにはワイリーと同一人物と思われる人物が登場している。
そもそも三賢人のモデルもZXAから何世紀も前の人間であるし、彼らの作ったエックスやゼロもXシリーズの時代の科学者には解明できなかったオーバーテクノロジーが使われているため、彼らの技術力をもってすれば生き長らえることも造作もないことと思われる。

Xシリーズではトーマス博士は死後、ネットワークの中でデータとして生きていると思われる描写があったり、ロック・ヴォルナットが初代に酷似していること、DASHにはマスターの名を冠する人間が登場することから、ライト博士も生きながらえている可能性も否定できず、ライト、トーマス、マスターが同一人物ということになる。

ロック・ヴォルナットが初代に酷似している理由にロックマンZXシリーズに見られた過去に世界を救った英雄の姿に変身するR.O.C.Kシステムが関連していると思われることからロック・ヴォルナットは初代をモデルに作られたとも解釈できなくもない。恐らくはライト博士が心から信頼していたロボットがロックマンだからだろう。(事実DASHとZXには多数の『ロックマン』が存在する。)

もしライトとトーマスが同一人物であったなら親友であるワイリーと同じ名前を持つアルバートの案に賛成したのも納得がいく。(そのアルバートでさえ傀儡だったわけだが。)
しかしライト博士はロックマンシリーズでは善の博士として有名であるが、晩年その技術力が理解されず孤独に過ごしたうえ、この技術力が一体何なのかは最後まで不明のままであり、更にロクゼロ以降の作品では善悪二元論が通用しない世界観のためライト博士が善の科学者であり続けたことすら不明。(この時にはロックマンやロール、ブルースは何らかの事情で死亡しているようだ。)
しかし、トーマスが機械と入れ替わったオリジナルの人間の肉体は何処にある?という発言から彼らもまたコピーである可能性もあるが真実は闇の中である。

また前述の新しい命とはデコイ、そしてロックマンDASHの世界はトーマスによってリセットされた世界とも解釈でき、上記の事からZXシリーズ、DASHシリーズにおける真の黒幕であると推測される。


※ただしゼロ〜ZXAの世界観はあくまでインティ・クリエイツ側の解釈なので注意。


関連タグ

ロックマン ロックマンDASH ロックマンZX

pixivに投稿された作品 pixivで「マスター・トーマス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 148

コメント