ピクシブ百科事典

マスター(ロックマンDASH)

ますたー

『ロックマンDASH』に登場する人類最後の生き残りだった人物。
目次[非表示]

マスターは、『ロックマンDASH』の登場人物である。
声優は子安武人。女性のような外見だが男性である(声でわかるが)。

概要

人類最後の生き残り。ヘブンで生活しており、その特殊環境のおかげで数千年を生きてきたが、逆にヘブンの外では生命を維持できず、短時間で消えてしまう。
「人類再生計画」の実行を妨げるイレギュラー分子を粛清するためにロックマン・トリッガー(ロック・ヴォルナット)を作り出した。

作中に登場する人間は、マスター以外全て古代人が作り出した人工生命体・デコイである。
彼らはオリジナルの人間が既に滅んでいることを知らない。マスター曰く「私が少し遺伝子をいじっただけの、私たちよりずっとオリジナルに近い人間」。

長い時の中であらゆる娯楽、快楽を追求してきたマスターは、長年餓えや病と戦いながら地上で生きるデコイの営みを見てきたことで、地球は彼らのものとする決意を固める。
地球に降り立った後、一等粛清官だったロックに「ヘブンのシステムを破壊して欲しい」と頼み、彼に自分の遺伝子コードを渡す。
しかし、最早ヘブンでしか生きられない体になっていたマスターは意思を託した後、光となって散った。
これにより人類が全て死滅したため、人類再生計画が実行される。

人類再生計画

オリジナルの人間が全て死に絶えた時、ライブラリに保存されていた遺伝子コードを使って、
地球上にもう一度古い世界を再生させるというもの。
そのシステムのためのプログラムが「人類再生プログラム」で、これが実行されると、地上のデコイ達は全て処分され、オリジナルの人間の復活が行われる。ヘブン動力室制御システムでは、発動後はエネルギーの80%をこの実行に割り振るものとされている。

マスターは人類再生プログラムを作り出した張本人だが、ロックにシステムの破壊を託す。
ロックはマスターの意思を尊重し、「システム史上最大のイレギュラー」の烙印を押されながらもシステムを破壊し、全データを消去するために戦った。

関連タグ

ロックマンDASH マスター ロック・ヴォルナット データ
セラ ユーナ

コメント