2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

他シリーズにおけるゼロについてはゼロ(ロックマン)を参照。

担当声優

宇垣秀成ロックマンエグゼ トランスミッション)
渋谷茂ロックマンエグゼBEAST+

概要

ロックマンエグゼ トランスミッション』で初登場。電子機器やネットナビに感染し機能を著しく低下させ、そして進化を続けるウイルス、「ゼロウイルス」から偶発的に生まれた“心あるウイルス”として登場する。

元々はネット犯罪組織『WWW』(ワールドスリー)の首領であるDr.ワイリーが設計・開発、その後諸事情により凍結したゼロウイルスを彼の助手である「教授」が呼び覚まし、ネットワーク社会を混乱させる為にばら撒いたことが切っ掛けとなり生まれた。見た目は人(ネットナビ)の形を成してはいるが、その実態は全く異なる。

最初はただ存在するだけでゼロウイルスを産み増やすと言う凶悪なマザーウイルスであった。だが電脳世界に散らばったゼロウイルスから伝達される情報を蓄積していくうちに、何時の頃からか彼の中には人間達の言う“心”が生まれ、進化ともいえる変化を遂げた。心在るが故に自分の存在について悩み苦しみ、自身を「呪われたウイルス」「存在するだけで害悪を撒き散らす」とさえ皮肉る。
『Xシリーズ』のゼロとは性格もまた異なり、心が芽生えて間もないせいか感情の起伏はあまり見られず、自身の耳目たるゼロウイルスが齎す様々な情報や知識を得てはいるもののそれが持つ意味や本質をあまり理解出来ていない。ウイルスでありながら凶暴性や残虐性は持ち合わせておらず、口調は厳格な戦士の風格を漂わせる。一人称は俺(オレ)。

ゼロウイルス事件を解決していく主人公、光熱斗ロックマンと物語の終盤に自身が生まれた場所でもある「ゼロアカウント」エリアにて初めて遭遇し、対峙。ゼロウイルスにより会わずしてロックマン達の素性を知っていたゼロは、彼らを「電脳世界の平和を守る為に戦ってきた戦士」と評するも、まだ消え去るつもりは無いとしてロックマンを迎え討つ。しかしロックマン達の持つスペック以上の力、絆や友情の力に敗れ、感じたことのなかったその気持ちに理解を示し、潔く敗北を認める。また、「望んでウイルスに生まれたわけでは無い」「ただ自分が生まれ出た世界やそこで暮らす人々を知りたかった」とも語るが、ウイルスが消されるのは当然の結果であるとして自身のデリートを促す。
この時に重要アイテム『なぞのソース』を入手していたかで、結末が変わる。

ゼロの設計図

ゼロと戦う前に熱斗が『なぞのソース』を入手していた場合、事前に父の光祐一朗に渡し解析を依頼する事になり、ゼロを倒す直前に祐一朗から件のソースがDr.ワイリーの残したゼロの設計図だということが判明。ゼロの持つウイルスの生産力や感染力のみを封印させられる事が実現し、新たにネットナビ「ゼロ.EXE」として生まれ変われた。

以降は教授がDr.ワイリーから引き継いだ野望、終末戦争(インターネット社会の滅亡)を阻止する為ロックマン達に協力。ゼロウイルスは生産できないが、既に存在しているゼロウイルスを『耳目』として駆使する事は造作もなく、現実世界の教授の居場所を突き止め、教授は逮捕され見事事件を解決させる。事件解決後、広大な電脳世界を見て回りたいという想いを示し、オフィシャル(警察に当たる機関)の監視付きながらも、光祐一郎にそれを許可される。最後にはロックマン達から「トモダチ」と言われ、奇妙に思いながらも親愛を交わし、再会を約束して“友”に別れを告げ、旅立っていった。

デザインについて

エグゼ版ゼロをデザインしたスタッフは、ゼロの雰囲気を残して如何にウイルスらしく、且つ外見や設定が似ている概存のキャラクター・ブルースと被らないようにするかにかなり苦労したという。
デザイン面での主な特徴は、ウイルスであることを表現する為、顔が人間タイプでは無くフルフェイスの仮面の様になっている。これは同シリーズに登場し、かつ同じDr.ワイリー製として関連性のあるドリームウイルスに酷似している。
ゼロの象徴とも言えるゼットセイバーは腕部が変形するエグゼシリーズにおける従来のソードタイプになっており、金髪の髪は束ねられた形ではなく平たく広がっている形状。

ゼロ.EXE(α



アニメ版

BEAST+に登場する。
トランスミッションのキャラクターの大半は前々作、前々々作でダークロイドアステロイドとしてデリートされているため、代わりに獣化ウイルスを引き連れ登場。
ワイリーを崇拝する教授に作られた設定は共通しているが、彼自身が獣化ウイルスから作られた存在となっている。
最後は教授を裏切り、ネットナビとして生まれたかったと熱斗達に告げ何処かへ去っていった。
原典のゼロ通りやっぱり置き土産(ゼロウイルスの影響を受けたウイルス)は残していく。
そして18話で再登場。ガッツマンやロックマンとの交流を通してネットナビや人間の感情や心を学習していくが、教授が二体目のゼロとして作り出した『ゼロワン』がネット警察を襲撃、ゼロワンのゼットセイバーからロックマンを庇い満身創痍になるものの反撃し、最期はサイバーワールドを巻き込む自爆を敢行しようとしたゼロワンを羽交い締めにし、現実世界に実体化。ゼロワンを操っていた教授の海苔巻き型飛行艇に特攻する形で死亡した。
皮肉な事に教授は自分の計画に利用した獣化因子によって野望が潰える事になった。それも、自分が散々侮蔑した心ある獣化因子を持つ一人のウイルスの反逆によって…。(更に言うとゼロワンに致命傷を負わせたロックマンも獣化因子の保有者で人間に近い心を持っている。)

上記の通りガッツマンとの友情は深く、彼がゼロをウイルスと知らないながらも避難を誘導したことから彼にある種の恩のようなものを感じており、勘違いをしながらもガッツマンの誕生日プレゼントを手に入れようとしていた。
ガッツマンの方も同様にゼロに友情を感じており、ゼロが自爆特攻した際には悲痛な叫びをあげるほどだった。

ゼロワン

ゼロの複製品として登場したウイルス。
片目がモノクル形状で赤く、心を持たない殺戮マシーンという設定の為、恐らくはのオマージュと思われる。
教授によって特殊なシンクロチップになることもなくなっており、ドリームウイルスR代わりのラスボス的な立ち位置となっている。

戦闘において

『Xシリーズ』のゼロをモチーフとしていることから使用する技もそれに似たものが殆どであり、主にゼットセイバーを用いた三段斬り、電刃、空中回転斬りなどを使用し体力が減ると特定のバトルチップ(技)を使わなければ回避が不可能な「幻夢零」(即死攻撃ではないが大ダメージを受ける)も放ってくる。また、体力低下の際には「まだいける!」と『Xシリーズ』でお馴染みの台詞を言う。

ゼロのチップを使ったプログラムアドバンスもあるが、カウンターで発動するものであるため発動タイミングには要注意。

なお、体格は大型のナビと同クラスかそれ以上はある上に、ゼットセイバーによる三段斬りがメインのため積極的に近づいてくる。避けるタイミングを間違えないようにしたい。

余談

他のシリーズのゼロと厳密には他人であるが、エグゼ3無印版ではヒグレヤのポスターにXシリーズゼロが、エグゼ4とエグゼ5のメガクラスチップ『Zセイバー』ゼロシリーズシリーズのゼロが、ついでにエグゼ3無印版の大山デカオの家の玄関マットにはロックマンゼロのタイトルロゴが描かれている。本家系列シリーズの姿全てがエグゼシリーズに登場したキャラクターはゼロが唯一である。


関連イラスト

ロックマンEXEのゼロ
呪われた紅



関連タグ

ロックマンエグゼ
ロックマンゼロ

関連記事

親記事

自立型ナビ じりつがたなび

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22140

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました