ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:根本圭子(アニメ、ロックマンXDiVE)

ロックマンエグゼに登場するナビ。シリーズ恒例の隠しボスで有名。

布のマントを羽織っている。

元々エグゼのナビをデザインするうえで電脳世界と現実世界との違いを出すため「布は使わない」というルールを設けていたが、フォルテは「1」の時点でボディのデザインができていなかった事と、立ち位置が特殊だった事から特別に布のマントを羽織らせたという裏話がある(エグゼ5の公式サイトの設定資料館のデザイナーコメントより)。



エグゼフォルテ


※以下、ネタバレ注意






作中での主な活躍


ロックマンエグゼ


ゲームクリア後にある条件を満たすことで、インターネットの最深部に登場。台詞や特別なイベントもない。すべての技の攻撃力が300(アーマー装備でも150)。

高バスティングレベルで倒せば「ドリームオーラ」のチップが手に入るが、「攻撃力100未満の攻撃を全て無効化するオーラを纏う」というもので、苦労する甲斐が無い。


ロックマンエグゼ2

ネットマフィア『ゴスペル』の首領・帯広シュンが生み出したバグの融合体(コピー)として登場。だが、あくまでバグから誕生した量産版で、実力は本物に比べて遥かに劣る。

サーバーの出力を上げられた末に究極のバグ融合体「ゴスペル」へと変貌してしまう。


当然ながら、この事を本物のフォルテも知っており、ED後のエピローグにて残った量産版をデリートしていた。

その際、ゴスペルの活動にある人物が関与していることを示唆する台詞を言う。


WWWエリアにてファラオマンナパームマンプラネットマンを倒したロックマンの前に現れ、戦いを挑んてくる。


ロックマンエグゼ3


2での偽物騒動でDr.ワイリーと接触、ネット社会への復讐を試みるワイリーと不本意ながら協定を結ぶ。


実はコサック博士が製作した地球で最初に誕生した完全自律型ネットナビだった。現在の完全自律型ナビはオペレーターが操作しなくともネットバトルが可能で、フォルテは世界最古の自律型ナビである。プログラムを自身のシステム内に切り取り貼り付けて自身の性能を強化する「ゲットアビリティプログラム」も特例としてインストールされた優秀な存在だった。


しかし、あまりにも優秀過ぎたが故に、彼自身は良かれと思ってミスや不備を報告していたのだが、ぶっきらぼうな性格と他の科学者の「所詮、プログラムでしかない」という認識から人間達にもネットナビ達からも嫌われていた。理解者は製作者のコサック博士と光正祐一朗親子だけだった。


科学省上層部の会議でコサック博士の必死の弁解も空しく、電脳シールド内に隔離される事が決定し、フォルテはコサック博士の作ったリミッターをつけられ、電脳シールド内に閉じ込められてしまう。コサック博士は献身的な態度を示し、フォルテも博士に対して気丈に振る舞っていた。


そんな中、「プロト」の暴走の余波で電脳シールドが消滅。

異変に気付いたフォルテは電脳シールド内から抜け出し独自に事件を調査していたが、フォルテがシールド内にいないことから科学省は彼が脱獄したと思い込み「事件の首謀者はフォルテである」と誤解、フォルテは濡れ衣を着せられてしまう。勿論コサック博士はフォルテを救出しようとしたが、反逆者として身柄を科学省に拘束されてしまい彼を助けられなかった。


科学省のナビ達の総攻撃を受け、傷つきながらも戦うがデリート寸前まで追い詰められてしまう(彼の胸の傷はこの時ついたもの)。しかし、その直前にプロトが暴走したことでフォルテの無実が証明され攻撃は中止された。ところがフォルテのデリートを諦めていない隊長ナビはそのままフォルテに襲い掛かる。そんな絶体絶命のピンチに手足のリミッターが外れた。そして隊長ナビの力を体得、隊長をデリートし何処かへと消える(鷹岬諒「ロックマンエグゼ外伝 フォルテ最強の証」より)。


数年後の本作にて、プロトは復活。現在のインターネットのあらゆる部分を吸収し始める。フォルテはパルストランスミッションシステムを使い電脳世界に入ったコサックと対決、あるいは再会。博士はフォルテに負け、意識不明の重体に。


ワイリーの示唆で自らが人間と決別する原因となったプロトの封印プログラムである「ガーディアン」を破壊して取り込み、WWWの計画を阻止しようと立ち向かってきたロックマンと対決し敗北。ワイリーはフォルテに「ガーディアン」とロックマンをデリートさせる事が目的だった。深手を負ったフォルテは完全復活を遂げたプロトに飲み込まれてしまう。


プロトはゴスペルの残留データも吸収しており、目覚めたゴスペルの残留データはプロトの中で飲み込まれたフォルテを見つけて融合し共に脱出。原作同様のコンビっぷりである。ウラインターネットの掲示板に投稿した後、シークレットエリアに着き「バグピーストレーダー」のバグのカケラを吸収。基礎ステータスは強化されるもバグって記憶データを失う。ダークマンヤマトマンセレナードを敗ったロックマンの前に現れ、「フォルテGS(ゴスペルスタイル)」として戦いを挑む。


死闘の末、ロックマンに敗北したフォルテはロックマンから「思い出すんだ」と言われた際脳裏にコサック博士の顔がよぎったが、否定しアースブレイカーと似た技を放ちどこかへ消えていった。

そもそも、プロトを長年封じてきたガーディアンを破壊し、インターネットそのものを消しされるとされるフォルテが人間一人の精神データを完全破壊できないわけがなく、コサック博士が重体とはいえ一命を取り留めたのは、僅かに残った生みの親に対する情が無意識に手を緩めさせたと思われる。


ロックマンエグゼ4


前作でプロトに飲み込まれた為フォルテGS同様に記憶を失い、戦いしか頭にない状態でウラインターネット5で石像になっている。調べるとロックマンのダークソウルの声で目覚め襲いかかってくる。

撃破するとダークソウルから「新たな力を得るヒントを与えてくれた様だ」と言いさらにふかいヤミで新たな力を得ることを示唆して消えていく。

攻撃モーションは完全に変わり、ドリームオーラも消え、アースブレイカーもゴスペルの力も使わなくなったが攻撃の殺意は確実に増した。

その後は特にイベントは無く、ブラックアースイベントをクリアするとブラックアース2でSPがランダムエンカウント。頭のオレンジ部分が黄色くなっている。

今作から改造カード(VC版は特殊コマンド)を使う事で紫色に染まりSP以上の強さを誇るフォルテXXが登場。剥がしても定期的に回復するブラックバリアによる守備力と最低ダメージが300、最大ダメージが900という目を疑う攻撃力で全国のネットバトラーを震撼させた。

ちなみにダメージ900はエグゼシリーズ全体を見ても存在せず、続編の流星のロックマンでも更新される事は無かった。


ロックマンエグゼ5


クリア後の隠しシナリオのボス、ロードオブカオスが変形してフォルテV3になる事がある。

このフォルテはゴスペル作フォルテ同様に偽物のフォルテであり、通常プレイで本物のフォルテは登場する事は無い。

改造カードのフォルテクロスロックマンを使う事でオラン島エリア3の脇道の広場で本物のフォルテが登場。早期の段階で戦える事もあり、全体的に緩慢(シューティングバスターはそれでも速い)であり、HPも1500。ダークアームブレードも1発しか放たず、カオスナイトメアとダークネスオーバーロードの大技は使用して来ない。総合他のSPナビに劣るくらいの戦闘力になっている。

後にネビュラホールエリア4でV2として再登場。3連撃のダークアームブレードを解禁し容赦無くカオスナイトメアとダークネスオーバーロードの大技をぶっ放してくる。

V3(ロードオブカオス)撃破後にネビュラホールエリア6でSPがランダムエンカウント。

XXは今作も健在であり、カオスナイトメアの追加で前作以上の強さになった。


ロックマンエグゼ6


ウラインターネットの一角にでんのうのはかいしん ここにねむると書かれた墓のような石碑に封印されているが、誰か(リンクナビでもOK)が近寄ると墓石を叩き割り登場。撃破後にある鍵を残し、撤退。その後はグレイブヤードの最深部、無名の墓石にロックマンが近づくと墓石にロックマンを封じ込めるべくフォルテSPとして戦闘。撃破するとケモノの力を求めてどこかへ消える。

その後はアンダーグラウンドの最奥部に登場。シリーズに対応したビーストロックマンをけしかけ、それを退けるとロックマンが取り込まなかった電脳獣の力を吸収した最後の姿フォルテBXとして最終決戦となる。撃破すると最後までロックマンを認めず、そしてコサックを思い出す事なく爆散する。


戦闘面では行動パターンが変化し、ダークアームブレード、カオスナイトメア、ダークネスオーバーロードが消去された代わりにゲットアビリティプログラムで取り込んだであろうバトルチップを駆使してくるようになり、最後は電脳獣を取り込んだ事で新フォルテの動きをしながらもフォルテGSに近くなった。

防御面も強化されておりフォルテの移動中はいかなるダメージも無効になった為安易にバトルチップを使うとスカる危険性が増えた。

残念ながら(?)XXは登場せず。


またフォルテBXを倒したあと、グレイブヤード2でBXがランダムエンカウントで登場するほか、WWWのRVナビをすべて撃破すれば最深部でフォルテSPとも再戦することが出来るようになり、実機版ではビーストリンクゲートを接続したリンクナビ全員で1度でもSPを撃破するとタイトル画面の勲章を貰える。(ただし、一度倒したあとに再度RVナビを全て倒し直す必要がある)


使用する技

3までと4以降でまったく行動パターンが違う。

3までは普通のワープ移動、4以降は残像を残しながら滑るように移動する(残像が出ている間は無敵)

・エアバースト(1~3)

前方に光弾を放つ基本技。

・エクスプロージョン(1~3)

すべての列にエアバーストを乱射する。

「2」ではHPが減るとランダムに点滅したパネルを撃つパターンなどバリエーションが増加する。

・アースブレイカー(2~3)

こちらのエリアに踏み込み縦一列にパネル破壊の衝撃波を叩きつける。

発動時オーラが消失するという弱点がある。

・シューティングクロー(GSのみ)

ゴスペルの爪を召喚しランダムにこちらのエリアに落とす。

・ゴスペルブレス(GS)

腕をゴスペルヘッドに変化させ放射状に広がる炎を放つ。実は多段ヒットであり、ルークに当たると凄い事になる。

・バニシングワールド(GS)

ブレスと同じくゴスペルヘッドから放射状の強烈な閃光を放つ。

・シューティングバスター(4~)

こちらのエリア全体にバスターを乱射する。6では無敵が発生しなくなった

・ダークアームブレード(4~5)

剣で前→後→前の最高3回までロックマンを斬りつける。

・ヘルズローリング(4~)

ロックマン目掛けて一度だけ追尾する黒い光輪を上下に放つ。

・ダークネスオーバーロード(4~5)

こちらの後ろ2列を薙ぎ払う闇の波動を放つ。

・カオスナイトメア(5)

巨大なエネルギー弾をロックマン目掛けて落とす。着弾点の周囲1マスにも爆風。

・ヘルズバーナー(6)

目の前の横3マスに炎攻撃。

・ゴーレムパンチ(6)

ロックマン目掛けてパンチを叩きつける。上下1マスにも衝撃波が発生する。

・センシャホウ(6)

押し出し効果のある砲撃を前方に放つ。当たらなかった場合最後列に爆発。

・ダークソード(6)

横2×縦3のおなじみの範囲をソードで斬りつける。

・サモンビースト(BXのみ)

ファルザー版ならグレイガ、グレイガ版ならファルザーの頭部を召喚しそれぞれ放射状に広がる炎か竜巻で攻撃する。


ロックマンを意識した名前をつけられる事が多かった。自分の力を誇示したいようであるとも見れる所は「親」のコサックとそっくり。


形態まとめ

  • ゴスペル産フォルテ

2に登場しネットマフィア『ゴスペル』が作り出したバグ融合体。

戦闘力は本物に遥かに劣る粗悪品。


  • フォルテGS(ゴスペルスタイル)

3で登場。プロトに飲み込まれバグのかけらで修復した事で記憶を失い戦いしか頭になくなった姿。


  • フォルテXX(ダブルエックス)

4と5で改造カード(VC版は特殊コマンド)を使うと登場する紫色に染まりきった謎の姿。

LoNにも登場するがカラーリングは変わらず、TA同様トロイの技を用いる。



  • フォルテBX(ビーストクロスド)

6で登場。電脳獣を取り込んだ姿。


  • フォルテTA

LoNで登場。トロイノモクバを取り込んだ姿。

TAとは、LoNのロックマンの変身システム「トランスアーム」と、取り込んだトロイノモクバをもじった「トロイアームド」。



エグゼの外伝作品でのフォルテ

ファントムオブネットワークではキャッシュの作ったコピーがシナリオにて登場。そのコピーは名前すら覚えておらず、他の作品と比べそこまで強くない。

ロックマンエグゼ4.5では不本意ながらもプレイヤーのナビとなってくれる。隠しキャラであり、出現させるにはバトルチップゲートを使う必要がある。

トランスミッションでは隠しボスとして登場するが戦闘に興味を持っていないのかあっさり逃げてしまう。


獣化フォルテ

漫画版(鷹岬版)にてファルザーを吸収した事により、その翼・爪を持つ姿「獣化(ビーストアウト)フォルテ」となっている。ファルザーの翼を得た事によってスーパーフォルテに似たフォルムとなっている。

後にアーケードの「バトルチップスタジアム」でも登場。作中で最強のステータスを誇り、2人目にもランダムで登場する。

バトルストーリーロックマンエグゼ

本作ではインターネットの管理者として登場し、シャドーマンと友人であったり、ロックマンに対して友好的であったりと、原作とは大きく異なる。

終盤でフォルテGSを複製され手傷を負うも、ロックマンの活躍によってフォルテGSを撃破し、彼と融合してどこかへ去っていった。


ロックマンエグゼ(アニメ)

第一期『無印』中盤で登場。

ロックマンの手で倒されたファラオマンの持つ究極プログラムから自己再生して生まれた、いわばファラオマンの生まれ変わり。

究極プログラムを持つ存在であるため、ネットワークのバグを吸収することで強大な力を得ていく。

Dr.ワイリーもまたファラオマンの究極プログラムの残骸から「ゴスペル」を生み出しており、同じファラオマンの究極プログラムから生まれたフォルテとゴスペルは「兄弟関係」にある。


しかし再生当初はファラオマンであった頃の記憶の大半を失っており、自らの記憶を求めてネットワークを彷徨う。

ファラオマンであった自らをかつて倒し、同じく究極プログラムを持つロックマンを本能的に探し求め誘拐し、彼に触れることで記憶を取り戻そうとする。


ファラオマンが自らを王とする強い自我を持っていたために光正ら人間によりネットワークの奥深くに封印されていたことに逆上し人間たちに宣戦布告した記憶を取り戻したことで、ファラオマンの生まれ変わりであるフォルテもまた人間に強い敵対心を抱く


その後はより強大な存在となるためにバグを吸収していき、ワイリーがファラオマンの究極プログラムから作り上げたゴスペルさえも究極プログラムごと取り込もうとするが、逆に取り込まれてしまう。


ロックマンがゴスペルを倒したことで解放され、ワイリーがゴスペルのメンバーを操るために用いていたロボットのゴスペル首領の体を乗っ取り、

「俺は電脳世界より広い世界を手に入れた!」

と言い、ワイリーの元を去った。


第二期『AXESS』の終盤でも、ゴスペル首領のボディも用いて少しだけ登場。

自らが憎む人間という存在を知るため、完璧なディメンショナルコンバーターさえも作れる超天才頭脳を持つ「アレグロ」(CV:皆川純子)というロボットを作って現実世界へ干渉させたが、アレグロは子供の人間のような遊びを続けていたため、この行動に失望して破壊した。

首領の体を通して感じてきた現実世界にも呆れ果てており、この時に現れたダークブルースにネビュラへ勧誘されたが一蹴している。


電脳世界で人間が関与しない形で自然発生し人間を忌み嫌うダークロイドの経緯に惹かれたためか、ダークロイドのリーダーであるシェードマンにエネルギーを分け与え復活させ、シェードマンが人間であるリーガルにどのような復讐劇を見せるのか期待していた。

しかし、リーガルのクロスフュージョン体であるCFレーザーマンにシェードマンが圧倒されていく無様な姿を見ると、見限って姿を消していった


第三期『Stream』では、地球外ネットナビ「デューオ」が地球抹殺の審判を下したことをいち早く察知している。

人間世界が消滅することには興味を持たないが、その余波で電脳世界が消滅する事を良しとせず、デューオに勝つためにロックマンの究極プログラムを取り込みさらに強大な力を得ようと襲撃するが、ブルースの救援もあって失敗。

(因みに、ブルースも究極プログラムを所有している為、ブルースの究極プログラムも取り込もうとしていた。)


その後、熱斗たちがデューオの彗星へアクセスしようとしていたことを察知し、ゴスペル首領のボディで宇宙センターへ侵入し、彗星へ繋がるハイパールートを進行していく。

その途中で現れたデューオの使者であり同じく地球外ネットナビであるスラーと戦うが、全く歯が立たず敗北し、裏電脳世界に叩き落される。


劇場版『光と闇の遺産』では、裏電脳世界にてネビュラグレイに変異したDr.リーガルに操られる形で再びロックマンの前に立ちはだかる。

光正プログラムを破壊しようとするロックマン、カーネルに戦いを挑むが敗北し正気を取り戻す。


自らが忌み嫌う人間であるリーガルに操られていたことへの怒りから、ワイリープログラム実験場でロックマンと共闘、彼の機転で究極プログラムを取り込むが、ロックマンの究極プログラムが強すぎ制御できないため、彼の究極プログラムに取り込まれる形でフォルテクロスロックマンが誕生する。


ネビュラグレイを圧倒的な力で破壊していくが、リーガルが裏電脳世界へ道連れにしようとする最中、ロックマンを逃がし自らだけが再び裏電脳世界へ戻っていき、大量のバグ(恐らくはネビュラグレイの残骸)を吸収しさらに強大な力を得る。


そして『Stream』終盤、パストトンネル内に潜伏するスラーにリターンマッチを挑み、圧倒的な力で一方的に勝利。スラーを抹殺した後、広大な宇宙のインターネットへと旅立った。


その後、アニメではフォルテは登場していない。

 

ロックマンXDiVE

エグゼイベント『バトルネットワーク.DiVE』の後半にてSランクキャラとして実装。

ボイスは2021年冬期を予定していたらしいがなぜか遅れ、その後2022年6/8付けで根本氏による新録ボイスが追加された。


スキルは「エクスプロージョン」は誘導式のエネルギー弾を発射し、強化すると目標に命中した瞬間、更に四方に分散して追加攻撃する。

「エアバースト」は、目の前に衝撃波を発して敵を殲滅することができ、強化すると一定時間「ドリームオーラW」を張ることで攻防同時にすることができる。


但し、前半で実装されたブルースが強すぎたせいであまり強くないように見えてしまう


まあ、獣化とかゴスペルキャノン使われると流石に強すぎるし・・・。

しかし2月末のDiVEフェスにて新たにエグゼ3の隠しボス形態である『フォルテGS』が実装。

「ゴスペルキャノン」「バニシングワールド」と言った原作でも猛威を振るっていた強力なスキルを所持しているが火力が高い分クールタイムが長いという弱点が存在する。

ちなみに待ち受けではゴスペルの顔があるせいか武器は持たず、後ろに背負っている


2021年11月中旬にエグゼ4・5の裏ボスであった『フォルテXX』が実装。


余談

  • 開発当初、フォルテは熱斗のクラスメイトが使用するネットナビとして登場する予定だったが、それだと安売りしすぎだろうという意見が出た為、隠しボスとして登場する事になった。
  • ゲーム版では皆勤賞の彼だが、実際にメインストーリーに関わったのは「エグゼ3」だけである。



関連イラスト

EXEフォルテ破壊神フォルテForte.exe

アドバンスドコレクションの発売日間近なのでフォルテフォルテフォルテエグゼフォルテ!!


関連タグ

ロックマン ロックマンエグゼ 哀しき悪役(アニメ以外)

ジョーカー後継シリーズに登場する悪役。「優秀な能力を持って生み出されたが、あまりに優秀すぎる性能から一方的に人間に処分されそうになり、それが原因で人間への復讐を目論む」という設定が共通している。

関連記事

親記事

自立型ナビ じりつがたなび

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 262909

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました