ピクシブ百科事典

フォルテ(ロックマンエグゼ)

ふぉるて

ゲーム「ロックマンエグゼ」シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:根本圭子
ロックマンエグゼに登場するナビ。シリーズ恒例の隠しボスで有名。
布のマントを羽織っている。
元々エグゼのナビをデザインするうえで電脳世界と現実世界との違いを出すため「布は使わない」というルールを設けていたが、フォルテは「1」の時点でボディのデザインができていなかった事と、立ち位置が特殊だった事から特別に布のマントを羽織らせたという裏話がある(エグゼ5の公式サイトの設定資料館のデザイナーコメントより)。


エグゼフォルテ



※以下、ネタバレ注意





作中での主な活躍

ロックマンエグゼ

ゲームクリア後にある条件を満たすことで、インターネットの最深部に登場。台詞や特別なイベントもない。すべての技の攻撃力が300(アーマー装備でも150)。
高バスティングレベルで倒せば「ドリームオーラ」のチップが手に入るが、「攻撃力100未満の攻撃を全て無効化するオーラを纏う」というもので、苦労する甲斐が無い。

ロックマンエグゼ2

ネットマフィア「ゴスペル」の首領・帯広シュンが生み出したバグの融合体として登場。だが、あくまでバグから誕生した量産版で、実力は本物に比べて遥かに劣る。
サーバーの出力を上げられた末に究極のバグ融合体「ゴスペル」へと変貌してしまう。

当然ながら、この事を本物のフォルテも知っており、ED後のエピローグにて残った量産版をデリートしていた。
その際、ゴスペルの活動にある人物が関与していることを示唆する台詞を言う。

WWWエリアにてファラオマンナパームマンプラネットマンを倒したロックマンの前に現れ、戦いを挑んてくる。

ロックマンエグゼ3

2での偽物騒動でワイリーと接触、ネット社会への復讐を試みるワイリーと不本意ながら協定を結ぶ。

実はコサック博士が製作した地球で最初に誕生した完全自律型ネットナビだった。現在の完全自律型ナビはオペレーターが操作しなくともネットバトルが可能で、フォルテは世界最古の自律型ナビである。プログラムを自身のシステム内に切り取り貼り付けて自身の性能を強化する「ゲットアビリティプログラム」も特例としてインストールされた優秀な存在だった。

・・・そう、あまりにも優秀過ぎたのである。

彼自身は良かれと思ってミスや不備を報告していたのだが、ぶっきらぼうな性格と他の科学者の「所詮、プログラムでしかない」という認識から人間達にもネットナビ達からも嫌われていた。理解者は製作者のコサック博士だけだった。

科学省上層部の会議でコサック博士の必死の弁解も空しく、電脳シールド内に幽閉される事が決定し、フォルテはコサック博士の作ったリミッターをつけられ、電脳シールド内に閉じ込められてしまう。コサック博士は献身的な態度を示し、フォルテも博士に対して気丈に振る舞っていた。

そんな中、「プロト」の暴走の余波で電脳シールドが消滅。
異変に気付いたフォルテは電脳シールド内から抜け出し、「事件の首謀者はフォルテである」と科学省が誤解し、フォルテは濡れ衣を着せられてしまう。勿論コサック博士はフォルテを救出しようとしたが、身柄を科学省に拘束されてしまい彼を助けられなかった。

科学省のナビ達の総攻撃を受け、傷つきながらも戦うがデリート寸前まで追い詰められてしまう(彼の胸の傷はこの時ついたもの)。絶体絶命のピンチに手足のリミッターが外れた。そして隊長ナビの力を体得、隊長をデリートし何処かへと消える(鷹岬諒「ロックマンエグゼ」番外編より)。

数年後の本作にて、プロトは復活。現在のインターネットのあらゆる部分を吸収し始める。フォルテはパルストランスミッションシステムを使い電脳世界に入ったコサックと対決。博士はフォルテに負け、意識不明の重体に。

ワイリーの示唆で自らが人間と決別する原因となったプロトの封印プログラムである「ガーディアン」を破壊して取り込み、WWWの計画を阻止しようと立ち向かってきたロックマンと対決し敗北。ワイリーはフォルテに「ガーディアン」とロックマンをデリートさせる事が目的だった。深手を負ったフォルテは完全復活を遂げたプロトに飲み込まれてしまう。

プロトはゴスペルの残留データも吸収しており、目覚めたゴスペルの残留データはプロトの中で飲み込まれたフォルテを見つけて融合し共に脱出。原作同様のコンビっぷりである。ウラインターネットの掲示板に投稿した後、シークレットエリアに着き「バグピーストレーダー」のバグのカケラを吸収。基礎ステータスは強化されるもバグって記憶データを失う。ダークマンヤマトマンセレナードを敗ったロックマンの前に現れ、「フォルテGS(ゴスペルスタイル)」として戦いを挑む。

死闘の末、ロックマンに敗北したフォルテの脳裏にコサック博士の顔がよぎった。
そもそも、プロトを長年封じてきたガーディアンを破壊し、インターネットそのものを消しされるとされるフォルテが人間一人の精神データを完全破壊できないわけがなく、コサック博士が重体とはいえ一命を取り留めたのは、僅かに残った生みの親に対する情が無意識に手を緩めさせたと思われる。

ロックマンエグゼ4以降

引き続き隠しボスとして登場。ゴスペルのデータとドリームオーラを捨てオフェンス(ロックマン界古の両手バスター等)を強化し、人間でいう「戦闘本能のまま生きる」存在となる。4と5の「フォルテXX」は異常な強さを誇る。
6ではロックマン以外のナビで戦える他、電脳獣の力さえ取り込み「フォルテBX(ビーストクロスド)」(グレイガ版はファルザー、ファルザー版はグレイガのデータを取り込んだ)となる。

ロックマンを意識した名前をつけられる事が多かった。自分の力を誇示したいようであるとも見れる所は「親」のコサックとそっくり。

エグゼの外伝作品でのフォルテ

ファントムオブネットワークではキャッシュの作ったコピーがシナリオにて登場。そのコピーは名前すら覚えておらず、他の作品と比べそこまで強くない。
ロックマンエグゼ4.5では不本意ながらもプレイヤーのナビとなってくれる。隠しキャラであり、出現させるにはバトルチップゲートを使う必要がある。

獣化フォルテ

漫画版(鷹岬版)にてファルザーを吸収した事により、その翼・爪を持つ姿「獣化(ビーストアウト)フォルテ」となっている。ファルザーの翼を得た事によってスーパーフォルテに似たフォルムとなっている。
後にアーケードの「バトルチップスタジアム」でも登場。作中で最強のステータスを誇り、2人目にもランダムで登場する。

ロックマンエグゼ(アニメ)

第一期中盤で登場。
製作者はワイリー博士。ファラオマンの持つ究極プログラムから作られた、いわばファラオマンの生まれ変わり。ゲームと違って人間への恨みは特に持っていない。
終盤で誘拐したロックマンに触れ、同一化したことによりゴスペル首領の体を乗っ取り、
「俺は電脳世界より広い世界を手に入れた!」
と言い、ワイリーの元を去った。
第二期の終盤でも少しだけ登場。「アレグロ」というロボットを作って現実世界へ干渉したり、シェードマンにエネルギーを分け与え、復活させたりと行動の意図は不明。
第三期序盤にてロックマンの「究極プログラム」を狙おうとしたが失敗。
その後はスラーと戦うが、敗北。裏インターネットに叩き落される。その後、裏インターネットにて大量のバグを吸収し、傷を癒すことで力を得る。
そして番組終盤、スラーにリターンマッチを挑み勝利。スラーを抹殺した後、広大な宇宙のインターネットへと旅立った。その後フォルテは登場していない。
 

関連イラスト


EXEフォルテ
破壊神



関連タグ

ロックマン ロックマンエグゼ 哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「フォルテ(ロックマンエグゼ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 532

コメント