ピクシブ百科事典

グレイブ・ジョーカー

ぐれいぶじょーかー

グレイブ・ジョーカーとは流星のロックマン3に登場するボス。
目次[非表示]

概要

紅い鎧に水色のゴーグルを装着した巨体を誇る電波体。
その姿は『流星のロックマン3 レッドジョーカー』に登場するロックマンの最終形態『レッドジョーカー』に酷似している。
犯罪組織ディーラーのジョーカーが電波変換した姿で、その実力はアシッド・エースやロックマンを遥かに凌ぐ。
強化形態はV2、V3、R、RRがいる。

ジョーカー
犯罪組織ディーラーの幹部。
ウィザード(『流星1』や『エグゼ』でいうナビ。)なしにノイズの力を扱う。
グレイブ・ジョーカーに電波変換しなくとも、電波体や人間を消滅させる能力がある。(ただし、残存データがあれば復元が可能な様子。)

必殺技


ギガントビルディング
ジョーカーが地面に拳を叩きつけ、鉄柱を落とす。
鉄柱はしばらく残る。HPは1だがガードブレイク性能、もしくはボムライザーで無ければ破壊が出来ない。この能力を応用して、ミサイルストリームを防御することも出来る。(ただし数発着弾すると消滅するので注意。)
グレイブ・ジョーカーのメガクラスカードを使うとこの技が発動する。

ミサイルストリーム
ジョーカーの攻撃でおそらく最も防御が困難。
ミサイルを連続で全マス一列ずつにランダムで発射。
ガードが可能だが、弾が多すぎる上に、ミサイルの耐久性も高いため、インビジブルで回避することを勧める。

フルダブルスイング
ロックマンの目の前に現れ、横3マスを連続してぶん殴る。
命中すると混乱状態に陥る。

サウザンドキック ブレイクカウントボム
同名のギガクラスカードと同性能。
ブレイクカウントボムのHPは50。

グレイブメテオレーザー
ジョーカー最強の必殺技。
ジョーカーが肩と腕にクリムゾンを収束し、一気に撃ち出す技。
ガードが出来るが、タイミングを誤るとガード仕切れなかった分を食らう。
ギガクラスカードも存在し、『レッドジョーカー』で貰える。

関連タグ

ジョーカー アシッド・エース




























正体

その正体は人間でなく人工の電波体。
グレイブ・ジョーカーも実は電波変換した姿などではなく、ジョーカー自身が最終変身した姿だったのだ。
製作者はサテラポリスのヨイリー博士。

サテラポリスはメテオGの持つ流星サーバーが不正に悪用されない様にコントロールする為の研究を進めていたが、それは電波テクノロジーにとって有害なノイズを発生させるシステムを構築する方法にならなかった。
その過程で生まれたのがジョーカープログラム及びグレイブ・ジョーカーとエースプログラムだった。
しかしグレイブ・ジョーカーは実用段階でノイズの悪影響をそのまま悪意として取り込み暴走。
事態を重く見たヨイリー博士はジョーカーをサテライトサーバーの奥深くに封印した。
この反省からウィザードと電波変換した電波体が組み込むことを許されるエースプログラムでこれにより生み出されたのがアシッド・エースである。

しかし、サテラポリスからロックマンに与えられるのが『レッドジョーカー』ではジョーカープログラム、『ブラックエース』ではエースプログラムだったりする。 信用して大丈夫なのかコレ。 まあ、だからこそ最終変身の能力と姿が大幅に違うという見方もできるのだが。

デザインモチーフは恐らくロックマンエグゼ4に登場したレーザーマン(前述の通りジョーカー自身もレーザー技を持つ。)とロックマンエグゼ5に登場したカーネル。元々アシッドとジョーカーは同じプログラムから生まれたという設定の為に両者にカーネルに似た意匠があるのかもしれない。(アシッド・エースの場合は顎、ジョーカーの場合は足。)電波変換前の姿はどことなくロックマンエグゼLONに登場したノーバディにも似ている。


その切り札を冠する名前からロックマンXVAVA、禿げた頭と暴走した人工生命体という設定からはシグマを彷彿とさせるが関連性は不明。(といっても主人のミスター・キングにはシグマと同じような隈取りがあるのだが。)

pixivに投稿された作品 pixivで「グレイブ・ジョーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 695

コメント