ピクシブ百科事典

ブライ(流星のロックマン)

ぶらい

ブライとは流星のロックマンシリーズに登場するライバルキャラクター。 ここでは電波変換前のソロについても記述する。
目次[非表示]

概要

CV:泰勇気
『流星のロックマン2』で初登場。

ムー大陸人の末裔である少年ソロが古代のスターキャリアーを使って単独で電波変換した姿。
基本的な戦闘スタイルは格闘技や気を使った技が主体。
終盤で孤高の証を受け入れて以降は、ブライソードや電波障壁を織り交ぜた戦法で戦う。

『流星のロックマン3』ではトランスコード002として登録されている。

ソロ
電波変換前の姿。
古代ムー大陸の末裔で、その強すぎる力故に心ない人々からバケモノ呼ばわりされ迫害されてきた過去を持つため、キズナを弱者の考えと見なしており、ブラザーバンドなどにも否定的。
ロックマンとしばしば対立し、自分のルーツであるムーを侮辱した者へも容赦がない。
またこの姿でも電波体を視認できる。

流星3では、ディーラーと敵対していた事から、スバルやミソラと同様にサテラポリスに勧誘されていたが、弱者と馴れ合う気はないとその度に撃退していた。

ちなみに死ぬ死ぬ詐欺ツンデレに定評がある。
キズナを嫌ってはいるが後述するラプラスとコミュニケーションを取ったり、ロックマン達を助けたり(本人曰く助けたりする気なんてないらしいが)するなど、心の底ではキズナを否定しきれていない節がある。また、状況によっては自分からロックマンに手を貸すように申し出た事もある。
ちなみに流星3で『ユーモアワード』を発動させるとゲームにハマっていることが確認できる。

また、スバル達と共に教室に閉じ込められた時には、教卓ごと床を破壊し、その下の職員室の壁を破壊して脱出するという、融通の効かない一面も見せた(もっとも、スバル達も脱出のために仕方なくドアをぶち破る決断をしたのだが)。

前述の通りに、ムーを侮辱したり、ムーと縁のあるものを盗んだりした相手には容赦がないが、主にドクター・オリヒメやミスター・キングなどの組織のトップのみを狙っており、邪魔さえしなければ命を取る事はない(流星3において、ディーラーの幹部であるジャックとクインティアに対しては、彼らを見限って殺そうとしたコーヴァスとヴァルゴを殺すのみに留めている)。

アニメ版ではムーの生き残りとして登場している。最終回ではラ・ムーを止めるためにロックマンに協力しており、ゲーム版と比べればやや友好的である。

ラプラス

『流星のロックマン3』で登場する謎の電波体。一応、ソロのウィザードという扱いである。
ブライの相棒(本人から見たら道具のような物らしい)戦闘ではブライの剣『ラプラスソード』に変形する。これにより前作でブライが使っていた『ブライソード』はリストラされることになった。
何を考えているのかは不明で、彼のセリフも『……………………………。』のみ。
唯一ソロだけが意思疎通できる様子。


余談

名前の由来は「無頼」(頼らないことの意)から。
また電波変換前の名前であるソロは「独唱」「単独」の意味合いであり、とことん「キズナ」とは離れた名前となる(ロックマンブライやブライノイズなどに使われている理由でもある)。
元ネタになっているキャラクターはブルース(剣使いとバイザーの形状)とフォルテ(黒いカラーリングと境遇から)と思われる。

歴代ライバルキャラクター

ブルース フォルテ ゼロ ネオアルカディア四天王 カーネル ヘリオス エルピス アシッド・エース

関連記事

親記事

流星のロックマン りゅうせいのろっくまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブライ(流星のロックマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2999

コメント