ピクシブ百科事典

ブライ(流星のロックマン)

ぶらい

ブライとは流星のロックマンシリーズに登場するライバルキャラクター。 ここでは電波変換前のソロについても記述する。
目次[非表示]

概要

CV:泰勇気
『流星のロックマン2』で初登場。

ムー大陸人の末裔である少年ソロが古代のスターキャリアーを使って単独で電波変換した姿。
基本的な戦闘スタイルは格闘技や気を使った技が主体。
終盤で孤高の証を受け入れて以降はブライソードや電波障壁を織り交ぜた戦法で戦う。

『流星のロックマン3』ではトランスコード002として登録されている。

ソロ
電波変換前の姿。
古代ムー大陸の末裔で、その強すぎる力故に心ない人々からバケモノ呼ばわりされ迫害されてきた過去を持つため、キズナを弱者の考えと見なしており、ブラザーバンドなどにも否定的。
ロックマンとしばしば対立するが、自分のルーツであるムーを侮辱した者へは容赦がない。
またこの姿でも電波体を視認できる。

ちなみに死ぬ死ぬ詐欺ツンデレに定評がある。
キズナを嫌ってはいるが後述するラプラスとコミュニケーションを取ったり、ロックマン達を助けたり(本人曰く助けたりする気なんてないらしいが)するなど、心の底ではキズナを否定しきれていない節がある。
ちなみに流星3で『ユーモアワード』を発動させるとゲームにハマっていることが確認できる。

アニメ版ではムーの生き残りとして登場している。

ラプラス

『流星のロックマン3』で登場する謎の電波体。一応、ソロのウィザードという扱いである。
ブライの相棒(本人から見たら道具のような物らしい)戦闘ではブライの剣『ラプラスソード』に変形する。これにより前作でブライが使っていた『ブライソード』はリストラされることになった。
何を考えているのかは不明で、彼のセリフも『……………………………。』のみ。
唯一ソロだけが意思疎通できる様子。


余談

名前の由来は「無頼」(頼らないことの意)から。
また電波変換前の名前であるソロは「独唱」「単独」の意味合いであり、とことん「キズナ」とは離れた名前となる(ロックマンブライやブライノイズなどに使われている理由でもある)。


歴代ライバルキャラクター

ブルース フォルテ ゼロ ネオアルカディア四天王 カーネル ヘリオス エルピス アシッド・エース

コメント