ピクシブ百科事典

流星のロックマン

りゅうせいのろっくまん

『流星のロックマン』とは、カプコンより発売されたゲームソフト。及びそれを原作としたアニメ・漫画作品。
目次[非表示]

概要

ロックマンシリーズの1つであり、2006年にゲームアニメ漫画などのメディアミックス展開が開始された。
原作はDSのゲーム版だが、アニメ版や漫画版が先に放送、連載を開始した。

電波人間という設定に当初は賛否が出たが、発売後は問題なく受け入れられた。
ゲーム自体は良作とされファンも少なくないが、マーケティング不足やメディアミックスの不発が祟り、本シリーズの売り上げは不調に終わった。その影響もあり、ロックマンシリーズ全体の不調の遠因を作ることになってしまい、現在もシリーズ最新作は発売されていない(とはいえ物語自体は流星3で綺麗に完結している。また多少は謎は残っているため続編を作ることも不可能ではない)。

ロックマンエグゼの200年後という設定であり、ゲーム版ではそれを示すイベントなどが見られ、2009年発売の「ロックマンエグゼ オペレートシューティングスター」で正式にコラボすることとなった。
ただし他のメディアではそういった設定は描かれていない。

またエグゼと比べると展開や扱う題材が重かったりすることもエグゼとの違いの一つである。


ゲームシステム

バトルでは、下画面に「バトルカード」を選択する「カスタム画面」、上画面に実際にバトルを行う「アクション画面」が表示される。
バトルは縦5マス×横3マスの奥行きのあるフィールドで行われ、移動や攻撃の命中判定は、全てマス目単位で行われる。キャラクターやフィールドは全てポリゴンで描かれ、プレイヤーはロックマンの背後からの視点でバトルを行う。
フォルダからランダムで選出された「バトルカード」が、横3×縦2の並びで6枚表示される。なお、バトルカードの選択中、アクション画面の時間は完全に停止している。
ロックマンは基本武器「ロックバスター」と、ブレイク性能を持たない攻撃を防御できる「シールド」、そしてカスタム画面で選んだバトルカードを使って戦うことになる。

今のソシャゲでいう「フレンド機能」に相当する「ブラザーバンド」というシステムがあり、ブラザーバンドを結ぶ事で装備スロットを増やす事ができたり、ランダムでフェイバリットカードを使用できる他、2以降では合体変身も行えるようになった。このシステムはソロプレイを専門とする方々には不遇に映る面もあるが、NPCと結べたり、2以降ではブラザーに依存しない形態が登場するなど救済措置はきちんと用意されている。近くにプレイヤーがいないという場合にはwi-fi通信を利用する事もできたが、現在では利用不可能となっている。

シリーズ

ナンバリングタイトル


番外作品

  • 流星のロックマン 電波変換! オン・エア!

タカラトミーの体感ゲームシリーズ『テレビで遊び隊』のひとつ。

バトルネットワーク ロックマンエグゼのリメイクで、『流星のロックマン』とクロスオーバーするシナリオが追加された作品。メニュー内のロックマン画面では従来のロックマン.EXEと区別するため、「S.S.(シューティングスター)ロックマン」と表記される。

あらすじ

流星のロックマン

はるか未来…主人公の少年「星河スバル」は、宇宙から飛来した電波生命体「ウォーロック」と出会い、地球を侵略しようと襲来する「FM星人」との争いに巻き込まれる。乗り気でなかったスバルだが、ウォーロックが知っていると言う、宇宙で行方不明になった父の情報を聞くために協力する事に。
スバルはウォーロックと「電波変換」してロックマンに変身し、地球上の電波ウィルスや、襲来するFM星人との戦いに身を投じていく…。

流星のロックマン2

FM星人との戦いから2ヶ月。新たな情報携帯端末「スターキャリアー」を手に入れた星河スバルは、ひょんなことからホラー映画のチケットを手に入れ、クラスメイト達と「TKシティ」へ行くことになった。最新技術「マテリアルウェーブ」による新型映画を堪能するスバル達だったが、突如、館内に電波ウイルスが出現し、委員長こと白金ルナが紳士のような男に連れ去られてしまう。スバルは相棒のAM星人・ウォーロックと「ロックマン」へ電波変換、委員長を助けにTKタワーの屋上へ向かう。

しかしこの事件は、太古の遺産「オーパーツ」を求める新たな敵、そして、絆を否定する少年ソロとの戦いの始まりに過ぎなかった。

流星のロックマン3

技術の進歩によって、電波技術は更なる発展を遂げた。しかし、「メテオG」と呼ばれる巨大流星の出現によって、電波ウイルスの凶暴化、ノイズ率上昇によるシステムの暴走が続発するようになる。

サテラポリスとスバルは、新たに開発された端末「ハンターVG」を使い、崩壊を始めた電波世界を救うために奔走する。

登場人物

メインキャラクター


その他

AM星人

FM星人

ムー大陸

ディーラー

その他の電波体

アニメオリジナル


用語

  • トランサー/スターキャリアー/ハンターVG

本作の携帯端末。共通してブラザーバンドというシステムを備えている。
詳しくはPET(ロックマンエグゼ)を参照してほしい。

本作におけるバトルチップのこと。

  • ビジライザー
スバルが装着している緑色のサングラスで、電波体やウェーブロードを視認できるアイテム。

  • 電波変換
電波体と融合して電波人間になる事。ソロは単独で電波変換が可能。
掛け声は「電波変換!〇〇!オン・エア!!」。電波変換することを「ウェーブイン」、解除は「ウェーブアウト」という。

  • 電波体
有り体に言えば体が電波で出来た生命体の事。人間などと融合して電波変換する事で戦闘力を発揮できる。
FM星人のような天然の存在もいれば、ラ・ムーに生み出されるムーの電波体やアシッドや一般ウィザードのような人工の電波体もいる。
なお、電波変換した人間の体に「残留電波」が残る事もあるようで、オリジナルの電波体が死亡しても再構築される事があるらしい。ウィザードを除き、ビジライザーを使うか、電波変換しないと姿が見えないという設定である。
ちなみに、ボスとして登場する電波体はデザインの節々にエグゼに登場したネットナビのオマージュのようなものが見受けられる。

  • デンパくん
エグゼのプログラムくんに相当。電波プログラムを擬人化した存在で、水色の地蔵のような姿をした個体が一般的だが、二本角の個体、トラック型の個体(トラックそっくりなタイプと6本足の二種類が存在)、女の子タイプの「デンパちゃん」、太っているピンク色の「大容量デンパ君」、流星2ではスカイウェーブに生息する天使型の「スカイデンパ君」、流星3では巨大デンパくんの「キング・ルーツ」が登場した。

  • FM星人
外宇宙にあるFMプラネットに住む電波体の事。
非常に好戦的で、過去には友好条約を結ぼうとしたAMプラネットを滅ぼし、今度は地球人の交信を敵対行動と見なして地球に攻め入ろうとしていた。また、彼らは素体では本領を発揮できない為、地球人の心の弱さに漬け込み、電波変換して乗っ取る。
しかしながら、根っからの悪人だらけというわけでもないらしく、地球に残留したFM星人はウィザードになるなどして地球人と共に生活しているようだ。

モチーフは星座であり、モデルとなった星座は次の通り。
電波体星座
オックスおうし座
ハープこと座
オヒュカスへびつかい座
キグナスはくちょう座
リブラてんびん座
ウルフおおかみ座
キャンサーかに座
クラウンかんむり座
ジェミニふたご座
アンドロメダアンドロメダ座
ケフェウスケフェウス座
ゴートやぎ座
コーヴァスからす座
ヴァルゴおとめ座

  • AM星人
FMプラネットの兄弟星であるAMプラネットに生息していた電波体。
FM星人によって母星が滅ぼされ、残った生き残りのAM三賢者が地球の電波文明の発展を助けた。この三賢者が管理する人工衛星が「サテライトペガサス/レオ/ドラゴン」である。
また、FM星人とは異なり、AM三賢者は電波人間にならずとも高い戦闘力を発揮できる。

モチーフは星座であり、モデルとなった星座は次の通り。
電波体星座
ペガサス・マジックペガスス座
レオ・キングダムしし座
ドラゴン・スカイりゅう座

  • ウェーブロード
空中に展開した電波が組み合わさる事で作り上げられた道の事。
人間には視認できず、触れることすら出来ないが、電波体や電波ウィルスはこの道を歩く事が出来る。また、高空にはスカイウェーブ、宇宙空間にはコスモウェーブというウェーブロードが広がっていて、ここを利用することで外国や他の星に急行する事も可能。
また、ノイズで構成された空間はノイズウェーブと呼ばれ、ウェーブアウトは出来ず、直接出口から出る以外に方法はない。なお、この空間ではノイズムというデンパくんに相当する存在が確認されている。

  • ノイズ
電波体の暴走や電波障害など電波文明へ悪影響を与える赤黒いノイズ。
流星3の鍵となる要素であり、結晶体は「クリムゾン」と呼ばれる。

  • WAXA
ニホンの宇宙開発を担当するセクション「NAXA」が国際化した組織。
各地に点在する電波管理システム「ウェーブステーション」もWAXAが管理しており、ニュースなどの情報提供の他、電波体をウェーブロードに転送するなどの機能がある。

  • サテラポリス
電波を悪用した犯罪を取り締まる警察に相当する組織。
本部はWAXA日本支部にあり、隊員はオレンジ色のビジライザーを装備している。

宇宙から飛来したラ・ムーの恩恵で超古代(おそらくエグゼよりも古代)に栄えた電波文明で、浮遊大陸に存在した。ここで生み出された電波体は各地の未確認生命体の伝承の元になった。
また、エランドと呼ばれる衛兵を従えており、単体でも戦える他、ムーの電波体と電波変換する事で強化する事が可能。詰まる所、2で新規に登場したボスは量産型というわけである。

電波体のモチーフはUMAや古代文明関連。モデルは次の通り。
電波体モチーフ
ファントム幽霊
ブラキオネッシー
コンドルナスカの地上絵
イエティ雪男
オリガチャリオット
アポロン太陽神アポロン
エンプティー不明(魔術師?)

  • トライブ
超古代に栄えた「ベルセルク」、「シノビ」、「ダイナソー」の3つの種族。
「絆」を失った末に滅亡、彼らが残した遺産こそ「トライブオン」の源となるオーパーツである。

  • ディーラー
電波技術やノイズを悪用する犯罪組織。
構成員や手駒にした電波体の名前は全てトランプのスートに由来し、ノイズドカードと呼ばれるカードを使用して電波体を暴走させている。
モデルとなったトランプのスートは次の通り。
構成員/電波体モチーフ
キングK(キング)
ジョーカーJoker(ジョーカー)
クインティアQ(クイーン)
ジャックJ(ジャック)
エースA(エース)
ハートレス❤︎
スペード・マグネッツ♠️
ダイヤ・アイスバーン♦︎
クラブ・ストロング♣︎

  • マテリアルウェーブ
2で登場。電波を車やサーフボードなど意思を持った道具の形に具現化するシステムで、これにより、わざわざ実物を持ち運ぶ不便さが解消された。ちなみに、マテリアルウェーブで作り出した乗り物は免許がなくても運転できる模様。3では発展を遂げて実物と遜色ない外観と質感を実現した「リアルウェーブ」が登場し、撮影所やライブステージで利用されている。

  • ウェーブコマンドカード(2)/シークレットサテライトサーバー(3)/ノイズ改造ギア(3)
ニンテンドーDSの下画面に一定の手順でコマンドを入力すると強力な恩恵を受けられるGBA世代の「改造カード」に相当するアイテム。もちろん公式ライセンス品なのでご安心を。
ただし、ノイズ改造ギアのうち「ノイズドカード」を複数装備する為には同じスートを揃えるか、ポーカーの役を作らなければならず、この用法を守らない場合、ロックマンに悪影響が出てしまう。


イメージソング

流星のロックマン2

  • ウツセミ

作詞:硯真也/作曲・歌:SOUTH BLOW
CMソング。


流星のロックマン3

  • stellar

作詞:DAIKI/作曲:JAEHEE/歌:KCB
CMソング。タイトルは「星」の意。


テレビアニメ

テレビ東京の『おはコロシアム』の前半アニメ枠にて前作『ロックマンエグゼBEAST+』に続き10分の短編アニメとして放送された(そのため、各シリーズそれぞれ1期が通常の30分アニメでいう約2クール、トライブが約1クールアニメとなっている)。
2作品とも国内では映像ソフト化はされていないが、あにてれにて現在配信中であるため、公式に視聴することは可能となっている。

  • 第1期 流星のロックマン
2006年10月から2007年10月にかけて全55話が放送された。
流星1を基にしているが流星2の要素も終盤出てくる。
OPは「ハートウェーブ」。

  • 第2期 流星のロックマントライブ
2007年11月より放送開始。
しかし2008年3月の21話をもって終了し、以降、ロックマン関連のテレビアニメは制作されていない。
OPは「絆 ウェーブ」。

ゲームと比べてコメディ色が強く、前作以上に原作から逸脱した内容な為、人によっては好みが別れる内容となっている。
ただアニメの制作チームが、あのToLoveる』アニメ1期のチームとほぼ同じであることを知った一部の人間からは、何となく作品の出来が判別できるとか。
最終回の超速展開は、あの漫画を彷彿させるとか。


主題歌

第1期

  • 「ハートウェーブ」
作詞 - marf / 作曲・編曲 - 鳴瀬シュウヘイ / 歌 - 響ミソラ
第2期
  • 「絆ウェーブ」
作詞 - marf / 作曲・編曲 - 鳴瀬シュウヘイ / 歌 - 響ミソラ

漫画

月刊コロコロコミックにて2006年11月号から2008年1月号まで連載されていた。作者は板垣雅也。
作品全体のストーリー展開やキャラクターの性格及びその他の設定が、原作のゲームとは大きく異なっている。

キャラクターの性格変更は多くは改悪レベルで、本来はボスなのに出オチ要員にされたキャラもいる。
ストーリーもあまり褒められたものではなく、特にクライマックスの展開はあまりにもお粗末なものだった。はっきり言って作者の作風と流星の作風があまりにも違いすぎており、作者の選定の時点で間違っていたとしか言えない。ただ一部オリジナルの設定や展開面で評価する声もあり、一定のファンも存在する。

次作の『TRIBE 流星のロックマン 武闘外伝』では完全に別世界観設定での物語(前作とのつながりはない)となっている。

そんな理由で、事実上ゼロの漫画版同様黒歴史として扱われていることも。
ただし、漫画版ゼロの作者のような問題行動を起こしていなかったためか、カプコン公式から黒歴史扱いはされていない。イベントでもきちんと公式コミカライズとして紹介されている。


流星のロックマン3のコミカライズはエグゼの漫画版を担当した鷹岬諒が担当している。


関連イラスト

ぼくらのヒーロー!
流星のロックマン
ココロでつながる【流星1・ネタバレ注意】
【C83ゲスト】R-GENERATION25


この命、まだ、燃やし尽くしてない・・・!
秋のシーサーアイランド
流星のロックマン 10周年
流星アンソロ『Galaxy dream』表紙(追記)




関連タグ

ロックマン ロックマンシリーズ ロックマンエグゼ
ロックマンDASH:同じく評価に比べて売り上げが芳しくなかったシリーズ。どちらもそれぞれの時系列で最も新しいロックマンという扱いなのはなんたる皮肉であろうか。

聖闘士星矢宇宙戦隊キュウレンジャー・・・キャラクターのモチーフが星座という共通点がある。

外部リンク

公式サイト
テレビアニメ公式サイト
流星のロックマン - Wikipedia

関連記事

親記事

ロックマン ろっくまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「流星のロックマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8402348

コメント