ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 88星座のひとつで、天馬ペガスス上半身をモチーフとした大型の星座。
 ペガススの四辺形と呼ばれる2等星3つと3等星1つで構成される巨大な四角を描くことから素人でも容易に発見しやすい。
 なお、綴りであるpegasusは日本では英語読みの「ペガサス」もしくは「ペガソス」が有名だが、ここではJAXAの表記に倣いローマ読みの「ペガスス」で統一する。

星座神話

 昔、ポリュデクース王の命令で魔女メデューサを殺して来いと言われた英雄ペルセウスは、メデューサが寝ていて邪眼が使えないスキをついて彼女を殺し、を斬り落としました。
 すると切り口から、なんとそれはそれは見事なの生えた天馬ペガスス」が生まれてきました。メデューサはかつて海神ポセイドンに落ち、メデューサ本人も知らない内に彼の子を身ごもっていたのでした。それがペガススだったわけです。
 ペルセウスはペガススを従え、悠々と凱旋します。途中でポセイドンの怒りを買ってに喰われそうになっていたエチオピア王妃アンドロメダを救い出し、ペルセウスは母親人質にとって彼を追放しようとしたポリュデクースをメデューサのにして殺してしまいました。
 さてその後ペガススはペルセウスと別れ放浪していた所、ベレロフォンという青年と出会いました。ベレロフォンは実はポセイドンの隠し子であり、義弟殺しのを償うべく怪物キマイラを倒してくるように言われていたのです。ペガススはベレロフォンと協力し、キマイラを退治しました。
 ベレロフォンはペガススと共に数々の苦難を乗り越えて、勇者と呼ばれるようになりました。
 ですがベレロフォンは英雄として慕われるとともに増長し、「もし俺がの子であれば、神の園にも行けるはずだ」と考え出しました。ベレロフォンはペガススをに向かわせようとします。
 ですがそこで大神ゼウスの放った一匹のが、ペガススのを刺しました。あまりの激痛に暴れるペガススは、ベレロフォンを振り落としてしまいました。
 ベレロフォンは真っ逆さまに落ちていき、地面激突して大怪我を負いました。幸い一命は取り留めたものの、ベレロフォンは両脚骨折し、が見えなくなって二度と馬には乗れなくなりました。
 ペガススはやがて天に昇り、今はゼウスのを運ぶ仕事をしているそうです。

題材とした作品


関連項目

ペルセウス座 アンドロメダ座 カシオペア座 くじら座 ケフェウス座

pixivに投稿された作品 pixivで「ペガスス座」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 655

コメント