ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

※人物・キャラクターについては、名または姓が「星」一字であるもの。

  1. 天体、およびそれを抽象化した図形の事。本稿で記述
  2. タロットの一種、大アルカナの17番目。→星(タロット)
  3. 恋姫†無双』シリーズの登場キャラクター。→星(恋姫†無双)
  4. 荒川アンダー ザ ブリッジ』の登場キャラクター。→星(荒川アンダーザブリッジ)
  5. チャージマン研!』の登場キャラクター。→星君(ほしくん)
  6. 東方Project』の登場キャラクター。 →寅丸星(とらまるしょう)
  7. アイドルマスターシンデレラガールズ』の登場キャラクター。→星輝子(ほししょうこ)
  8. ニューダンガンロンパV3』の登場人物。→星竜馬
  9. ショートショートで有名な小説家→星新一

概要

夜空に散りばめられている小さな光る点々全般に対して用いられている表現。
科学の発展により、恒星惑星流星とで中身が大きく異なる事や、太陽や我々の立っている大地も星の一種である事がわかった。
こんにちでは天体とだいたい同義であるが、今でも日常の上で「星」と言えば、太陽や月ではなく小さな点々の方を指している。

「夜空に散りばめられた宝石」「遠い」と表現されるように、純粋に綺麗なもの、遠く儚げなもの、希望の象徴といった意味合いで、ロマンチックなものとして広く認識されている。
加えて、科学的な天体としての側面から、知的探求心的や冒険心な意味合いでもロマンの対象となっている。

太陽としばしば組み合わされ、三光或いは三辰と呼ばれており、タロットにおいても太陽・月と並んで登場する。
三光の中では一番弱々しく雑多であるが、英語の「スター」と同様、「期待の星」や「目星」「図星」のように、「重役」「目立つ一点」「アタリ」という意味合いでも用いられている。

死者が星になるといった言い伝えも存在し、ギリシャ神話においても人などが星座になる話が度々登場している。
現代の漫画などにおいても、空の彼方へとぶっ飛ばされた相手が、見えなくなった直後に星のような輝きが一瞬起こるという演出がよく用いられており、これもまた「星になった」と表現される事がある。

図形的表現

絵の上では、五芒星)や、その外郭部分となる十角形)によって表現される事が多く、色は主に黄色系統が用いられている。
これは、女児向けのアイテム演出などにおいて、ハートとセットでよく現れる。
デフォルメ度が若干下がると、白い十字状で表現される事が多くなる。
瞳の輝きなどを表現する際にも、「目が星」などの形で用いられる。

これにより、「☆」もまた星と呼ばれ、このを「星の形」「星型」と呼んだりもする。
アスタリスク*)も星に由来した名前であり、「星印」と呼ばれる事がある。
他にも、六芒星星の砂ダ・ヴィンチの星など、ほど良くトゲトゲした感じの形全般が星で例えられている。

一方、ナナホシテントウ白星黒星の例のように、も星と呼ばれる事がある。

漢字として

漢字としては、音読みは「セイ」「ショウ」、訓読みは「ほし」。
成り立ちとしては、星を意味する「」と、表音用の「」を組み合わせたものとされる。

タグとして

タグとしては、どちらかといえば天体的な意味合いが多く、類似タグの「」では図形的な意味合いが多いように思われるが、現状では厳密な使い分けはされていない。

関連タグ

 
スター/Star ステラ シュテルン エトワール ほし/ホシ
星属性 図星 将星 九星

天体としての星

流星/流れ星 流星群 彗星 一番星 北極星
星屑/スターダスト キラキラ 星々/星星
明けの明星 宵の明星 星明り/星光 星降り
星月夜 月と星/星と月 日月星/日月星辰/三辰/三光
星空 夜空  天の川 星雲 宇宙  
太陽  太陽と月 惑星 衛星 恒星 遊星 七曜
天体観測 天文部 プラネタリウム ホロスコープ 天球儀
星座 七夕TheStarFestival 黄道十二宮 ゾディアック 占星術 星占い
星人 星獣 希望の星

図形としての星

※星型をモチーフとしたキャラについては「」を参照。
星型多面体…星型っぽい立体のまとめ有り。

星型 星形 星印 アスタリスク/* 白星 黒星
五芒星/ 六芒星/ 星型多角形 十角形 ダ・ヴィンチの星
目が星 星条旗
ヒトデ スターフルーツ 星の砂 ナナホシテントウ
星とハート ハート
記号 形状 シンボル

「星」を含む作品


「星」を含む人名・キャラ名等

星威岳哀牙 星野 星矢 北斗星司
三星 小星 諸星

他言語版

Star

関連外部リンク

関連記事

親記事

天体 てんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39609808

コメント