ピクシブ百科事典

占星術

せんせいじゅつ

占星術とは、ホロスコープを用いて各個人を占う、占いの一種である。
目次[非表示]

概要

特に黄道十二宮を使った誕生日占いが有名だが、これを西洋占星術、別名星占いという。出生時の年月日と時刻に星がどの位置にあるかをホロスコープに配置してそれを元に占うものである。メソポタミアで生まれ、ヘレニズムによってギリシャ・ローマへと伝えられた。
また、この他にインド占星術というものがあり、こちらもヘレニズムによって土着の占星術に西洋占星術の技術が部分的に組み込まれた。これは本来占いを否定していた仏教においても密教の成立の時に取り入れられ、道教の天体神信仰や陰陽五行説と組み合わさり宿曜道となった。
宿曜道は空海によって日本に持ち込まれ、陰陽道と勢力を二分し覇権を争ったが、政治権力が貴族から武士に移るとともに衰退していった。

関連タグ

占い ホロスコープ
星座 黄道十二宮 天体 惑星 占星術師
流れ星 ベツレヘムの星
誕生星 星言葉
天文学 - 元々占星術と同一とされてきた。現在は完全に分化。

外部リンク

ウィキペディア「占星術」

関連記事

親記事

占い うらない

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「占星術」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91463

コメント