ピクシブ百科事典

陰陽道

おんみょうどう

中国古代の思想や学問から派生した日本固有の呪術・学問の体系。
目次[非表示]

中国古代の思想から派生し、朝廷の公的な学問として独自に発展した日本固有の呪術学問の体系である。公的な制度としての陰陽道は明治5年に廃止されたが、現在は神道に取り込まれた形で残っている。

概要

発祥は仏教道教が伝来した5〜6世紀の飛鳥時代とされる。中国の陰陽五行の概念を軸に、陰陽説と密接な関係にある天文学・暦学・易学などの自然哲学を付随させ、さらに神道・仏教・修験道禁呪道に影響を受けたことで日本独自の思想・呪術体系として発展していった。それを専門とする者達を陰陽師と呼んだ。

主に自然界の変化を分析し、それが人間界に及ぼす影響を予測する事を主題とする。
また災厄を避けるために神仏に通じていった事から、徐々に宗教的な要素も加わっていき、祭祀を管理・運営する技能も付加されていった。また仏教や神道が本来担っている『厄除け』の役割も任されていき、悪霊祓いや御霊奉神といった心霊対策も守備範囲に入っていく。

当初は漢文の読解に慣れた僧侶がその役割を担っていたが、奈良時代になって律令制が確立されて以降は専門の役所として陰陽寮が設置され、国家的制度として発展を遂げていく。

分野

星占術

天文学を用いて星の運行を観測してその並びや輝きの強さから災厄・瑞祥を予想する。また、暦の観測もこの分野に属する。

風水占術

陰陽五行説から地形を読み解き、その場所の吉兆を占う。都の建設など、土地に深くかかわることから陰陽道の主要分野ともなっている。

祭祀・祈祷

神霊を祀り、悪霊魑魅魍魎を退ける。神道・仏教からの影響から生まれた分野であり、そのため祝詞真言を状況に合わせて使い分けるという奇妙な所作も存在する。ご利益がありそうなものはまず信望してみるという、神仏習合の観念が非常に色濃く出た思想でもある。

関連タグ

信仰 陰陽師
陰陽五行説
道教 神道 仏教 修験道
式神 結界 占い 風水
祝詞 真言

pixivに投稿された作品 pixivで「陰陽道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11041

コメント