ピクシブ百科事典

星新一

ほししんいち

日本のSF小説家。短編SFを得意とした。
目次[非表示]

概要

1926年(大正15年)生まれの日本の小説家SF作家。ショートショートの神様と呼ばれることもある。生涯を通じて1001編のショートショートを書き上げた。

本名は星親一(読み同じ)で、父の会社の社是『親切第一』を短縮したものである。父は星薬科大学の創立者で星製薬の創業者・星一(ほしはじめ)。父やその周辺の人々を描いたノンフィクション小説もある。星製薬の経営者を務めたことがあるが、既に星製薬の経営は傾いており、破綻処理の過程で筆舌に尽くしがたい辛酸をなめたという。JR青梅駅には星製薬の看板が展示されている。

筒井康隆小松左京と並ぶ「日本SF御三家」と称されたが、1983年に「ショート・ショート1001編」を達成すると、ショートショートの執筆をやめ、以降は作家としての活動が極端に減った。

作品の特徴

内容は多岐にわたっているが、星も自らを「現代のイソップ」と称していたように、童話的・寓話的な趣のある作品が多い。人物を「エヌ氏」と呼称することに見られるように、具体的な地名・人名といった固有名詞を登場する事を極力避け、時代や地域性に左右されない作品を目指した。

pixiv内の星新一

装丁、挿絵、イラスト、二次創作の小説、漫画と投稿数は少ない物の非常に幅広い作品が投稿されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「星新一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 332746

コメント