ピクシブ百科事典

金田一少年の事件簿

きんだいちしょうねんのじけんぼ

「金田一少年の事件簿」は連載中の漫画およびそれを原作とするメディアミックスである。
目次[非表示]
  • 1 概要
  • 2 ストーリー
  • 3 登場人物
  • 3.1 主要人物
  • 3.2 その他の作中登場キャラ
  • 4 テレビドラマ
  • 5 メディアミックス
  • 5.1 テレビアニメ
  • 5.2 チャンネル5.5
  • 6 事件一覧
  • 6.1 長編(第Ⅰ期) FILEシリーズ
  • 6.1.1 ファイル1 オペラ座館殺人事件
  • 6.1.2 ファイル2 異人館村殺人事件
  • 6.1.3 ファイル3 雪夜叉伝説殺人事件
  • 6.1.4 ファイル4 学園七不思議殺人事件
  • 6.1.5 ファイル5 秘宝島殺人事件
  • 6.1.6 ファイル6 悲恋湖伝説殺人事件
  • 6.1.7 ファイル7 異人館ホテル殺人事件
  • 6.1.8 ファイル8 首吊り学園殺人事件
  • 6.1.9 ファイル9 飛騨からくり屋敷殺人事件
  • 6.1.10 ファイル10 金田一少年の殺人
  • 6.1.11 ファイル11 タロット山荘殺人事件
  • 6.1.12 ファイル12 蝋人形城殺人事件
  • 6.1.13 ファイル13 怪盗紳士の殺人
  • 6.1.14 ファイル14 墓場島殺人事件
  • 6.1.15 ファイル15 魔術列車殺人事件
  • 6.1.16 ファイル16 黒死蝶殺人事件
  • 6.1.17 ファイル17 仏蘭西銀貨殺人事件
  • 6.1.18 ファイル18 魔神遺跡殺人事件
  • 6.1.19 ファイル19 速水玲香誘拐殺人事件
  • 6.2 長編(第Ⅰ期) Caseシリーズ
  • 6.2.1 ファイル20 魔犬の森の殺人
  • 6.2.2 ファイル21 銀幕の殺人鬼
  • 6.2.3 ファイル22 天草財宝伝説殺人事件
  • 6.2.4 ファイル23 雪影村殺人事件
  • 6.2.5 ファイル24 露西亜人形殺人事件
  • 6.2.6 ファイル25 怪奇サーカスの殺人
  • 6.2.7 ファイル26 金田一少年の決死行
  • 6.3 長編不定期集中連載(第Ⅱ期)
  • 6.3.1 ファイル27 吸血鬼(ヴァンパイア)伝説殺人事件
  • 6.3.2 ファイル28 オペラ座館・第三の殺人
  • 6.3.3 ファイル29 獄門塾殺人事件
  • 6.3.4 ファイル30 雪霊伝説殺人事件
  • 6.3.5 ファイル31 黒魔術殺人事件
  • 6.3.6 ファイル32 剣持警部の殺人
  • 6.3.7 ファイル33 錬金術殺人事件
  • 6.3.8 ファイル34 ゲームの館殺人事件
  • 6.4 長編不定期集中連載 20周年記念シリーズ
  • 6.4.1 ファイル35 人喰い研究所(ラボ)殺人事件
  • 6.4.2 ファイル36 香港九龍財宝殺人事件
  • 6.4.3 ファイル37 薔薇十字館殺人事件
  • 6.5 長編 R(リターンズ)
  • 6.5.1 ファイル38 雪鬼伝説殺人事件
  • 6.5.2 ファイル39 亡霊校舎の殺人
  • 6.5.3 ファイル40 狐火流し殺人事件
  • 6.5.4 ファイル41 蟻地獄壕殺人事件
  • 6.5.5 ファイル42 吸血桜殺人事件
  • 6.5.6 ファイル43 人形島殺人事件
  • 6.5.7 ファイル44 黒霊ホテル殺人事件
  • 6.5.8 ファイル45 白蛇蔵殺人事件
  • 6.6 Short Fileシリーズ
  • 6.6.1 短編(第Ⅰ期)
  • 6.6.2 短編(第Ⅱ期)
  • 6.6.3 短編(20周年記念シリーズ)
  • 6.6.4 短編(R(リターンズ))
  • 6.6.5 短編(その他漫画集やノベルスなどに収録されたもの)
  • 6.7 Akechi Fileシリーズ
  • 6.7.1 明智少年の華麗なる事件簿
  • 6.7.2 明智警視の優雅なる事件簿
  • 6.7.3 R(リターンズ)
  • 6.8 ノベルス
  • 6.8.1 オペラ座館・新たなる殺人
  • 6.8.2 幽霊客船殺人事件
  • 6.8.3 電脳山荘殺人事件
  • 6.8.4 鬼火島殺人事件
  • 6.8.5 上海魚人伝説殺人事件
  • 6.8.6 雷祭殺人事件
  • 6.8.7 殺戮のディープブルー
  • 6.8.8 邪宗館殺人事件
  • 6.9 CDブック
  • 6.9.1 悪魔組曲殺人事件
  • 6.9.2 死神病院殺人事件
  • 6.10 アニメオリジナル
  • 6.10.1 嘆きの鬼伝説殺人事件
  • 6.10.2 出雲神話殺人事件
  • 6.10.3 消えた金メダルの謎
  • 6.11 ゲーム
  • 6.11.1 悲報島 新たなる惨劇
  • 6.11.2 星見島 悲しみの復讐鬼
  • 6.11.3 地獄遊園殺人事件
  • 6.11.4 青龍伝説殺人事件
  • 6.11.5 10年目の招待状
  • 6.11.6 名探偵コナン&金田一少年の事件簿 めぐりあう2人の名探偵
  • 6.11.7 悪魔の殺人航海
  • 6.12 パチンコ(CR 金田一少年の事件簿)
  • 6.12.1 長崎十字架島事件
  • 6.13 スピンオフ漫画
  • 6.13.1 高遠少年の事件簿
  • 6.13.2 金田一少年の1泊2日小旅行
  • 6.13.3 明智警部の事件簿
  • 7 関連イラスト
  • 8 関連タグ
  • 9 外部リンク
  • 9.1 原作
  • 9.2 アニメ版
  • 9.2.1 第1期、SP版
  • 9.2.2 第2期
  • 9.2.3 劇場版
  • 9.2.4 東映アニメBBプレミアムの配信
  • 9.3 ドラマ版
  • 9.4 ゲーム版
  • 9.5 パチンコ版
  • 9.6 チャンネル5.5版
  • 概要

    原作:天樹征丸、作画:さとうふみやによる漫画『金田一少年の事件簿』は、「週刊少年マガジン
    」にて1992年から2001年まで連載され、2004年夏以降は新シリーズが不定期で連載された。
    2014年3月から、『金田一少年の事件簿R(リターンズ)』として連載再開。
    略称は「金田一」。
    第19回(1995年)講談社漫画賞少年部門受賞。
    単行本の発行部数は2015年時点で9000万部を突破している。単行本の他に文庫版、愛蔵版なども発売されている。

    本格的なミステリーコミックの先駆け的な作品と評されている。
    特徴としては多くの事件が連続殺人であり、更にクローズド・サークルと呼ばれる隔絶された状況下での事件が多い。
    ほぼ毎回、犯人が妖怪怪物のような二つ名(怪人名)であだ名されるのも特徴。その不気味な名前で呼ばれる怪人の正体が登場人物の誰なのかを当てる醍醐味がある。また、事件の登場人物に覆面マスク、あからさまな偽名などによる怪しい人物がいることが多いことも特徴である。

    ストーリー

    主人公・金田一一(きんだいちはじめ)は少しぐうたらでひょうきんな高校生。
    しかし、ひとたび事件が起きると大人顔負けの鋭い洞察力を発揮する。
    実は彼の正体は、あの金田一耕助の孫であった。

    登場人物

    主要人物

    金田一一七瀬美雪
    はじめちゃん
    海
    演:堂本剛松本潤亀梨和也山田涼介演:ともさかりえ鈴木杏上野樹里川口春奈
    CV:松野太紀山口勝平(劇場版1作目)、他CV:中川亜紀子、他
    剣持勇明智健悟
    剣持&金田一・初描き
    明智警視
    演:古尾谷雅人内藤剛志加藤雅也山口智充演:池内万作
    CV:小杉十郎太、他CV:森川智之、他


    速水玲香(CV:飯塚雅弓、他)(演:中山エミリ酒井若菜)
    いつき陽介(CV:平田広明、他)(演:利重剛)
    佐木竜太(CV:難波圭一)(演:原知宏長谷川純)
    佐木竜二(CV:結城比呂、他)(演:有岡大貴)
    金田一二三(CV:池澤春菜)
    村上草太(CV:浅沼晋太郎、他)
    高遠遙一(CV:小野健一)(演:藤井尚之成宮寛貴)

    その他の作中登場キャラ

    桜樹るい子(CV:篠原恵美)
    六星竜一
    怪盗紳士(CV:百々麻子、他)(演:児島未散)
    巽もえぎ(CV:西村ちなみ)
    千家貴司(CV:菊池正美)
    月読ジゼル(CV:沢城みゆき)(演:藤井美菜)
    残間さとみ
    幽月来夢(CV:松谷彼哉)(演:山咲千里)
    斑目るり(CV:杉本ゆう)(演:柳英里紗)
    蔵沢光(CV:うえだゆうじ)(演:神木隆之介)
    パトリシア・オブライエン(スピンオフ)(CV:渡辺美佐)
    霧島純平(スピンオフ)
    藤枝つばき(スピンオフ)
    能条光三郎(CV:平田広明)
    李白龍(CV:千葉一伸
    近宮玲子
    美咲蓮花

    テレビドラマ

    これまでに連続ドラマ3本、単発ドラマ5本が放送された。何れも放送局は日本テレビ

    特に1995年から97年にかけて放映された堂本剛主演の第1~2シリーズは平均視聴率20%を超え、共にクール1位の大人気を誇り、劇場版化もされた。かなり緊迫感のある作りになっており、印象的なテーマ曲が未だにトラウマという人も多い。
    その後松本潤亀梨和也山田涼介が主役を演じた。
    また、堂本版で「金田一少年の殺人」でキーパーソンになる都築瑞穂役を演じていた子役時代の鈴木杏(ドラマ初出演)が、成長後、松本版では美雪役を演じるという事もあった。
    堂本版、松本版については共に2時間のスペシャル版放送→好評に付き、レギュラー放送となった。しかし、亀梨版は「一がジッチャン嫌い」「一が茶髪でチャラい」「美雪がミス研ではなく陸上部所属」などといった今までになかったオリジナル設定や、どちらかというと三枚目な金田一や剣持警部役を二枚目の亀梨和也や加藤雅也が演じる等ミスキャストにより批判され、視聴率は振るわず、レギュラー放送には至らなかった。
    亀梨版から8年経った2013年1月に日本テレビ開局60周年記念企画の第1弾としてスペシャルドラマが放送された。
    因みに、同原作作画コンビによる「探偵学園Q」のドラマは、2時間のスペシャル版放送→好評につき、レギュラー放送となった。こちらも放送局は日本テレビである。
    5、6シリーズ目で金田一を演じた山田涼介はこちらで天草流役で出演していたのが先である。
    視聴率では振るわなかったものの視聴者からの好評を得て、2014年夏に「金田一少年の事件簿N(Neo)」として、13年ぶりに連続ドラマ化された。金田一としては初めてドラマとアニメの同日放送が実現している。剣持警部役にはコメディアンの山口智充、実写ドラマでは堂本シリーズ以来(初代真壁は佐野瑞樹)の登場となる真壁役には浅利陽介が起用された。

    メディアミックス

    テレビアニメの放送や劇場版アニメの公開、アニメ化前後でゲームやCDブックなども発売されている。
    一部のゲームやCDブック、またアニメ放送前に公開された劇場版1作目やパチンコ版ではそれぞれアニメ版とはキャストが異なっている。
    メディア媒体によってキャラクターの声優がころころと変わりすぎることで有名である。

    テレビアニメ

    テレビアニメは、第1期が1997年4月7日から2000年9月11日まで読売テレビをホスト局に日本テレビ系列27局ほかで月曜夜7時-7時30分に放送された。全148話+3話。

    めいたんてー
    新一くんとはじめちゃん


    ライバル誌「少年サンデー」に連載中の『名探偵コナン』とは一時期アニメの放送時間帯が一緒だった「月曜19時のミステリーアワー」と称されていた)他に、サンデーマガジン創刊50周年記念の企画の一環としてコラボしたゲームが制作されている。その「コナン」との強力タッグで高視聴率をマーク、一時は「関口宏の東京フレンドパーク2」(TBS系列)を放送日時移動寸前まで追い込んだ(司会の関口が「月曜夜7時でなきゃやだー!!」と駄々をこねたため結局放送日時移動は実現せず)。

    金田一少年の事件簿R 祝!アニメ化 第2弾


    その後2007年11月に2度、1時間番組として放送された(結界師打ち切りの穴埋めのため)。そして2014年4月から9月まで、第2期が日本テレビ系列及び福井放送(テレビ朝日系列及び日本テレビ系列クロスネット局)で、土曜夕方5時30分-6時に『金田一少年の事件簿R(リターンズ)』として放送。奇しくも、再び「コナン」の前座番組となり、「ミステリーアワー」(今度は「黄金のミステリーアワー」)の復活である。
    2015年10月に同じく土曜夕方5時30分から放送再開。

    チャンネル5.5

    DLE製作によるFLASHアニメカロリーメイトをスポンサーに名作漫画を原作無視でアニメ化するプロジェクトの第1弾として配信された。全4話。
    もちろん声優はテレビアニメなどとは異なる。
    CV 金田一一、剣持勇:FROGMAN、七瀬美雪:逢沢りな

    事件一覧

    長編(第Ⅰ期) FILEシリーズ

    ファイル1 オペラ座館殺人事件

    登場怪人:”ファントム”
    美雪の頼みで絶海の孤島にあるホテル「オペラ座館」での演劇部合宿に参加した金田一。そこで「オペラ座の怪人」に見立てた殺人が起き演劇部員の1人が殺される。さらに来るときに乗った船が沖へと流されてしまい島に閉じ込められてしまう。
    ※金田一一の最初の事件。剣持警部も初登場だが一のことを「ガキ」と呼ぶなど、探偵の腕をまだ認めていなかった(事件後に一の腕を認め、それ以来長いつき合いとなる)。

    ファイル2 異人館村殺人事件

    登場怪人:”七人目のミイラ”
    不動高校の同級生である女子生徒の結婚式に参加するために彼女の故郷、青森県の「六角村」を訪れた金田一と美雪。しかし村にはなにか異常な空気が漂い、村の象徴である6つの館からは奇妙なミイラが見つかる。そして結婚式当日に惨劇が起きる。
    ※金田一少年の全エピソードの中でもっとも多く犠牲者を出した事件。
    ※俵田刑事が初登場。

    ファイル3 雪夜叉伝説殺人事件

    登場怪人:”雪夜叉”
    風邪で倒れた美雪に代わり、ドラマのエキストラとして撮影に参加した金田一は北海道の大雪山系にある背氷村にやってきた。モニターを眺めていると背氷村に伝わる伝説「雪夜叉」が現れ、女優が襲われるのを目撃する。
    ※明智健悟、速水玲香が初登場。

    ファイル4 学園七不思議殺人事件

    登場怪人:”放課後の魔術師”
    ミステリー研究会に参加することになった金田一と美雪は不動高校の七不思議を調べることに。だが七不思議の七つ目を知った者は「放課後の魔術師」に殺されるという言い伝えがあった。迷信と思っていた金田一だったが翌朝、七つ目の不思議を知った生徒が首吊り死体で発見される。
    ※このエピソードにて有名なセリフ「ジッチャンの名にかけて!」が初登場する。佐木竜太が初登場。また、スペシャルドラマ、アニメ版共にこれが最初の事件となる。

    ファイル5 秘宝島殺人事件

    登場怪人:”招かれざる客”または”山童”
    母親と美雪にそそのかされ推定20億円の財宝が眠るという島、「悲報島」のトレジャーツアーに参加することになった金田一と美雪。舞台となる悲報島はオーナーによって自給自足のできる環境でもあった。金田一たちが上陸すると悲報島のオーナーの惨殺死体が発見される。

    ファイル6 悲恋湖伝説殺人事件

    登場怪人:”ジェイソン”
    悲恋湖リゾートのモニターツアーに参加することになった金田一と美雪。参加者と晩餐会を楽しんでいるとラジオで殺人鬼「ジェイソン」と呼ばれた男が脱獄したニュースが流れる。その翌朝、顔をズタズタに刻まれた参加者の死体が発見された。
    ※いつき陽介初登場で、当初彼の名は犯人の殺人リストに記載されていた。一のことを同じ穴のムジナと言うなど嫌な奴であったが、事件後は剣持同様、一のよき理解者となる。
    ※なお脱獄したジェイソンとは映画好きな青年が醜くなった顔に絶望し、ジェイソンの物と似たホッケーマスクを被り大量殺人を起こしただけで、決してジェイソン・ボーヒーズ本人ではない。

    ファイル7 異人館ホテル殺人事件

    登場怪人:”赤髭のサンタクロース”
    異人館村殺人事件で知り合った俵田刑事が一と美雪を推理イベントに招待する。劇団によるミステリー劇の舞台が幕を開けるが、公演中に団長が毒をもられ死亡する。真相解明に乗り出す金田一だが、共についてきた佐木竜太に悲劇が…。
    ※テレビドラマ版では金田一が虫垂炎になり、事件現場にはクライマックスまで登場しない(金田一役の堂本剛のスケジュール上の都合)。
    ※アニメ版では佐木竜太が死亡しない。その為、後に「金田一少年の殺人」で登場する弟・佐木竜二が登場しない。それに伴い、佐木竜太の性格は、弟・竜二に近いものになっている。

    ファイル8 首吊り学園殺人事件

    登場怪人:”地獄の子守唄”
    試験対策のため、美雪と共に名門予備校「四ノ倉学園」に入学した金田一。だがこの学園にはもう一つの顔があり、「首吊り学園」と呼ばれる自殺者の絶えない学園だった。不気味な空気が流れる中、試験中に謎の子守唄が流れる。

    ファイル9 飛騨からくり屋敷殺人事件

    登場怪人:”首狩り武者”
    剣持警部に連れられ岐阜県奥飛騨の「くちなし村」に招かれた金田一と美雪。村には「生首祭り」という奇妙な行事があり、それは400年前に裏切られた武将を祀るその地方の独特の習わしであった。その晩、「首狩り武者」と名乗る犯人による血みどろな事件が幕を開ける。
    ※舞台が山奥の村の旧家や祟りなど祖父の金田一耕助を想起させる事件。

    ファイル10 金田一少年の殺人

    登場怪人:”見えざる敵”
    いつき陽介に助けを求められ、軽井沢で行われる大人気作家の新作の版権を賭けた暗号解読ゲームに参加することになった金田一。だがトラブルを起こし作家の怒りを買ってしまう。謝罪に行った金田一だが帰りが遅く、気になった従業員が見に行くと作家の死体と共にいる金田一を目撃する。
    ※佐木竜太の弟、佐木竜二が初登場。掲載されたのが90年代なのでポケベルが重要アイテムになる。読者からは一番人気があるエピソード。アニメでは前述の理由の為、竜二は登場せず、竜太が引き続き登場する。

    ファイル11 タロット山荘殺人事件

    登場怪人:”影の脅迫者”
    アイドル速水玲香のはからいで彼女の父親が経営する雪山のタロット山荘へやってきた金田一と美雪。同時に芸能事務所の社長とマネージャー、2人の芸能レポーター、アイドルの追っかけが宿泊しに来る。その夜、玲香の父親はレポーターの1人と口論になり殺害してしまうが…。
    ※物語の序盤は刑事コロンボ古畑任三郎などの倒叙形式で進行する。

    ファイル12 蝋人形城殺人事件

    登場怪人:”Mr.REDRUM”
    信州にあるバルト城という古城で開催されるミステリーナイトに参加することになった金田一と美雪と明智警視。自分の蝋人形が置かれる隣で様々な謎を解いていく金田一だが、死体のように置かれた参加者の蝋人形を見て胸騒ぎを感じた。
    ※アニメ版での明智健悟初登場エピソード

    ファイル13 怪盗紳士の殺人

    登場怪人:”もう一人の「怪盗紳士」”
    不動高校でいじめられていた同級生を助けたことがきっかけで、彼女の別荘へ招かれた金田一と美雪。しかしそこは名画を狙う大泥棒「怪盗紳士」の予告状に書かれた場所でもあった。その後、殺人はしないことを信条とする「怪盗紳士」による殺人事件が起きる。
    ※怪盗紳士が初登場。

    ファイル14 墓場島殺人事件

    登場怪人:”亡霊兵士”
    金田一と美雪は不動高校のメンバーと旅行に行くことになった。しかし、着いた先は太平洋戦争の激戦地であった玉砕の島で通称「墓場島」という島であった。島でサバイバルゲームをしていた若者たちと知り合うが、その夜、金田一は謎の爆発音で目が覚める。

    ファイル15 魔術列車殺人事件

    登場怪人:”地獄の傀儡師”
    「地獄の傀儡師」と名乗る人物から警視庁に送られてきた脅迫状を機に、金田一は奇術団のショーが行われる「魔術列車」に乗ることに。しかし走行中に死体が発見され、次の瞬間、死体はこつ然と消えてしまう。結局見つからず見間違いと思った金田一だが、終着駅のホテルで衝撃的なものを見る。
    ※金田一が「祖父の名」にだけではなく、「己の誇り」にも掛けて捕まえると決意した宿敵・高遠遙一が初登場。またこのエピソードが松本潤版のスペシャルドラマに使われた。

    ファイル16 黒死蝶殺人事件

    登場怪人:”不死蝶”
    ある日、金田一と美雪はいつき陽介見せられた蝶の研究家の写真を見て驚いた。それは研究家と一緒に写っていた「悲恋湖伝説殺人事件」の犯人の姿だった。真相を確かめるべく研究家の住む館へ向かう金田一。そこで死を予告する「黒死蝶」の磔を見て不吉な予感を感じた。
    ※金田一耕助が解決した事件に奇しくもこの事件の怪人名と同じ『不死蝶』というものがあり、内容も犬神家の事件で知り合った人物の友人からの依頼によって訪れた町で、依頼人が23年前に自殺したはずの人物に殺されるという物である。

    ファイル17 仏蘭西銀貨殺人事件

    登場怪人:”葬送銀貨”
    金田一と美雪は小学校時代の友人が参加するファッションショーを見に行くことに。だが友人にはある秘密があった。それはショーの前日に元恋人を衝動的に殺害してしまったことだった。友人の不自然な素振りを見て怪しいと感じてい金田一だが、その直後に殺人事件が起きる。

    ファイル18 魔神遺跡殺人事件

    登場怪人:”凶鳥の命(マガドリノミコト)”
    明智警視の車の傷を弁償するためバイトを探していた金田一は、不動高校の先輩に自分の村の遺跡発掘の仕事を紹介される。美雪と佐木も連れ先輩と4人で行った「魔陣村」は、陸の孤島とも呼べる辺境の地であった。村に着いた金田一はいつもと違う先輩の暗い瞳を見て背筋が凍った。

    ファイル19 速水玲香誘拐殺人事件

    登場怪人:”道化人形”
    玲香の影武者を演じファンを陽動するバイトをした金田一は、仕事後に玲香の口から養子縁組になる話を聞かされる。帰りに玲香と別れる時、金田一は嫌な予感を感じた。その予感は的中し、玲香は何者かに誘拐されてしまい、さらに犯人は身代金の受け渡しに金田一を指定した。
    ※高遠再登場。

    長編(第Ⅰ期) Caseシリーズ

    金田一は事件一つ一つで独立性が高い作品なため、すべての巻を連続でそろえていくのではなく気に入った事件が収録されている単行本のみ買うという需要が読者の間では根強かった。しかし、それまでの金田一の事件は単行本一冊半の長さなことが多く、事件単位で単行本をそろえにくいという不満の声も聴かれた。その需要にこたえるため、「単行本の途中で事件が終わらない」形で連載をすすめていく方針がとられるようになる。一巻分を超える事件は必ず二巻まるまる使うボリュームとなる。
    第Ⅰ期の連載においてこの方針転換後は今までの第X巻という巻数の数え方がリセットされて、新たにCase1、2・・・ という数え方のカウントがはじめったことから、ここからはCaseシリーズと通称されている。
    第Ⅰ期連載完結後に不定期で掲載された作品についてはCaseでのカウント自体されていない。
    ただ、事件のボリュームが単行本のページ数から逆算する方法自体は不定期連載になってからも続いている。

    ファイル20 魔犬の森の殺人

    登場怪人:”魔犬「ケルベロス」”
    山へキノコ狩りに来ていた金田一たちだがトラブル発生で宿無しになってしまう。山の中をさまようと、大学のオカルト研究会が合宿をしている廃墟となった研究所へ泊まることに。そこで「ケルベロス」と札が貼られた巨大な檻を見て悪寒が走った。
    ※真犯人が読者の反発を強く買い、このエピソードを読んで落胆したファンも多かったという。

    ファイル21 銀幕の殺人鬼

    登場怪人:”スコーピオン”
    他校の映画研究会の自主製作映画に参加することとなった金田一と美雪。前年にグランプリを獲った映画を上演中に不気味なメッセージが流れる。数日後、撮影前に部員の刺殺死体が発見されるが、それは映研の作った映画に見立てられた殺人だった。
    ※舞台が高校の映画研究部内での話であるからか、山田涼介主演版(N)では最初の事件として選ばれている。

    ファイル22 天草財宝伝説殺人事件

    登場怪人:”白髪鬼”
    いつき陽介に誘われ財宝探しの手伝いをすることになり、天草諸島に眠る天草四郎の財宝発掘ツアーに参加した金田一。そこに住む子供たちに宝を探す者は「白髪鬼」に殺されると聞かされ悪寒が走った。その夜、抜けがけした参加者の前にツルハシを持った白髪の男が現れる。

    ファイル23 雪影村殺人事件

    登場怪人:なし
    5年前、2週間だけ滞在した「雪影村」の友人たちから連絡を受けた金田一。それは死んだ友人の葬儀に参加してほしいという電話だった。葬儀も終え5年ぶりの再会を喜ぶ金田一と友人たち。だがそんな幸せな時を壊してしまう事件が起きる。
    ※美雪が一切登場しない異色のエピソード。アニメでは金田一との電話シーンやラストで登場する。
    ※犯人を妖怪や怪物になぞらえるいつものノリを排除して人間ドラマに徹底した。金田一の長編では珍しい作風。そのようなイレギュラーな要素があるからこそ、いつものレギュラーキャラを登場させなかったのかも知れない。

    ファイル24 露西亜人形殺人事件

    登場怪人:"コンダクター"
    死去した人気ミステリー作家の遺産相続権保持者から、遺産相続ゲームの助っ人になってほしいと頼まれた金田一。時同じくして別の遺産相続権保持者も「ある男」に助っ人を頼む。そして金田一は遺産相続ゲームの舞台「露西亜館」に招かれた。
    ※高遠三度登場。私情により、金田一とは別に真犯人を暴こうと行動する。

    ファイル25 怪奇サーカスの殺人

    登場怪人:"MONSTER"
    剣持警部の紹介で茜島のリゾートへミステリー研究会の合宿の下見にやってきた金田一。島でリハーサル中のサーカス団と出会うが、サーカス団の倉庫が荒らされるという出来事に遭遇する。そして倉庫の壁に書かれた文字を見てただならぬ雰囲気を感じた。
    ※アニメではこのエピソードがアニメ第1期のラストエピソードに使われた。

    ファイル26 金田一少年の決死行

    登場怪人:"巌窟王"
    香港で開催されるマジックショーの広告を見た金田一は、宿敵「地獄の傀儡師」の存在を感じ香港入りする。同時に明智警視も「地獄の傀儡師」を追って香港へ。しかし一緒に来た美雪と佐木といつき陽介は、金田一が明智警視を刺すという衝撃的な光景を目撃する。
    ※連載当初は金田一少年の最後の事件というエピソードであった。このエピソードにて連載形式の第Ⅰ期が終了。ファイル27からは不定期集中連載の第Ⅱ期が始まった。

    長編不定期集中連載(第Ⅱ期)

    ファイル27 吸血鬼(ヴァンパイア)伝説殺人事件

    登場怪人:"吸血鬼"
    金田一一が祖父の金田一耕助のような放浪の旅に出てから1ヶ月。彼から廃墟風ペンションのある村に呼び出された美雪と剣持警部。久々の再会もつかの間、この村に伝わる吸血鬼が現れ殺人事件が起きる。
    ※このエピソードが亀梨和也版のスペシャルドラマに使われた。

    ファイル28 オペラ座館・第三の殺人

    登場怪人:"ファントム"
    再び旅に出た金田一は美雪と剣持警部に呼び出されある島へ行く。そこはあのいまわしきオペラ座館のある島だった。オーナーの死去により取り壊されることになり、その最終公演を観に行くことなった金田一だが、崖にそびえ立つ館を見て過去2度の事件のことを思い出す。
    ※第2の殺人は後述の小説版での出来事で、小説はアニメ劇場版1作目の原作になっている。また、1時間のスペシャル版として復活したアニメのエピソードにも使われた。

    ファイル29 獄門塾殺人事件

    登場怪人:"殺人者「スパロウ」"
    金田一の住む不動山市にある名門学習塾で塾生が毒殺される。金田一によって容疑者は絞り込まれたが、それにはあの「地獄の傀儡師」が絡んでいた。金田一たちは「地獄の傀儡師」の計画を阻止するため学習塾の勉強合宿に潜り込む。
    ※タイトルに獄門という言葉が入ったりスケキヨのようなキャラが出るなど、金田一耕助の作品のオマージュがある。後述の香港九龍財宝殺人事件に続いてスペシャルドラマ化される。

    ファイル30 雪霊伝説殺人事件

    登場怪人:"雪霊タカハシ"
    ある日、金田一の元に遺産相続の権利が舞い込んで来る。それは旅の途中に出会った資産家からのもので、額にして1億円もの遺産だった。金田一は条件をすぐに呑み、他の権利者達と共に雪山のロッジ「雪稜山荘」に泊まることになった。

    ファイル31 黒魔術殺人事件

    登場怪人:"黒魔術の呪い"
    2週間前、会社社長の胴体が切断される事故が発生する。会社を興した旧友に、事故死した社長の真相を突き止めてほしいと依頼された金田一はある屋敷に赴く。その屋敷は黒魔術によって繁栄した一家が住んでいて、死んだ社長はその一家の1人だった。
    ※のちにコミックの限定版特典としてOAD化。

    ファイル32 剣持警部の殺人

    登場怪人:"死刑執行人"
    剣持警部が関わった事件の犯人の1人が出所した。それは3年前、女子高生を拉致監禁し死体遺棄をした3人の少年の1人だった。その後、出所した元少年は何者かに銃撃されるが無事に保護される。明智警視は現場に落ちていた凶器の拳銃を調べると、それは剣持警部の銃だった。

    ファイル33 錬金術殺人事件

    登場怪人:"錬金術師"
    とあるきっかけでクイズ大会の番組に出場した金田一は美雪・玲香・その他の出場者やスタッフ達と共に決勝の舞台「恋琴島」に向かう。そこにあったのは生涯を錬金術の研究に費やした研究者の施設で、島には研究者の残した財宝が隠されているという。
    探偵学園Qのメンバーがちょっとだけゲスト出演している。

    ファイル34 ゲームの館殺人事件

    登場怪人:"ゲームマスター"
    友人たちと遊園地に行った金田一と美雪は帰りのバスで何者かに眠らされ、目が覚めた時には廃病院に拉致されていた。そこには他にも拉致された人々がいて、全員が目覚めるとモニターに「ゲームマスター」と名乗る人物による死の脱出ゲーム開始の宣言がされる。
    ※拉致された人の中に、ドラマ版第3シリーズで金田一一を演じた松本潤を彷彿させる「真津本 潤」というキャラが登場する。

    長編不定期集中連載 20周年記念シリーズ

    ファイル35 人喰い研究所(ラボ)殺人事件

    登場怪人:"ヒトクイ"
    中学時代の元クラスメイトにして科学の天才である緑川繭に誘われ、金田一と美雪は青森県仁久井村を訪ねる。そこは昭和時代で時が止まったかのようなレトロな雰囲気の村だった。繭が所長を務める国立エネルギー研究所で不可解な事件が起きる。

    ファイル36 香港九龍財宝殺人事件

    登場怪人:"毒龍"
    スカウトを受け香港のファッションショーに出ることになった美雪と共に香港に渡る金田一と佐木。しかし立ち寄った洋服屋で美雪は何者かに誘拐され、必死に追跡するもまかれてしまう。九龍賽城公園で立ち尽くしていると金田一は美雪と瓜二つの少女と出会う。
    ※美雪が誘拐される過程は都市伝説の「だるま女」を元にしている。また、8年ぶりに復活したスペシャルドラマ(山田版)のエピソードや、2014年に放送を開始したテレビアニメ第2期の最初のエピソードとしても使われた。

    ファイル37 薔薇十字館殺人事件

    登場怪人:"ローゼンクロイツ"
    ローゼンクロイツを名乗る人物から脅迫状を受け取った「地獄の傀儡師」、高遠遙一。ローゼンクロイツは高遠自身も知らなかった異母妹を人質に取り、挑戦状を叩き付けてきた。異母妹を守ってもらうことと引き換えに警察へ自首することを条件に、高遠は宿敵、金田一一に協力を要請する。

    長編 R(リターンズ)

    ファイル38 雪鬼伝説殺人事件

    登場怪人:"雪鬼"
    同級生からスキーリゾートのイメージガールの代役を頼まれた美雪に付いて行くことになった金田一。そのリゾートが開発されている近辺には、かつて大量殺人が起こった山村があったという都市伝説が存在した。

    ファイル39 亡霊校舎の殺人

    登場怪人:"亡霊教頭"
    金田一一と七瀬美雪は大学の先輩が行くはずだった宝が眠っているとされる黄金島と呼ばれる島へと偶然行くこととなった。島には偶然明智健吾と剣持警部の姿も、もちろんこれは偶然ではなく地獄の傀儡師が仕組んだことで、亡霊教頭が起こす殺人事件を解決することとなる。

    ファイル40 狐火流し殺人事件

    登場怪人:"白狐"
    金田一は掃除中、小学校の頃に参加したカブスカウトの写真を見つけた。懐かしむ金田一に電報が届く。内容はカブスカウトに参加したメンバーの一人が死んだというものだった。そして電報によって集められたカブスカウトの面々は殺人事件に巻き込まれることとなる。

    ファイル41 蟻地獄壕殺人事件

    登場怪人:"蟻地獄"
    ソーシャルゲームの課金代が不足していた金田一はいつきに誘われて美雪と共に医学的な実験のバイトのために実験施設へと行く。脱出不可能な施設で起きる殺人事件。背後で糸を引いていたのはアイツだった。

    ファイル42 吸血桜殺人事件

    登場怪人:"血吸い桜"
    ミス研の課題で、過去に起きた未解決の猟奇殺人事件について調べることになった一と美雪(+カメラ役の佐木)。取材として訪れた洋館『夜桜亭』では、人の血を吸って咲くという真紅の花弁を持った『血吸い桜』が満開の刻を迎えていた。その翌日、同時に訪れた客の1人が完全な密室の中で他殺体として発見される。

    ファイル43 人形島殺人事件

    登場怪人:"祟り人形"
    教師から単位の代わりとして出された依頼で、人形供養で有名なとある島を訪れた一と美雪は、道中でいつき、剣持と遭遇する。彼らの他にもそれぞれの事情を抱えて複数人が人形供養の為、神社でもある島唯一の旅館に宿泊しており、剣持もそのひとりだった。夜が明け、女将達が島で祀っている人形のお供えをしようとすると、人形の代わりに宿泊客の1人が胴体だけの死体となって置かれていた。
    某人気ブラウザゲームのキャラクターをモチーフにしたと思われる人物が複数登場する。

    ファイル44 黒霊ホテル殺人事件

    登場怪人:"黒い悪霊"
    玲香が出演映画の撮影バイトを持ちかけてきた。これ幸いと飛びつく一だが、美雪も参加することになってしまう。ロケ現場の『黒陵ホテル』旧館は怪現象が噂される曰くつきの場所で、俳優の一人も霊と思しき人影を見たと主張する。撮影が始まった途端に停電が発生し、再び灯りが付くと目の前には落下したシャンデリアに潰された女優の姿があった。

    ファイル45 白蛇蔵殺人事件

    登場怪人:"白蛇"
    剣持の依頼で、逃亡中の殺人犯が潜伏していると目される村を訪れた一行。白蛇伝説の伝わるこの地の酒蔵では、当主の妻が相次いで怪死していた。5年前に死亡したとされ、ひょっこり戻ってきた次男を名乗る白頭巾の男を怪しむ一らだったが、彼が密室状態の一番蔵のタンクで溺死体となって発見され、確執のあった腹違いの兄が消えた。
    ※こちらにも某人気ブラウザゲームのキャラクターがモデルと思われる人物が登場s……どう見ても本人です。本当にありがとうございました

    Short Fileシリーズ

    短編(第Ⅰ期)

    短編は1~4話で終了する構成となっている。
    ・氷点下15度の殺意(スキー場で起きた傷害事件に金田一が挑む)
    ・誰が女神を殺したか?(不動高校にて傷害事件発生。容疑者は佐木の片思いの相手?)
    ・1/2の殺人者(容疑者が双子でどちらか片方が殺人犯という)
    ・聖なる夜の殺人(金田一と美雪、2人っきりのクリスマスのはずが…)※金田一二三、初登場。 登場怪人:"聖なる復讐者(セイント・リベンジャー)"
    ・鏡迷宮(ミラーラビリンス)の殺人(遊園地のボロいアトラクションにて殺人事件発生)
    ・金田一フミ誘拐事件(銀行強盗を目撃した二三が誘拐され、金田一は二三の監禁場所を探す)
    ・金田一フミの冒険(担任教師の故郷へ来た二三は殺人事件に遭遇する)
    ・白銀に消えた身代金(スキー場で誘拐事件が発生し金田一が身代金の受け渡し人に)
    ・フィルムの中のアリバイ(美雪がひき逃げされ、3人の容疑者の中に犯人が)
    ・殺人レストラン(剣持警部と立ち寄ったレストランは何かがおかしかった)
    ・血染め(ブラッディ)プールの殺人(殺害の容疑者となった美雪を救うべく奔走する金田一)
    ・亡霊学校殺人事件(廃校での肝試し中に1人が行方不明になるが…) 登場怪人:"花子さん"
    ・瞬間消失の謎(ホームズ全集が消え、ホームズの孫と名乗る人物が金田一に挑戦してきた) 登場怪人:"ホームズの孫"
    ・妖刀毒蜂殺人事件(警備員のバイトをはじめた金田一は妖刀の警備をすることに)
    ・怪盗紳士からの挑戦状(名探偵vs大怪盗の戦いが再び幕を開ける)
    ・午前04:40の銃声(美人刑事が銃殺される事件が発生する)
    ・女医の奇妙な企み(事故って病院に運び込まれた金田一はあやしい病人を見つける)※第Ⅰ期の短編最終作

    短編(第Ⅱ期)

    ・速水玲香と招かれざる客(玲香のパーティーに不審な客が)※第Ⅱ期にて初の短編
    ・不動高校学園祭殺人事件(写真部の部員が殺され、その背後には学校裏サイトが関連していた)
    ・「血溜之間」殺人事件(進学校との囲碁部の合宿で囲碁にまつわる殺人事件が起きる)
    ・中学生編 飛込プールの悪霊(プールの飛込競技で事故が起きる)
    ・中学生編 キャンプ場の“怪”事件(美雪たち女子の下着と美雪の時計が盗まれる事件が発生)
    ・高度1万メートルの殺人(金田一の乗った飛行機で殺人事件が発生)

    短編(20周年記念シリーズ)

    ・暗黒城殺人事件(感覚を封じられた特殊なイベントで殺人事件が発生)

    短編(R(リターンズ))

    ・なぜ暖炉は燃えていたか?(いつきの知人の遺産相続の候補者が自殺に見せかけて殺されて)

    短編(その他漫画集やノベルスなどに収録されたもの)

    ・共犯者X(自らの手を汚すことなく一方的な交換殺人を押し付けた卑劣な"X"は誰だ) 登場怪人:"X"
    ・迷い込んできた悪魔(デモン)(またもスキー遭難した二人が辿り着いたペンションに殺人鬼の影が) 登場怪人:"殺人鬼デモン"
    ・金田一少年の悪夢(雨宿りに一が駆け込んだ別荘では殺人事件被害者の降霊会が開かれており)
    ・旅の途中

    Akechi Fileシリーズ

    金田一のライバル、明智健悟を主人公とした短編シリーズ。

    明智少年の華麗なる事件簿

    明智が高校時代に遭遇した事件を回想として金田一たちに話す。
    ・FILE1 明智少年最初の事件/Farewell, My Dear Friend(「秀央のホームズ」と呼ばれていた明智が解いた最初の事件)
    ・FILE2 殺意の四重奏(カルテット)/The Perfect Violinist Akechi(音大の楽団のバイオリニストの代役として明智が抜擢されるが…) 登場怪人:"魔弾の射手"
    ・FILE3 幽霊剣士殺人事件/The Pride Murder(フェンシングの強化合宿にて殺人事件が発生) 登場怪人:"幽霊剣士"

    明智警視の優雅なる事件簿

    刑事になってからの明智のロス時代を含む活躍を描く。
    ・FILE1 証言パズル/The Murder Train(電車内で起こった殺人事件の容疑者として金田一が逮捕されてしまう)
    ・FILE2 殺人ポーカー/Unlucky Men in the Rain(登山の途中で立ち寄った山小屋内でのポーカー中に殺人事件が発生)
    ・FILE3 死者のチェックメイト/The Great Chess Player Akechi(ロスでのチェス世界大会に出場した明智は友人の死に直面する)
    ・FILE4 幽霊ホテル殺人事件/The Encounter(明智のパートナー、パットはホテル内で容疑者の死体を発見するが、死体は瞬く間に消えてしまった) 登場怪人:"ゴースト"

    R(リターンズ)

    ・学生明智健悟の事件簿(大学生時代、高校の頃の先輩の大学の文化祭で殺人事件が起こり)
    ・ソムリエ明智健悟の事件簿(ソムリエの代役で参加したパーティーで毒殺事件が発生)

    ノベルス

    「邪宗館殺人事件」を除くエピソードはすべてアニメ化されている。また劇場アニメとして上映された「オペラ座館・新たなる殺人」はテレビアニメ化される以前の作品のため、一部を除き声優陣が異なる。

    オペラ座館・新たなる殺人

    登場怪人:"ファントム"
    オーナーからの招待で一たちは再びオペラ座館を訪れる。そこではかつて彼が携わっていた劇団「幻想」の団員たちが『オペラ座の怪人』の稽古をしていた。看板男優は昔オーナーの娘を捨て、自殺に追い込んでいた。彼の妻が消え、『オペラ座の怪人』を思わせる怪文書が見つかる。「ファントム」の殺人劇が再び幕を開けた――
    ※劇場版第1作の原作で、金田一少年の事件簿初のアニメ化作品。
    CV 金田一一:山口勝平、剣持勇:夏八木勲。美雪はテレビシリーズと同じである。

    幽霊客船殺人事件

    登場怪人:"幽霊船長(ゴースト・キャプテン)"
    商店街の福引で引き当てた小笠原クルーズ旅行に美雪を誘う一、しかし実態は半貨物船の貧乏旅行。おまけに剣持夫妻まで乗り合わせてしまった。船のクルーや他の乗客も一癖ありそうな連中ばかり。そんな中、怪事件「マリー・セレステ号事件」になぞらえたかのように船長が忽然と姿を消す。そこには一にとっても因縁のある「ある事故」が絡んでいた……

    電脳山荘殺人事件

    登場怪人:"トロイの木馬"
    剣持の弟のペンションにスキー旅行で訪れた一と美雪は、彼の下心から危うく遭難しかけてしまう。助けを求めたペンションには、初のオフ会だというパソコン通信仲間の男女5人がいた。互いにハンドルネームを名乗り、本名を初めとする一切の素性が分からないメンバー。その中に、殺意を持ったウイルス・トロイの木馬が紛れ込んでいた……

    鬼火島殺人事件

    登場怪人:"午前零時の悪霊"
    医学部志望者対象のセミナーへバイトに来た一と美雪。癖の強い受講生を迎えた後、肝試しに参加することになる。曰くつきの寮の一室の鍵穴を一が覗くと、そこから見えたのは何者かが受講生の一人を吊し上げている姿と、窓の外に浮かぶ鬼火だった!

    上海魚人伝説殺人事件

    登場怪人:"魚人"
    美雪のペンフレンド・麗俐から、父殺しの容疑がかけられた兄を助けてほしいと依頼された一は上海へ向かう。彼女の所属する雑技団の目玉「魚人遊戯」の裏には呪いの歌と団員たちに影を落とす事件があった。その歌の通りに、関係者たちが死体となっていく。日本と勝手の違う上海を一が駆ける!
    ※楊小龍、李波児初登場
    ※堂本剛版の実写ドラマ劇場版の原作。

    雷祭殺人事件

    転校したクラスメイト・秋絵に会いに、雲場村を訪れた一たち。村ではちょうど、雷雨を奉ずる奇祭・「雷祭」が催されていた。そんな中、秋絵の家に居候していた自称昆虫学者が撲殺体で発見される。なぜか死体は彼のコレクションであった空蝉(セミの抜け殻)に覆われていた。

    殺戮のディープブルー

    登場怪人:"キング・シーサー"
    一と美雪は友人の招待でディープブルー・アイランドリゾートのオープニングイベントに出席することとなる。再会を喜び、リゾートの風光明媚を堪能する間もなくホテルは「ネオ・ムウ」を名乗るテロリストに占拠され、凄惨な殺戮が繰り広げられる。キング・シーサーを名乗るネットの海に潜む首魁にはテロの裏に秘めた企みがあった。
    ※劇場版2作目の原作だが、登場人物や筋が大きく異なっている。テレビアニメ化後なので、テレビシリーズの声優陣。後に制作されたテレビアニメ版がノベルスの設定に準じている。

    邪宗館殺人事件

    登場怪人:"邪宗門"
    ひょんなことから目にした古新聞の小さな記事。それに一はある記憶を思い起こし、生じた疑念を確かめるために幼い頃「仲間」とともに短い夏を過ごした軽井沢の邪宗館を訪れる。それが悲劇の幕開けになるとも知らずに――

    CDブック

    声優はテレビアニメ版、劇場版1作目などとも異なる。厳密には死神病院殺人事件はアニメ開始後の発表だが、悪魔組曲殺人事件と合わせたものと思われる。どちらも絶版であるため手に入れるのは難しい。
    CV 金田一一:関俊彦、七瀬美雪:氷上恭子、剣持勇:梅津秀行、明智健悟:置鮎龍太郎、怪盗紳士:吉田小南美

    悪魔組曲殺人事件

    温泉旅行へ向かう途中だった金田一たちは、急な雨により山荘で雨宿りすることとなるが、そこで殺人事件が発生する。その現場はまるで『悪魔組曲』という曲をなぞらえたかのようだった。
    ※ExtraCDとして「ミセス金田一の事件簿」が同梱してある。金田一の母が主人公で彼をやり込める姿が収録されている。さしもの名探偵も母親には敵わないらしい。

    死神病院殺人事件

    登場怪人:"死神"
    餃子の食べすぎという仕様もない理由で病院に担ぎ込まれた金田一。トイレに駆け込んだところ、そこで外科部長の死体を発見してしまう。その病院は死神が鈴を鳴らして患者の死を予告するという不吉な病院だった。
    ※アニメ版では珍しく怪盗紳士ではない本物の醍醐真紀が登場する。

    アニメオリジナル

    ・無印

    嘆きの鬼伝説殺人事件

    登場怪人:"嘆きの鬼"
    他校の演劇部と一緒に出演するために金沢を訪れた金田一と美雪。劇の題材は「嘆きの鬼伝説」だったが、それには鬼の祟りという暗い噂もあった。そんな最中、劇の準備を進めていた演劇部の部長が殺害される。

    出雲神話殺人事件

    登場怪人:"ヤマタノオロチ"
    出雲神話に関する課題に取り組んでいた金田一たちはある男の殺害現場に出くわしてしまう。その男は「ヤマタノオロチ」と言い残して息絶えた。金田一たちは真相を知るため出雲へ向かう。

    ・R(リターンズ)

    消えた金メダルの謎

    怪盗紳士が予告状を出したのは元重量挙げチャンピオンが経営するスポーツジム、もちろん狙いは彼の金メダルだ。警護に来た一たち三人が話を聞いていると、訪れていた新聞記者が殺され、金メダルも消えた。

    ゲーム

    テレビアニメや劇場版、CDブックとは一部を除いて声優が異なる。

    悲報島 新たなる惨劇

    登場怪人:"山童の死者"
    ウィンドウズ・プレイステーション(1996年)
    CV 金田一一:岩永哲哉、七瀬美雪:宮村優子、剣持勇:高橋功、いつき陽介:二又一成

    星見島 悲しみの復讐鬼

    登場怪人:"審判の使途"、"復讐の歌姫"
    セガサターン(1998年)
    プレイヤーが犯人となって金田一にバレないように復讐殺人を完遂させるのが目的という金田一のゲームの中でも最もユニークなテーマの作品。
    CV 金田一一:草尾毅、七瀬美雪:飯塚雅弓、剣持勇:土師孝也、明智健悟:子安武人、速水玲香:倉田雅世、いつき陽介:藤原啓治

    地獄遊園殺人事件

    登場怪人:"禍いのローレライ"
    プレイステーション(1998年)
    CV 金田一一:岩永哲哉、七瀬美雪:宮村優子、剣持勇:高橋功、明智健悟:森川智之、佐木竜二:結城比呂

    青龍伝説殺人事件

    プレイステーション(1999年)
    CV 金田一一:岩永哲哉、七瀬美雪:宮村優子、剣持勇:大塚明夫、明智健悟:森川智之

    10年目の招待状

    ゲームボーイカラー(2000年)

    名探偵コナン&金田一少年の事件簿 めぐりあう2人の名探偵

    ニンテンドーDS(2009年)
    『名探偵コナン』とのコラボが実現したゲーム。作中ではコナンと金田一の二人の視点から事件の謎を解いていく。

    悪魔の殺人航海

    ニンテンドーDS(2009年)
    CVはテレビアニメと同じである。

    パチンコ(CR 金田一少年の事件簿)

    例のごとくキャラクターの声優が異なる。
    CV 金田一一:櫻井孝宏、七瀬美雪:田村ゆかり、剣持勇:立木文彦、明智健悟:福山潤、速水玲香:ゆかな、いつき陽介:黒田崇矢、佐木竜二:下野紘

    長崎十字架島事件

    登場怪人:"吟遊詩人"
    いつきは美雪の元を訪れ、美雪の中学生時代の知り合いである男の一冊の詩集を見せる。彼が住んでいるという長崎十字架島を訪れる金田一たちであったが、そこから不可解な運命の歯車が回り出す。
    ※パチンコ限定のオリジナルストーリー

    スピンオフ漫画

    高遠少年の事件簿

    登場怪人:"死神マジシャン"
    金田一の宿敵、高遠遙一が主人公。「地獄の傀儡師」となる前の彼が高校時代に遭遇した事件を描く。クラスメイトに誘われてマジック部に入部することになった高遠は、そこで恐ろしい連続殺人事件に巻き込まれる。
    ※スマートフォンアプリ マンガボックスにて公開後、単行本化された。

    金田一少年の1泊2日小旅行

    作画はあわ箱。金田一たちが過去の事件を振り返りながら話を進めるコメディ漫画である。キャラがことごとくただのアホ・変態になっていたり、本編で死亡した人物が生きていたりするなど、if展開が多い。
    ※金田一少年シリーズでさとうふみや以外が描く初のスピンオフ作品である。
    ※スマートフォンアプリ マンガボックスにて公開されていた。単行本全3巻。

    明智警部の事件簿

    作画は佐藤友生。明智警視が金田一と出会うより以前、警部だった頃の活躍を描く。
    マガジンSPECIALにて連載されていた。単行本全5巻。

    関連イラスト

    お誕生日おめでとう!!
    R


    金田一少年の事件簿
    きんだに!



    関連タグ

    ジャンルミステリー
    作者天樹征丸樹林伸) 金成陽三郎 さとうふみや
    発行誌週刊少年マガジン 講談社
    カテゴリー漫画 ドラマ テレビアニメ
    犯人のネタバレに関して事件簿の怪人を参照
    コンビタグ平行線コンビ
    NLカップリング金田一カップリングタグ一覧
    腐向けタグK田一少年【腐】
    評価タグ金田一100users入り
    その他金田一 金田一少年の事件簿 チャンネル5.5


    外部リンク

    原作

    金田一少年の事件簿 20周年記念SP WEB SITE

    アニメ版

    第1期、SP版

    金田一少年の事件簿 TVアニメ公式サイト(東映アニメーション)
    金田一少年の事件簿SP TVアニメ公式サイト(東映アニメーション)
    金田一少年の事件簿SP TVアニメ公式サイト(読売テレビ)

    第2期

    金田一少年の事件簿R TVアニメ公式サイト(東映アニメーション)
    金田一少年の事件簿R TVアニメ公式サイト(読売テレビ)

    劇場版

    金田一少年の事件簿 オペラ座館・新たなる殺人
    金田一少年の事件簿2 殺戮のディープブルー

    東映アニメBBプレミアムの配信

    TVシリーズ第1期
    金田一少年の事件簿 死神病院殺人事件

    ドラマ版

    ※一代目:堂本版の第1&2シリーズは日テレ公式サイトのバックナンバーに既にない。
    二代目:松本潤版 第3シリーズ
    三代目:亀梨和也版『吸血鬼伝説殺人事件』
    四代目:山田涼介版『香港九龍財宝殺人事件』
    四代目:山田涼介版『獄門塾殺人事件』
    四代目:山田涼介版 第4シリーズ『金田一少年の事件簿N(neo)』

    ゲーム版

    名探偵コナン&金田一少年の事件簿 めぐりあう2人の名探偵

    パチンコ版

    CR 金田一少年の事件簿

    チャンネル5.5版

    チャンネル5.5

    pixivに投稿された作品 pixivで「金田一少年の事件簿」のイラストを見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6497617

    コメント