ピクシブ百科事典

GetBackers

げっとばっかーず

『GetBackers』とは、原作:青樹佑夜、作画:綾峰欄人による少年漫画作品。『GetBackers-奪還屋-』の通称。
目次[非表示]

概要

週刊少年マガジンで連載されていた少年漫画。及び、美堂蛮と天野銀次の二人が生業とする奪還屋の呼称。
通常「ゲットバッカーズ」とはこの二人を指す。

東京新宿路地裏のずっと奥にあると言われるスラム裏新宿を舞台に、
奪(と)られたものは奪(と)り還(かえ)すという奪還屋『GetBackes(ゲットバッカーズ)』の美堂蛮と天野銀次の活躍とバトルを描く。

…というのが序盤の展開だったが、
次第に人情ドタバタお色気アクションのノリは控えめになっていき、
後に人類史上最もインフレした漫画と称されるほどパワーインフレが激しくなったことでも知られる。
それでいてシナリオに全くと言っていいほど破綻をきたしていない(ついでに言うなら書き込み量もすごい)のはまさに圧巻である。

  • 物語中盤までは蛮、赤屍、雷帝の三強。魔里人編で本気を出した蛮と互角にやりあえる敵が現れ、その後のオウガバトル編でベルトラインの人間というだけで強さの次元が違うという設定が登場し、モブキャラ(雑魚キャラ)の強さが本気を出した蛮より強くなり、雑魚キャラにボコボコにされる。しかし、数話でベルトラインでの戦い方を覚え、ベルトラインのモブキャラを一蹴出来るレベルになる。

その一方でパワーインフレでもトップクラスの位置にいるはずの主人公コンビがその辺のヤクザに一方的にボコボコにされる描写が序盤から終盤まで散見され、「この漫画のパワーインフレの頂点にいるのはヤクザ」とネタ半分で語られることも多い。酷い時には宝石泥棒の猿(士度が操ってない野生の猿)に重傷を負わされている。

インフレ度合い

初期:特殊技能を扱ったバトル
中期:異能力バトル
後期:魔法バトル
末期:ドラゴンボール。物語末期の強者同士の戦いとなると、速すぎて何が起きてるか分からず全員ヤムチャ視点になる(速すぎて動いてないように見えるだけで、小石を投げると何も無いところで石が砕ける)。

登場人物

奪還屋GetBackers


新生VOLTS&VOLTS四天王

無限城の人々

弥勒一族

運び屋

『神の記述』関係者

魔里人

鬼里人

その他の人物

用語

裏新宿
新宿の路地裏をずっと行った先にあると言われる、新宿の「裏側」とも言える日本スラム街。
物語が展開する中心となる場。最奥部には街の象徴である巨大な廃墟ビル・無限城が聳え立つ。治安は劣悪。

無限城
裏新宿の中心にある、高層ビル廃墟群によって形成された。ストーリー上重要な場所。
その治安は裏新宿でも最悪。モデルはかつて香港にあった九龍城
地下、城下町、下層階(ロウアータウン)、中層階(ベルトライン)、上層階(バビロンシティ)に分かれる。
後半では最早哲学レベルに巨大化する。

VOLTS(ボルツ)
かつて無限城下層階(ロウアータウン)にあった、リーダーの雷帝・天野銀次と四天王を中心とするジャンク・キッズグループ。最強最悪と恐れられたが、天野銀次が無限城出て行くことで解散となった。

裏稼業
表の仕事ではない、裏の世界の職業。登場する多くの人物はこれを仕事としている。
奪還屋運び屋、仲介屋、探し屋、奪い屋、案内屋、始末屋など。

本編の重要なネタバレ



























この物語の舞台は別の世界のバックアップとして創られたセカイである。
物語の途中までは無限城の中だけが仮想現実(創られた世界)のように描かれているが、実は世界全体が仮想現実だったということが最後に判明する。

別の世界には裏新宿ではなく新宿が存在し、異能力といったものも存在しない。それは所謂、この記事を読む我々の世界に酷似している世界である。

天野博士は自分の息子である天野銀次を亡くし、抜け殻のようになっていた。クローン技術で甦らせるという方法もあったが、クローンは認められておらず、例えその方法で復活させても同じ遺伝子を持った別人であり、無限に折り重なる偶然が世界を創りだし、その結晶が一人一人の人間になるのだとしたら、いかに形だけ再生出来ても同じ人間ではないという結論に至る。しかし、天野博士にはそんな難題がありながらも、活路を見出だせる"知恵"を持っていた。天野博士は銀次を甦らせるために、世界そのものをもう1つ創ることを決心する。世界の複製品である現実世界のバックアップの作成である。

まず、始めに世界を構成するあらゆる可能性・構成・混沌さえも取り込み自己開発していける電脳倉庫『アーカイバ』を設計する。その設計とコンセプトが出来上がったとき、世界の崩壊と消滅がそう遠くない未来にあると気付いていたことから、世界の最高頭脳の殆どがこれに賛同した。結集した天才達は「頭脳集合体(ブレイントラスト)」と名付けられ、世界のバックアップを創るためにあらゆる分野からアプローチをして目指し、人間の願いそのものが世界を創るという「意思の力」という答えに至る。

やるべきことが決まったブレイントラストは、全ての人に絶望とほんの少しの希望を植え付け、全ての意思を統一して収斂させることで、もう1つの世界を創る原動力と成させる。その過程で、赤屍のような超越者として覚醒する者が現れだした。

若き天才科学者である加賀美京司が発見した「魔鏡効果」、天野博士が創り出した「アーカイバ」、そして、あらゆる分野の最高頭脳と最高の力が結集して、もう1つの世界・・この漫画本編の"セカイ"が誕生する。

最初は単なる混沌であったそれは、凄まじいスピードで成長し、現実世界が辿った全ての歴史をなぞりながら歴史を生み出していった。しかし、どこかでそのセカイは異なった歴史を辿り始めてしまう。この世界に似て否なる独立したセカイとして、勝手に成長していった。その結果、現実とは違うルールが存在し、起こり得ない現象が平然と起こるセカイと成る。それは最早バックアップには成り得ない、似てはいるけど違うセカイとして、時間軸の中で、現実世界に追い付くところまで来てしまった。
もし追い抜かれれば修正出来なくなってしまうことから天才達は焦り、アクセスと修正を図ったが軌道を戻すことは出来なかった。そこで、「観察者」として加賀美京司(セカイの中では鏡形而と名乗っている)を筆頭にセカイへと送りこむことになる。しかし、結果はセカイに取り込まれ、修正はおろか帰還さえ出来なくなってしまった。

そして、本編終盤の話に繋がる。
最終手段として、セカイを初期化し、もう一度混沌から創り直すという結論に至る。そのために、ロジックをアーカイバに命令し、捻れたセカイ側から自己初期化プログラムを発動するように試みる。そして、白紙にしてやり直すためにセカイの頂点に立つ1人の創造者を選択し、その創造者の手でセカイをあるべき姿に再構成しようとした。ラストの「悪鬼の戦い(オウガバトル)」はこの創造主を決める戦いである。

ネタバレの余談

因みに、現実世界とセカイの歴史にズレが生じたのは、蛮の祖母である「ウィッチクイーン」と呼ばれた反逆者とそれに力を貸すブレイントラストの中の裏切り者達によるテロ行為である。要は、蛮と銀次の最後の戦いは、セカイをゲットバッカーズの世界で確立させようとするウィッチクイーンサイドとセカイを現実世界と同じものに修正したい天野博士サイドの代理戦争であり、蛮と銀次はその主導権争いの駒のようなもの。最終的に銀次はゲットバッカーズのセカイのまま、世界を確立させたという話。

「神の記述」などは世界のルールを壊すために、ウィッチクイーンが用意したもの。

作中でMAKUBEXが裏新宿が自分の知らない街並み(読者のよく知る「新宿」の街並み)になってしまう夢を見て怯えていたが、作中の世界が読者のいる世界と同じものに修正されようとしている暗示である。

・・結論から言うと、人情ドタバタお色気アクションに見せかけて、異世界ファンタジーバトル漫画であり。異世界ファンタジーバトル漫画にみせかけたSF漫画である。







アニメ

2002年10月から2003年9月まで全49話がTBS系列(ただし新潟放送山陰放送熊本放送大分放送宮崎放送琉球放送除く)にて放送された。
当初はIL編で終了する予定だったが、予想以上の人気を誇ったため、それ以降のビーナス編、神の記述編の一部(雨流の箇所のみ)などもアニメ化された。アニメーション制作はスタジオディーン

主題歌

オープニングテーマ
「揺らぐことない愛」(第1話 - 第25話)
作詞 - 田村直美 / 作曲 - 田村直美、川本盛文 / 編曲 - 川本盛文 / 歌 - 田村直美
「薔薇色の世界」(第26話 - 第49話)
作詞 - キリト / 作曲 - アイジ / 編曲 - PIERROT & MASAHIDE SAKUMA / 歌、演奏 - PIERROT

エンディングテーマ
「一秒のリフレイン」(第1話 - 第13話)
作詞 - 乙葉、堂島孝平 / 作曲 - 堂島孝平 / 編曲 - 長谷川智樹 / 歌 - 乙葉
「涙のハリケーン」(第14話 - 第25話)
作詞 - PANINARO 30 / 作曲 - 徳永暁人 / 編曲 - 清水俊也 / 歌 - BON-BON BLANCO
「Mr. deja vu」(第26話 - 第37話)
作詞 - YURI / 作曲 - オオヤギヒロオ / 編曲 - 宗像仁志 / 歌 - naja
「CHANGIN'」(第38話 - 第48話)
作詞 - 西寺郷太、竹前裕 / 作曲 - 西寺郷太、奥田健介、小松茂 / 編曲 - NONA REEVES、門倉聡 / 歌 - NONA REEVES feat. YOU THE ROCK☆


関連タグ

表記ゆれ

or検索を推奨。(Pixivでは英字の大文字小文字は同一化される)
GetBackers ゲットバッカーズ GB GetBackers-奪還屋- GetBackers奪還屋 奪還屋

評価タグ

GetBackers100users入りGetBackers500users入り
GetBackers1000users入り

外部リンク

アニメ公式サイト

関連記事

親記事

樹林伸 きばやししん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「GetBackers」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2586311

コメント