ピクシブ百科事典

エリアの騎士

えりあのきし

伊賀大晃原作・月山可也作画による日本のサッカー漫画作品。
目次[非表示]

概要

2006年21・22合併号から2017年17号まで、週刊少年マガジンにおいて連載されたサッカー漫画。既刊は全57巻。
週刊少年マガジン2011年43号にてテレビアニメ化が発表され、2012年1月から同年9月までテレビ朝日で放送された。
男女問わずキャラの境遇は高校生らしくしっかり描かれているのだが、何故かサッカー部分の描写が奇妙奇天烈な事で有名。
リアルを売りにしているが異常なまでに主人公の同世代が充実してるので、五輪(23歳以下)代表にユースでもない大量の高校生が選ばれたり、女子サッカーのフル代表なのにマネージャー続けてたり、高校サッカーとしての描写は割とトンデモの部類に入る。
しかしまだ注目を浴びていない時代に、ヒロインを女子サッカーの代表選手に設定した先見性と、敢えて部活動としてのサッカーを極端に肯定したその姿勢は良かれ悪しかれ他のサッカー漫画との差別化に成功している。

ストーリー

鎌倉学館中等部サッカー部主将・逢沢傑はU-15日本代表の10番を背負う。
その弟・逢沢駆は世界を舞台に活躍する兄の姿に心を躍らす。

しかし、駆は選手としての自信を失い、兄と同じサッカー部でマネージャーとして働きながらプレーへの想いに胸を焦がす日々を送っていた。傑は弟のそんな姿を胸の中で見守り続けていた。

そうした中、中学校全国大会への予選が間近に迫ろうとしていたある日、かつての幼馴染・美島奈々が鎌倉学館にやってきた!?
(ウィキペディアより引用)

登場人物

メインキャラクター


江ノ島高校


鎌倉学館


葉蔭学院


相模ヶ浦高校


湘南大付属高校


辻堂学園


東京蹴球学園高校


日本代表(サムライブルー)


女子日本代表(なでしこジャパン)


江ノ島高校の家族


その他


アニメ

2012年1月から同年9月までテレビ朝日にて全37話が放送された。制作はシンエイ動画が手掛けた。同社がスポーツを題材としたアニメを製作するのは、『新プロゴルファー猿』以来、実に24年振りとなる。

他に、遅れネットでBS朝日、関東地方(テレビ朝日のエリア)以外の地上波では系列局であるテレビ北海道でしか放送されていない。

主題歌

「ハイヤーグラウンド」
作詞・作曲 - 山口卓也 / 編曲・歌 - S.R.S

関連タグ

サッカー漫画 2012年冬アニメ

外部リンク

原作作品ページ
TVアニメ公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「エリアの騎士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 467731

コメント