ピクシブ百科事典

金田一耕助

きんだいちこうすけ

金田一耕助とは、文筆家である横溝正史の推理小説に登場する架空の探偵である。
目次[非表示]

文筆家・横溝正史の推理小説に登場する架空の探偵
近年では、彼の実孫が活躍中。

概要

経歴

生年不詳(語り手である小説家のY先生の11歳年下)。出身は同姓のアイヌ学者と同じく東北の内陸部。
19歳(数え年)で郷里の中学校(旧制)を卒業後、某私立大学に籍を置いたが興味がわかず一年余りで渡米。ところがアメリカの生活にも大した興味が起こらず、ふらふら暮らしているうちに麻薬の味を覚え中毒に陥る。
そのような状態にあったにも関わらず、あるときサンフランシスコの日本街で発生した奇怪な殺人事件にふらふら出ていってこれを解決。これが初期のパトロンである久保銀造の目に止まり、その支援を受け麻薬と手を切り3年でカレッジを卒業後、帰国して東京に探偵事務所を構える。半年ばかり閑古鳥が鳴いたと思うと新聞に載るような大事件の解決にも携わった。
この時期に、旧友の失踪事件を防ぐ事ができず探偵としての挫折を味わっている。
その後の探偵活動は昭和12年の本陣殺人事件より、昭和48年の病院坂の首縊りの家まで約35年が記録に留められている。この間、太平洋戦争に徴兵され2年を大陸、以後を南方諸島で過ごしニューギニアで終戦を迎えている。戦後直前には恋愛談と無縁ではなかったが、職業的な性質のためかその方面はまもなく希薄となり、家庭を持つことはなく独身を通した。
獄門島事件の直後に親友の風間俊六と再会を果たし、彼の愛人が経営する割烹料亭「松月」に昭和22年から29年頃まで居候した後(途中、通称「三角ビル」と呼ばれる建物に事務所を構えるが一年程で引き払っている)、「緑が丘荘」というアパートに事務所を構える。その後、何度か松月に戻ったりしたものの最終的には昭和31年に緑が丘荘改め緑が丘マンションの1フロアをまるごと借り上げている。
事件解決後に繰り返し憂鬱症に襲われる傾向があったが、第一次オイルショックの直前、これが極に達した為か、誰にも行く先を告げぬままアメリカ・ロサンゼルスに向かったのを最後に一切の消息を消した。
生没(没年)不詳。

容姿

原作では短身痩躯の貧相な男性として描かれている。作中の描写によると身長5尺4寸(163.6cmくらい)体重は14貫(52.5kgくらい)以下との事。また、作中では進駐軍兵士などに「雰囲気がコウモリに似ている」と言われた事がある。
登場作品に拠って若干の相違があるが、大体は蓬髪にお釜帽(フェルト帽)、セルの袴に下駄履きと言った装束を身につけている。戦前・戦後この和装スタイルを押し通したが、ある作品で著者が言及したところによると、洋服姿になると貧相で風采の挙がらぬ印象が一層強まるらしい。

言動・性格

平時はのらりくらりとした言動が目立ち、常に眠そうな目つきをしているが、事件の渦中にあって、かつ自身が強く興味を持った事柄に対しては真剣な表情に変わる。また、重大な発見があると口を窄めたり、口笛を吹く癖がある。
興奮すると乱れた髪の毛を掻きまわし、言葉が吃りはじめる。
事件捜査に関しては証拠集めは警察に任せて人間関係を探っていき、そこに物証を当てはめていくというもの(これはまず自分で物証を見つけて、そこから関係者の話を聞いて隠された人間関係を見つけ出すというの手法とは逆である)だが、やろうと思えば物証の鑑定は一通りの事ができる。
秘密主義的な性格で、自身の考えや手の内を最後まで明かさず、そもそも現場への到着自体が遅かったりで犠牲者が少なく済んだことがほとんど無く、複数の犠牲者を出してしまったり、犯人を暴いた後に捕縛するなどの適切な処置をしなかった結果、当の犯人にも最後の最後で自殺されて死に逃げされたりといった展開が非常に多い。
ただし、彼のシリーズは怪奇小説の側面もあるので、犠牲者が複数人出る展開は仕方が無いとも言える。また、犯人の捕縛に関しては自身の捜査の手法上、犯人を暴く際にはその場に警察関係者や犯人以外の登場人物も複数人同席しているケースが多いため、一概に彼一人に非があるとは言えない(金田一が犯人に同情してしまい、意図的に見逃した例もあるが)し、との決定的な違いとしてそもそも犯人に生きて罪を償わせる事に全く興味を持っていないどころか(悪質かつ動機に同情の余地が無い場合限定だが)「犯人が自殺してくれたら楽でいい」とすら思っている節がある。
犯人を庇って自殺した者がいた場合には「話した所で誰も幸せにならない」という理由で誰にも話さない事を条件に依頼人にのみ真相を語って、後は自殺した者が全てやった事にするというケースが多く、付き合いの長い磯川警部は悪霊島の中で「金田一に任せると謎は解けるが犯人は捕まらない。犯人を捕まえたかったら自分達で解決しろ」と部下に語っている。
なお、たびたび複数の犠牲者を出してしまう悪癖は探偵としての手法や犯人への考え方が正反対であるはずのにも遺伝しているようだ。
基本的には犯人に対して(たとえ大量殺人を犯していたとしても)同情的であり、自分の手柄を誇るような事もしないのだが、同情の余地の無いような身勝手な犯人や決定的な証拠を突き付けられてもなお言い逃れようとする犯人に対しては、一転して辛辣な一面を見せる。前者は獄門島八つ墓村で、後者は幽霊男仮面舞踏会で特に顕著である。また、映像化作品では石坂浩二版や古谷一行版は前者の性格が、片岡千恵蔵版や長谷川博己版は後者の性格が強調されている。
事件が解決すると、犯罪捜査を生業とすることへの嫌悪感や興味の対象が削がれた事による一種のメランコリーに襲われ、それを癒すかの如く行く先も決めないでふらりと旅に出るのが常である。
映画鑑賞や観劇、絵画鑑賞が趣味。かなりのヘビースモーカー。
実は最初期では阿片中毒者であったことは、あまり知られていない(一時期ヒッピーの先駆けと言われ、正史は苦笑いした)。

演じた俳優

片岡千恵蔵岡譲司河津清三郎池部良高倉健中尾彬石坂浩二古谷一行鹿賀丈史
西田敏行片岡鶴太郎豊川悦司上川隆也稲垣吾郎長谷川博己加藤シゲアキ
渥美清(1977年の映画版八つ墓村
吉岡秀隆NHKでのドラマ版『悪魔が来りて笛を吹く』にて担当。⇒NHKによるインタビュー記事

関連イラスト

花椿家の一族〜金田一義人〜
『獄門島』
ゴクモントウ
『動く城の殺人』


金田一耕助の憂鬱



関連タグ

探偵 横溝正史
八つ墓村 獄門島 犬神家の一族 悪魔が来りて笛を吹く 悪魔の手毬唄

由利麟太郎:横溝正史が金田一耕助以前に生み出した名探偵

金田一耕助の冒険
金田一耕助VS明智小五郎

金田一少年の事件簿
金田一一←別の作者により創作された金田一耕助の孫。「じっちゃんの名に賭けて!」の名言で有名。

金田一京助:名前の元になった人物。元々は横溝が住んでいた東京・吉祥寺の隣組にいた「金田一安三」氏から姓を拝借、安三が京助の実弟だったことから名前の方も拝借して「耕助(こうすけ)」にした。後に京助の長男・金田一春彦は、よく「金田」(かねだ)と読み違えられていた「金田一」姓を有名にしてくれた横溝に感謝したほど。
そして平成の世に推理小説『啄木鳥探偵處』に主人公の相方として登場、令和でアニメ化されようとは・・・。

関連記事

親記事

横溝正史 よこみぞせいし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「金田一耕助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 259720

コメント