ピクシブ百科事典

中尾彬

なかおあきら

日本の俳優・声優・タレント・コメンテーター。
目次[非表示]

来歴

1942年8月11日、千葉県木更津市に生まれる。
1970年に茅島成美と最初の結婚をしたが1975年に離婚。1978年に池波志乃と二度目の結婚をした。

マフラーのぐるぐる巻き(いわゆる「彬(中尾)巻き」、池波いわく「ねじねじ」)が特徴的。
江守徹とは共演機会が多い。

かつては映画好きの子供で、いつしか「自分も役者になりたい」と思うようになり、高校生の頃に弟子入り志願で長谷川一夫を訪ね「高校を出たらまた来なさい」と帰された経験がある。1964年に演劇の道を再び目指す。

1977年からは『暴れん坊将軍』の徳川宗春役(初代)を演じ、当たり役となる。

画家としての中尾彬

画才の持ち主でもあり、1960年に作品が千葉県美術展で入選している。
そこから数年の中尾は以下のような行動をとっており、役者の夢も持ち続けている一方で絵画への興味もかなり強くなっていたらしいことがうかがえる。

1961年武蔵野美術大学入学。
1962年大学に在籍したまま日活の俳優オーディションに応募。合格し、映画『夢がいっぱい暴れん坊』でデビューした。
1963年大学を中退し、絵画の勉強のためパリに留学。

1964年に俳優を本業にしてからしばらくは描かなくなっていたが、1978年から再び絵筆をとり、フランスのル・サロン展で1981年に大賞、1982年に国際賞を受賞。その後も個展を開くなどしている。

関連リンク

関連記事

親記事

男優 だんゆう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「中尾彬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 528

コメント