2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

NHKが1961年から現在まで制作・放映しているテレビドラマシリーズ。通称「朝ドラ」。
大河ドラマと共にNHKドラマ制作部門の2大看板の一角を担っている。

放送時間帯はNHK総合では月曜から金曜までの朝8時台に本放送、昼12時台後半に再放送となっている。BSプレミアムでは朝7時30分、夜11時に放送されている。
2020年の「エール」よりいわゆる働き方改革のため、それまで行われてきた土曜の本放送分が総集編へと変更、物語本編としては月~金という形での放送となった。

1975年以降、制作現場の負担軽減のため年度前半は東京で、年度後半は大阪でそれぞれ制作されており、このスタイルが現在まで受け継がれている。
また歴代作品を通じて日本国内の47都道府県すべてが何らかの形で関わる舞台となっている。
(ちなみに最後まで残ったのは2009年度 つばさの舞台となった埼玉県

女性を主役に据えその生涯や半生を描く形式が多く、(但し2014年度のマッサンなど夫婦が主人公の場合もある)。また対象世代の都合上、太平洋戦争絡みでの肉親の死が描かれる事も多い。

一話15分週6日放送放映期間は6カ月、というテレビドラマの中でも他に類を見ない特殊な様式を貫いている。
それ故に短い尺で話数を重ねていく構成上、物語全体や一話内や一週間放映分での起承転結の付け方などに他のテレビドラマとはかなり異なる手法が求められる。この為、一時間枠・一クール(13話)という枠組みで人気となった脚本家を起用しても、この独特の構成への対応が難しく期待に応えられなかったなどということも十分起こり得る。

歴代作品一覧

☆:続編が作られた作品。
◇:スピンオフが作られた作品。

作品タイトル年度補足
1娘と私1961年度唯一の1話20分放送作品。
2あしたの風1962年度本作品から1話15分放送となる。
3あかつき1963年度
4うず潮1964年度
5たまゆら1965年度
6おはなはん1966年度
7旅路1967年度連続テレビ小説最後の白黒放送。
8あしたこそ1968年度連続テレビ小説で初めてカラー化された作品。
9信子とおばあちゃん1969年度
101970年度
11繭子ひとり1971年度本作品放送前の1966年にナショナルゴールデン劇場にて一度ドラマ化されている。
12藍より青く1972年度
13北の家族1973年度
14鳩子の海1974年度
15水色の時1975年度前半本作品から放送期間が半年体制となる。
16おはようさん1975年度後半
17雲のじゅうたん1976年度前半
18火の国に1976年度後半
19いちばん星1977年度前半
20風見鶏1977年度後半
21おていちゃん1978年度前半
22わたしは海1978年度後半
23マー姉ちゃん1979年度前半
24鮎のうた1979年度後半
25なっちゃんの写真館1980年度前半
26虹を織る1980年度後半
27まんさくの花1981年度前半
28本日も晴天なり1981年度後半
29ハイカラさん1982年度前半
30よーいドン1982年度後半
31おしん1983年度1年間放送。NHKテレビ放送開始30周年記念作品。日本のテレビドラマにおける最高視聴率を記録。(平均52.6%、最高62.9%)
32ロマンス1984年度前半
33心はいつもラムネ色1984年度後半
34澪つくし1985年度前半
35いちばん太鼓1985年度後半
36はね駒1986年度前半
37都の風1986年度後半
38チョッちゃん1987年度前半
39はっさい先生1987年度後半
40ノンちゃんの夢1988年度前半
41純ちゃんの応援歌1988年度後半
42青春家族1989年度前半
43和っこの金メダル1989年度後半
44凛凛と1990年度前半
45京、ふたり1990年度後半
46君の名は1991年度1年間放送。新海誠監督のアニメ映画『君の名は。』とは別作品。
47おんなは度胸1992年度前半
48ひらり1992年度後半
49ええにょぼ1993年度前半
50かりん1993年度後半
51ぴあの1994年度前半
52春よ、来い1994年度後半~1995年度前半1年間放送。
53走らんか!1995年度後半
54ひまわり1996年度前半
55ふたりっ子1996年度後半
56あぐり1997年度前半
57甘辛しゃん1997年度後半
58天うらら1998年度前半
59やんちゃくれ1998年度後半
60すずらん1999年度前半
61あすか1999年度後半
62私の青空2000年度前半
63オードリー2000年度後半
64ちゅらさん2001年度前半月曜ドラマシリーズにて続編パート2、3、4も放送された。
65ほんまもん2001年度後半
66さくら2002年度前半
67まんてん2002年度後半
68こころ2003年度前半
69てるてる家族2003年度後半連続テレビ小説初の地上デジタル放送。
70天花2004年度前半
71わかば2004年度後半
72ファイト2005年度前半
73風のハルカ2005年度後半
74純情きらり2006年度前半NHK放送開始80周年記念番組。
75芋たこなんきん2006年度後半
76どんど晴れ2007年度前半
77ちりとてちん2007年度後半
782008年度前半
79だんだん2008年度後半
80つばさ2009年度前半
81ウェルかめ2009年度後半
82ゲゲゲの女房2010年度前半2010年に映画化、2011年に舞台化までされた。
83てっぱん☆◇2010年度後半
84おひさま2011年度前半連続テレビ小説では珍しく「私は陽子。太陽の“陽子”です!」という番組キャッチコピーが設定された。
85カーネーション2011年度後半
86梅ちゃん先生2012年度前半本編終了後に続編スペシャルドラマ『梅ちゃん先生〜結婚できない男と女スペシャル〜』が放送された。
87純と愛2012年度後半
88あまちゃん2013年度前半
89ごちそうさん2013年度後半
90花子とアン2014年度前半
91マッサン2014年度後半メインヒロインに初めて外国人を起用。
92まれ2015年度前半
93あさが来た2015年度後半連続テレビ小説において今世紀最高の視聴率を記録。
94とと姉ちゃん2016年度前半
95べっぴんさん2016年度後半
96ひよっこ2017年度前半2019年にスペシャルドラマ『ひよっこ2』が30分枠ドラマとして計4回放送された。
97わろてんか2017年度後半
98半分、青い。2018年度前半
99まんぷく2018年度後半
100なつぞら2019年度前半連続テレビ小説第100作の記念作品、および平成最後で令和最初の作品。
101スカーレット2019年度後半
102エール2020年度前半新型コロナウイルスの影響で撮影の中断期間が入ったため、放送期間が半年を超えた作品。
103おちょやん2020年度後半
104おかえりモネ2021年度前半
105カムカムエヴリバディ2021年度後半
106ちむどんどん2022年度前半
107舞いあがれ!2022年度後半
108らんまん2023年度前半
109ブギウギ2023年度後半

余談

  • 何気に特撮作品で主要なキャラを演じた俳優の出演率が高い。ひよっこわろてんか半分、青い。では三作続いてヒロインの恋人役(成就しなかった例もあるが)を主役を演じた俳優が演じている(一人二作目)。
  • 菅野よう子に代表されるアニメ作品で代表作を持つ作曲家を起用するケースも増え始めている。
  • 朝の連続テレビ小説だが、朝枠で臨時ニュース等で休止になった場合に昼枠が再放送扱いではなく、本放送になるケースも存在する。これは総合テレビでの放送故の仕様とも言える。
  • 実話が元になった作品もあるがその場合、人名や社名は基本的に変更される。

例として、
1.原作者・原案者の自伝的な作品
『チョッちゃん』⇒黒柳徹子の母・黒柳朝本人がモデル。
『あぐり』⇒吉行あぐり本人がモデル。
『オードリー』⇒脚本家・大石静本人がモデル。
『芋たこなんきん』⇒芥川賞作家・田辺聖子本人がモデル。
『ゲゲゲの女房』⇒漫画家水木しげるの妻・武良布枝本人がモデル。
2.原作者・原案者の親族を主人公にした作品
『マー姉ちゃん』⇒漫画家長谷川町子の姉・毬子がモデル。
『てるてる家族』⇒作詞家なかにし礼の妻・石田ゆりがモデル。
『花子とアン』⇒エッセイスト村岡恵里の義祖母(血縁上は大伯母)村岡花子がモデル。
『純情きらり』⇒小説家津島佑子の叔母がモデル(父は太宰治)。
『なつぞら』⇒アニメーター小田部羊一の妻・奥山玲子がモデル。
3.特定の実在の人物の生涯(半生)
『カーネーション』⇒ファッションデザイナーの「小篠(コシノ)家」(母・綾子、長女・ヒロコ、次女・ジュンコ、三女・ミチコ、長女の娘・ゆま)がモデル。
『マッサン』⇒ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝とその妻リタがモデル。
『あさが来た』⇒日本女子大学の開校に関係した女性実業家・広岡浅子がモデル。
『とと姉ちゃん』⇒暮しの手帖の創業者・大橋鎭子がモデル。
『べっぴんさん』⇒子供服メーカー「ファミリア」の創業者・坂野惇子がモデル。
『わろてんか』⇒吉本興業の創業者・吉本せいがモデル。
『まんぷく』⇒日清食品創業者の安藤百福とその妻・仁子(まさこ)の半生がモデル。
『エール』⇒作曲家の古関裕而とその妻で歌手の金子(きんこ)の半生がモデル。
『おちょやん』⇒「大阪のお母さん」として親しまれた上方女優・浪花千栄子の半生がモデル。

  • 時々声優が顔出しで出演することがある。
例として、
『ちゅらさん』⇒戸田恵子宮村優子高橋美佳子※戸田は『純情きらり』『まれ』(ナレーション)『なつぞら』にも出演。
『芋たこなんきん』⇒寺杣昌紀(てらそままさき)※俳優としての出演は漢字表記。
『ゲゲゲの女房』⇒潘めぐみ喜安浩平
『あまちゃん』⇒水瀬いのり
『とと姉ちゃん』⇒緒方賢一平田広明
『半分、青い。』⇒高木渉※『なつぞら』にも出演。
『なつぞら』⇒山寺宏一※『おかえりモネ』にも出演、田中真弓沢城みゆき吉水孝宏
『エール』⇒恒松あゆみ三木眞一郎
  • 逆パターンとして声優業が本業となる前に既にシリーズ出演の経験がある者も居る。
『おしん』⇒富沢美智江(現:富沢美智恵)※子役として出演。
『天うらら』⇒生天目仁美が出演
『瞳』⇒田野アサミが出演
  • ドラマの舞台になった県の出身者が出演する場合がある。
例として、
『さくら』⇒荒木優騎、野口五郎岐阜県出身者。
『ちゅらさん』⇒平良とみガレッジセール、宮良忍(当時DA PUMP)、川平慈英、比嘉栄昇(BEGIN)など沖縄県出身者。
『純情きらり』⇒竹下景子、戸田恵子(愛知県出身)
『スカーレット』⇒西川貴教滋賀県出身)
『おかえりモネ』⇒鈴木京香山寺宏一サンドウィッチマン宮城県出身)
『カムカムエヴリバディ』⇒甲本雅裕オダギリジョー岡山県出身)
また大阪放送局制作の作品は関西の芸人が起用される場合もある。
  • 近年は本編終了後に数秒程度の投稿写真コーナーがある。
  • あさイチのMC陣が朝ドラの感想を語るのが初代司会者の時代から定番になっている。これを用語で「受け」という。

関連タグ

NHK テレビドラマ 小説
大河ドラマ NHKの本気
朝ドラ…通称。本放送が朝のため。

メジャー獣の奏者エリン - 同じ系列局で放送された、最初幼かった主人公が次第に成長し大成していく物語。

配信サイト

企業

GooDDrama

関連記事

親記事

NHK総合 えぬえいちけーそうごう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「連続テレビ小説」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「連続テレビ小説」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 863746

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました