ピクシブ百科事典

君の名は

きみのなは

巡り会いたいのにすれ違う。(曖昧さ回避付き)
目次[非表示]

誘導・表記揺れ

この項目では、菊田一夫によるラジオドラマを原作とした恋愛物語について説明しています。
新海誠監督制作によるアニメーション映画については君の名は。」を参照してください。

アニメ映画「君の名は。」との表記分けのお願い

君の名は。(54年度版)


2016年夏に公開された新海誠監督制作によるアニメーション映画、「君の名は。」のタグ誤記(混同)が目立っております。
(上のイラストは、いわゆる合体事故混ぜるな自然に代表されるイラストの一つ)

タグに関しては「」の有無なので、非常にややこしいですが、タグの設定ミスをしないように再度ご確認をお願いします。

詳しくはタグの大百科も合わせてご覧ください。

現状でもタグ間違いが増え続けている為、本来の作品を検索する場合はマイナス検索を利用して、「-新海誠 君の名は」等の検索方法に一工夫を加えると発見できるかもしれない。


解説

君の名は」とは、昭和戦後に一世を風靡した、脚本:菊田一夫によるラジオドラマを原作とした恋愛物語である。

原作であるラジオドラマの他、後に舞台映画テレビドラマリメイクされており、
1991年にはNHK朝の連続テレビ小説としてリメイクもされている

映画化の際にはその人気により、真知子が巻いていたストールの巻き方が「真知子巻き」として流行にもなった。

その「すれ違い」の物語は、恋愛物語パターンの一つとなっている。

なお、大河ドラマおんな城主直虎」のサブタイトルである「ぬしの名は」は、「君の名は。」が由来ではなく、過去にNHKが連続テレビ小説化したこちらが由来と思われる。

あらすじ

第二次世界大戦東京大空襲の夜に出会った後宮春樹氏家真知子は、一晩中逃げ回って命からがら生還を遂げた後、数寄屋橋でまた再会しようと約束して別れる。

その後、幾度となく再会しようとするが、戦後の混乱に巻き込まれるまま、なかなか再会は叶うことはなく………。

余談

公開が初代ゴジラの直後であり、ゴジラの動員数を減らすほどだった本作だが、2016年にほぼ同名のアニメ映画シン・ゴジラが公開されたことにより、ゴジラとの因縁が運命じみたものになった(どちらも同時期に公開され、ゴジラの観客動員数を喰っている)。

君の名は君の名は。にストーリー上の繋がりはもちろん無いが、会いたいのになかなか会えずすれ違う二人という点では同じ。このタイトルに引っ張られて観てしまったご年配の方もいるとかいないとか。
また君の名は。は公開当初実質メインとなるロードショー館が無くシネコンのみでの上映だったが、あまりの人気ぶりに急遽、タイタニックアナと雪の女王で知られるTOHOシネマズ日劇1での上映が追加されるという異例の対応がとられた。そこはまさに、君の名はで二人が再会を約束した数寄屋橋に建つ、当時も今も日本一の大劇場だったのである。

ちなみに、NHK朝ドラ版は真知子役・鈴木京香氏のメジャーデビュー作として知られるが、PIXIVユーザーにはある意味お馴染みの倉田てつを氏が春樹役を張っていた事でも知られる。

関連リンク

君の名は - Wikipedia

関連タグ

ラジオドラマ
舞台 映画 テレビドラマ
恋愛物語
すれ違い
連続テレビ小説
倉田てつを 鈴木京香

pixivに投稿された作品 pixivで「君の名は」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7226118

コメント