ピクシブ百科事典

目次[非表示]

過去放送された番組を再び放送すること。
「経費削減」「過去の番組のリメイク、或いは続編制作を行う場合の宣伝」「新番組の前作を放送」「昼間の空白枠や制作中止中の穴埋め」「強力な裏番組への回避」などの理由で行われる。

概要

基本的にはかつて放送されたものと同じ内容なのだが、スポンサーや放送局が違うために編集されたり、放送禁止用語等があったために再放送した際に不自然に無音になったり(「現在では好ましくない表現が含まれますが、作品のオリジナルを尊重してそのまま放送します、ご了承ください。」などのテロップを入れて放送する事もある)、アニメなら作画ミスなどが修正されたり、BGMが変更されたり、CMなどが違ったり...等があるため全く同じ物になるとは限らない場合もある。
果てには再放送なのに新作を放送したりする例もあるので侮れない。

昔のテレビのほうが面白かったという声は多く、2020年新型コロナウイルス感染症COVID-19)による新作ドラマの製作中止中に数多くのドラマが再放送され好評を得ている。

水曜どうでしょう』や『戦国鍋TV』のように、当時のプレゼントキャンペーンなどもそのまま放送される場合もあるのだが、締め切りを過ぎているので応募しても無効なので注意されたし。逆に『ドゲンジャーズ』でのグッズ関連の告知も含まれるが、こちらも場合によっては完売などの場合がある。こういう時は公式ホームページをチェックしよう。

イレギュラーな事例

最終話で別ルートへ変化し、続編(steins;gate0)に続く展開にした。

再放送の際には『黄金戦士ゴールドライタン』とタイトルが変更となる。
再放送の際、少年篇等のように区切りが追加された。
アニメ版が途中で休止、再放送を挟んでの続行となったが、作品内容的にスケジュールではなく倫理関係のチェックで延期になったと思われる。
リマスター版が再放送されたTOKYOMXでの放送では、放送途中から仮面ライダー誕生50周年のロゴがオープニング前に挿入された。この流れは『仮面ライダーV3』でも続いている。
主にテレ玉などで唐突に始まった平成ライダーの再放送では劇場版のCMが入る事があった。当然のことだが上映期間は終了しているため、当時の映像としてアーカイブの意味合いもあるのだろう。
こちらもテレ玉のケース。ルパパトあたりから劇場版のCMも追加されたが……。なお、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の前にも特別プログラムがあったのだが、そちらの方はカットされてリュウソウジャーの再放送にそのまま切り替わった。
こちらは千葉テレビのケースで、1回目の全話放送が終了後に2回目の放送が始まった。理由として夏休み特別プログラムということにはなっているが。
元々は結城友奈の章(1期)→鷲尾須美の章(2期前半)→勇者の章(2期後半)という順で放送されたのだが、再放送の際は作中の時系列順に並べ替え、鷲尾須美の章→結城友奈の章→勇者の章の順で放送された。
リアルタイム放送時でも後半パートが再放送という名のキャスト変更バージョン(経緯はポプテピピックのリンク先参照)で、右上に【再放送】とテロップ表示されるというイレギュラーだった。しかし、2021年10月から始まった再放送では、前半パートの声優変更(という名のリミックス)の再放送を行った。後半パートは【再放送】【再放送】という表示に。それ以外にも細部変更はされているのだが、イレギュラー中のイレギュラー、むしろクソアニメだからこそ許される演出かもしれない。
CS及びBS局では第2話が放送されたが地上波の方では報道特番に切り替わったために休止、CS及びBS局が先行して第3話を放送ではなく第2話の再放送に変更となった。

以下、TOKYOMXで再放送されたテレビアニメの事例を踏まえて説明をする。民放よりもあらゆる事例をフォローしている為である。

なお、TOKYOMXでも追悼特番と言う事例は少ない。

唐突な再放送

これに関しては、UHF局ではよくある事である。その為、TOKYOMXに限った話ではない。

しかし、TOKYOMXではこの唐突な再放送を行った始まりの作品がある。土6での放送翌週タイミングで再放送された妖奇士である。後にこの作品の再放送でMBS→TOKYOMXの再放送を確立させた原点と言えるだろう。

放送局を変えての再放送

稀に本来と違う放送局が再放送を行う事がある。唐突な再放送とは別の事例と言う事で扱う。

こちらに該当するのはNHKで再放送された『ラブライブ!』及び『ラブライブ!サンシャイン!!』、『アニガサキ』、テレビ東京の『ガールズ&パンツァー』、『IDOLY PRIDE』が該当する。
(リアルタイム放送時、『ガルパン』は茨城エリアで視聴できる手段が少なかったため)

複数要因が絡むような再放送もあり、TOKYOMXでの『新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION』のような事例も存在するが……こう言ったケースはイレギュラーと言えるだろう。

劇場版・2期連動型

おそらく、一番多いであろう事例である。

2018年に絞っても『ゴールデンカムイ』、『steins;gate0』の放送に連動した『steins;gate』、劇場版公開を記念しての『終物語』、『幼女戦記』等……。特殊ケースでは、ニチアサで再放送された『銀河英雄伝説』も劇場版連動と言えるかもしれない。

連動再放送の中には、そのまま2期へ突入する物もあり、上述ケースの『ゴールデンカムイ』や『THEビッグオー』なども該当する。

Blu-rayBOXリリース記念

デジモン』、『ミスター味っ子』、『ボンバーマンジェッターズ』等が第1話のみ放送と言う仕様で再放送された事があるのだが、これはBlu-rayBOX発売を記念しての再放送である。

UHF局では前例のないケースだが、TOKYOMXでは新番組枠の枠を埋めるために別の再放送を入れるケースも存在する。過去にはこれと類似のケースでは通販番組を入れていた。

パチンコ新作連動

ブルーレイ以外の事例としては、パチンコの新台がリリースされる事での再放送もある。

2020年にはTOKYOMX以外のUHF局で唐突な再放送が始まった『新世紀エヴァンゲリオン』は、ある意味でも複数要素が絡む事例だが。
(後にエヴァはテレビ朝日でも放送された)

他枠の都合上

稀に他番組のスケジュール等の関係で、別番組が再放送されるケースも存在する。中には、あえて副音声を入れたバージョンにするケースも存在し、『ナイツ&マジック』では1話放送後に1話再放送と見せかけたスペシャル番組を放送した。

2018年には『ゴールデンカムイ』(2期)と『ゴブリンスレイヤー』が最終話を直前に前話の再放送から最終話へつなげる再放送を行っていた。

2019年の『Bang_Dream!2nd Season』第1話の毎日再放送は、正にコレの典型事例と言えるだろう。

2021年でも『憂国のモリアーティ』で最終回と直前話の連続放送が行われる。

副音声あり

普通であればBlu-ray特典等でやるような仕様なのだが、近年では普通に放送される場合も出てきている。2018年には『ソラとウミのアイダ』が1話限定で原作者のオーディオコメンタリーが入った。2019年には『荒野のコトブキ飛行隊』がオーディオコメンタリーありの再放送も行われている。

潔癖男子!青山くん』では本来であれば副音声となるようなトークパートが主音声と言う逆転発想をやったのだが……。

副音声あり再放送はTOKYOMXに限った話ではなく、テレビ東京でも『ブラッククローバー』の傑作選(出演声優によるオーディオコメンタリー)や『ポケットモンスター』アンコール(英語版の音声)で行っていた。

副音声ありは再放送以外にもまれにあり、こちらは地上波進出した『終末のワルキューレ』などが該当する。

ループ再放送

こちらに関しては複合要素も絡んでくるのだが、特にブシロード関係で多い。

カードファイト!ヴァンガード』、『ミルキィホームズ』辺りが常連だったが、近年では『BanG_Dream!』と『D4DJ』もこちらの仲間入りをしているような気配もする。

ブシロード以外では、2作品同時に別時間帯で再放送をしているプリキュアシリーズ、劇場版連動も絡んでいるが『ラブライブ!』及び『ラブライブ!サンシャイン!!』も含まれるかもしれない。

リテイク版

こちらはHDリマスターやリテイク版と言う扱いで再放送が行われる。ただし、このケースは滅多に行われない。TOKYOMXでも『ろんぐらいだぁす!』がリテイク版をニチアサ枠で再放送をした事がある。

スケジュールの関係

リテイクとは別に、本来の放送枠で完結しなかった作品が再放送されるケースもある。理由は様々なので、ここでは敢えて割愛する。

アズールレーン』のようなケースもあれば、劇場版が延期と言う事となってTV版が急きょ再放送という流れになった『ユーリ!!!onICE』と色々とある。

15分枠

これがかなり特殊で、放送時間15分の番組Aと番組Bというプログラムの場合に起こる。番組Aを再放送するにしても番組Bが放送されない関係で枠が空いてしまうため、番組Aを2話放送するようなケースも存在した。

2021年ではアニおびでの『ギャラクシーエンジェル』、『異世界かるてっと』の2話連続放送などが該当する。

話数圧縮

これも特殊ケース。リアル放送時は放送できたが様々な事情で現在は放送不能という場合に該当話をカット、そのまま次の話を放送する。

出演者の不祥事などで封印作品となったケースが多いだろうが、稀に総集編や特別編をカットしてそのまま放送するような『シャドウバース』のようなケースも稀にある。

直前特番なども本放送時限定で再放送ではカットされるケースが多い。

関連タグ

無限ループって怖くね?

けものフレンズ再放送
えとたま再再再放送

関連記事

親記事

放送 ほうそう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「再放送」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「再放送」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 620706

コメント