2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

無限キテレツ地獄とは、静岡県に伝わる一種の都市伝説。
アニメ不毛の地・静岡」では新作アニメの放送そっちのけで『キテレツ大百科』の再放送ばかり繰り返したため、静岡県民のトラウマとなっているという。

ふたば☆ちゃんねるでもこの状況を揶揄した画像が多数作られており、特にコミカライズ版『∀ガンダム』の1シーンをコラージュした「またキテレツじゃねぇか!」「まんがなんて何でも同じだろ。そんなことよりサッカー中継がはじまるよ」という会話が描かれたものが有名である。

実態

実際のところ、静岡県はテレビ東京系列の深夜アニメを視聴できない環境だったことは事実であり、テレビ静岡平日午後5時のアニメ放送枠において、『キテレツ大百科』が長期間(1996~1998年、1999年末~2001年、2003~2005年、2008年末~2009年)に渡って月~木の週4回、合計888回放送されていたことも事実である。放送権利の関係上、既に放送された回が数年後に再々放送される事は通例となっており、同じ回を何度も見たという視聴者も多い(『キテレツ大百科』は全331回なので2周以上放送されたのは間違いない)。

一方、同枠では『キテレツ大百科』ばかり放送されていたわけではなく、新旧様々なアニメが放送されていた。一番放送回数が多かったのは『ONEPIECE』。次いでご当地アニメの『ちびまる子ちゃん』も多数放送されており、『キテレツ大百科』の放送回数は第3位に過ぎない。金曜日には『ビーストウォーズメタルス』や『のだめカンタービレ』といった普段とは毛色の異なるアニメが放送されていた時期もある。
午後5時台がほぼ唯一のアニメタイムというのも誇張表現であり、あらゆる時間帯で様々なアニメの再放送が行われていた(ただし、そのぶん上記の午後5時枠とは別に『キテレツ大百科』や『ONEPIECE』が放送されていたという情報もある)。

また、こうした状況は静岡に限った話ではなく、地方局では放送枠の隙間にアニメの再放送を入れ込むのが珍しくなかった。時間調整のため30分アニメのOPEDをカットするくらいならまだしも、一話を半分ずつ放送する事さえあった。

結局のところ深夜アニメに興味を向け始めた当時のアニオタが、静岡の放送環境を揶揄・自虐するために誇張を含めて広めた噂話だったと言える。午後5時のアニメ枠が消滅し、ネット視聴の普及など放送環境が改善された2015年以降は完全に死語となっている。

余談

『キテレツ大百科』作中には本当に「地獄」を模したテーマパークを作る回があり、クソゲーとして知られるファミコン版でも最初に作る事となるであろう発明品は「キテレツ地獄」である。ちなみに、これを作ることでコンティニューが可能となる。

外部リンク


関連

身延町/南部町 - 北隣の県であるが、静岡側の再送信を受けているため同じように無限キテレツ地獄を味わっている。ちなみに県全体は山梨県民ホイホイの「アニメネタについて」を参照。あれ?2局しかないのに静岡よりマシ・・・
関西のアニメ事情 -20世紀末までの限定ながら、無限キテレツ地獄と同様、毎日放送でじゃりン子チエ、読売テレビでルパン三世、キャッツアイ、シティーハンター、ときめきトゥナイトばかり再放送されていた。なお、毎日放送は1995年から1997年にTBSの少年アシベが再放送され、無限ループは一時的に解消された。

関連記事

親記事

静岡県 しずおかけん

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました