ピクシブ百科事典

中央新幹線

ちゅうおうしんかんせん

中央新幹線はJR東海が建設を計画している高速鉄道。
目次[非表示]

概要

JR東海が計画している、東京大阪間をリニアモーターカーで結ぶ高速鉄道路線。メディアではリニア中央新幹線と呼んでいるが、JRと国土交通省は中央新幹線と正式に呼んでいる。
以前から、現在運行中の東海道新幹線が老朽化していることや、ダイヤの過密化解消や災害時の迂回ルートとして計画されていたが、莫大な資金が必要なことから長らく計画は進んでいなかった。
2007年4月、JR東海が全額自己負担で建設する計画を表明。2011年5月12日国交省の交通政策審議会で計画が承認され、同月27日に国交相が建設を指示した。

2013年9月18日、JR東海は先行開業する東京〜名古屋間のルートと中間駅を正式に発表。全長286km。うち、86%にあたる246kmが地下やトンネルで、地上区間は約40kmあまり。この区間も騒音対策で防音壁やフードで覆うため、ほとんど景色を見ることはでいない。今後沿線住民への説明会を経て、2014年度に着工、14年後の2027年の開業を目指している。最終目標である大阪までの全線開通は32年後の2045年予定であるが、財界は前倒しを要請している。

なお、完成すると東京〜名古屋間は最速40分。東京〜大阪間は最速67分で結ばれる。

なお、中央新幹線は整備新幹線ではなく、JR東海が自己資金で建設し税金は使われないことになっていたが、自民党は大阪への延伸前倒しのため、公的資金を投入する意向である。

駅・ルート

東京・品川を出発し、神奈川県山梨県長野県岐阜県を通って、名古屋駅に至り、駅は各都県に1か所設置される。うち品川、神奈川県駅、名古屋駅は地下駅、残りは地上駅になる。また、現在使用している山梨実験線もルートに組み込まれている。当初駅舎の建設費は自治体の全額負担だったが、猛反発を受けJRが全額負担して建設することになった。全席指定、事前予約にする予定であることから、駅舎には券売所を設けず、職員も最低限することで建設費や開業後の運営費の圧縮を図るとしている。

停車駅

(品川・名古屋以外の駅名は仮称)

駅名予定地
品川駅東京都港区
神奈川県駅神奈川県相模原市橋本駅付近)
山梨県駅山梨県甲府市
長野県駅長野県飯田市
岐阜県駅岐阜県中津川市美乃坂本駅付近)
名古屋駅愛知県名古屋市
この他、相模原市と中津川市に車両基地が建設される予定。

ルートを巡ってはこれまで3つ検討され、いずれも甲府市付近から、
  1. 木曽谷を通って名古屋に至る大回りの木曽谷ルート
  2. 伊那谷を通って名古屋に至る迂回の伊那谷ルート
  3. 南アルプスを貫通して名古屋に至る南アルプスルート
が案に挙がり、このうち長野県は伊那谷ルートを強く推していたが、JRは建設費や費用対効果を勘案し南アルプスルートで建設することを決定した。

名古屋以西について

名古屋から先のルートについては未定だが、ルート予定地の自治体では誘致活動が行われている。

  • 三重県
    • 亀山市が中間駅設置を目指し誘致中。
  • 奈良県
    • 計画では奈良市付近が経由地となっており、奈良市、大和郡山市、生駒市、天理市が駅誘致を巡って対立している。
  • 京都府
    • 計画には経由地に含まれていないが、地元経済団体がリニアの京都駅乗り入れをJRや政府に要望し、知事も「京都経由の方が経済効果が高い」と京都経由を要望している。この動きについて奈良県は猛反発しており、JRも「京都経由は予定していない」と表明している。
  • 大阪府
    • リニアの終点として計画されている。駅を巡ってはJRは乗り継ぎの便が良い新大阪駅を終着駅とする一方、橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会が、梅田駅北ヤード(うめきた)にリニア駅を誘致することをマニフェストに掲げていたが、後に新大阪駅に誘致することで地元財界と府市で一致した。

よくある誤解

ルートが直線的であり大きくコースから外れることはあるものの、現計画上は中央本線の新幹線増線である。日本の中央をドカーンと通過するから中央新幹線なわけではない。まあ中央本線の名の由来からしたらそういうことなんだろうけども。このため首都圏から山梨エリアでは中央本線との区間重複が見られる。JR東日本では同区間を走行する特急(特に山梨止まりのかいじ)の需要がバッティングし本数減になることを懸念しており、90年代には建設反対を表明していた。

pixivに投稿された作品 pixivで「中央新幹線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 558

コメント