ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

E7系・W7系

いーせぶんけいだぶりゅーせぶんけい

東日本旅客鉄道及び西日本旅客鉄道が保有する新幹線車両。
目次 [非表示]

概要

E7系 - おいでまっし、金沢。【HD新幹線11】日本海に輝く青い矢【E7系・W7系】

北陸新幹線長野駅金沢駅間開業に伴う車両増備にあたり、東京駅上越妙高駅間を管轄する東日本旅客鉄道と上越妙高駅〜金沢駅間を管轄する西日本旅客鉄道が共同開発した新幹線車両。初代北陸新幹線(長野新幹線)車両のE2系がベースとなっており、車両デザインはE6系の車両デザインを監修した奥山清行が監修している(そのためか、ライトの位置や塗装デザイン(色は正反対だが)がE6系と似ている)。東日本保有分がE7系、西日本保有分がW7系を名乗る。北陸新幹線は電源周波数が50Hz、60Hzの区間を跨ぐが、車内電源は60Hzに統一されている。


W7系については、昼行列車としては「JR西日本所属車が営業運転でJR東日本の線路を経由して東京駅まで乗り入れる」JR史上初の車両でもある。(夜行列車も含めればサンライズ瀬戸出雲用の285系0番台の前例がある。ただしこちらはJR東海の路線を介しての東京駅乗り入れとなっている)


1編成12両で、MT比は10M2Tとなっている。定員は934名→924名※。設計最高速度および営業最高速度は275km/h。JR東日本で活躍するE5系で好評だったグランクラスも設定される。2013年秋にE7系第1編成、2014年春にW7系第1編成が落成、金沢延伸開業前にはE7系17編成とW7系10編成の合計27編成体制になったが、その後も追加増備を行っている。


※荷物置場の設置により、乗車定員を変更。


E7系とW7系、どう見分けるか?

両者は以下の4点を除き全く同一仕様となっている。

エンブレム付近

77

数字の「7」をモチーフにしたエンブレムの下に

「JR EAST JAPAN RAILWAY COMPANY」(画像右)または

「JR WEST JAPAN RAILWAY COMPANY」(画像左)という表記があり、「EAST」がE7系、「WEST」がW7系である。

編成番号

乗務員室(運転席付近)に編成番号が振られているのが確認できる。「F1」〜のF編成がE7系、「W1」〜のW編成がW7系である。

車両の番号

車外・車内からも確認でき、かつ一番確実な方法。新幹線の車両番号は基本的に「XXX-XXX」と数字のみ表記されており、そこに「E」「W」「H」が先頭につけられることがある。E7系・W7系の場合は「E7XX-XXX」がE7系、「W7XX-XXX」がW7系である。

車内チャイム

こちらも確実に区別できる方法。車内チャイムはE7系が上越新幹線のものと同一仕様であるのに対し、W7系はシンガーソングライター谷村新司氏が書き下ろした「北陸ロマン」となっている(2015年3月14日から9月30日までは、山陽新幹線で使用されている車両と同じ「いい日旅立ち・西へ」を使用していた(ただし、東海道山陽九州新幹線の始発・終着前と同様の歌い出し部分を使用))。


車体

北陸新幹線 E7系(F1編成)E7/W7系

『和』をイメージした外観とカラーリングとなっている。

車体色は、北陸の空をイメージした「空色」、日本の伝統工芸をイメージした「銅色(カッパー)」、気品や落ち着きを表す「アイボリーホワイト」の3色が使用されている。

先頭車の車体形状は「ワンモーションライン」という、新幹線車両のシンプルな形状でありながら、高速走行と騒音抑制を両立している。


車内

グランクラス

12号車。金沢・新潟寄りの先頭車で、定員18名のグランクラス(航空機で言うファーストクラス)となる。

デッキパネルは日本の春夏秋冬(先頭車両後方は春・夏・秋、先頭車両前方は)をモチーフとしており、座席は本革張り、各座席のコントロールパネル操作による最大45度のリクライニングが可能で、コントロールパネルでアテンダントの呼び出しも可能。収納式テーブルやシューズトレイ、読書灯などの装備が充実。

さらに、座席には「フルアクティブサスペンション」(動揺防止制御装置)を採用しているため、走行時の揺れが少なく、より快適な旅を愉しむ事ができる。

2022年10月1日現在、最速達の「かがやき」のみ専任アテンダントによる軽食やアメニティサービスを実施。「はくたか」(2022年9月30日まで実施)、「あさま」、「とき」、「たにがわ」はアテンダントサービスのない座席のみの営業、「つるぎ」は非営業となる。

グリーン車

11号車。青を基調とした2×2の座席となる。

アームレスト下にあるボタンでリクライニングが可能、背面と座面が連動して動く。

グランクラス同様、各座席に読書灯がついており、点灯・消灯もボタンで行える。コンセントも完備。

普通車

1号車〜10号車。2×3の配置となる(一部車両は車両端が2×2となる)。

座席は赤を基調として格子柄をあしらった、色彩豊かな空間となる。

なお、新幹線の普通車で初めて全席にコンセントが設置されている。

車内設備

照明はすべてLEDを使用しており、省エネルギーに貢献。

トイレは車椅子に対応した、広い多目的トイレが設置されるなど、バリアフリーを追求。使いやすさを向上させている。

各車両の情報案内装置、デッキ、通路に防犯カメラ、各車両及びトイレに非常通報装置が設置され、セキュリティを強化している。3号車と7号車には公衆電話が設置されていた。

コンセント

前述のとおり、グリーン車グランクラスはもちろん、普通車にもコンセントが設置されているこの新幹線。これは最高速度を275km/hに設定したことにより、E5系よりも最高速度が45km/h低くなっていることで電源容量にゆとりが出来たことから、全車両にコンセントを設置することが可能となった。

なお、停電することがあるので、ノートPCや携帯電話の充電にコンセントを使用する際は注意が必要である。

また、座る位置によってコンセントの配置も異なり、通路側・中央席の場合は前の座席に2箇所、窓側の場合は足元に1箇所ある。


各路線毎の投入と運用

長野新幹線

2014年3月15日のダイヤ改正でE7系を先行投入。長野新幹線「あさま」として営業運転開始。段階的にE2系(N編成)を置き換え。


北陸新幹線

2015年3月14日の北陸新幹線長野〜金沢間の開業に伴い、JR西日本所有のW7系も営業運転を開始。東京〜金沢間の「かがやき」で最速2時間28分で結んでいる。

また、北陸新幹線敦賀延伸に合わせて2023年度までにW7系を13編成(156両)追加投入した。なお、この中には後述する代替2編成を含む。


東北新幹線

2016年11月には、仙台〜金沢を直通する列車が団体臨時列車として運転された。

使用されたのはE7系で、列車は大宮駅でスイッチバックの上、乗り換えなしで運転した。ちなみに、この時がE7系の東北新幹線(大宮以北)における初の運行例。

JR東日本では、今後も需要によっては同様の形で運行するとしている。


上越新幹線

春風に舞う新潟仕様

2017年4月4日のJR東日本定例記者会見で、2018年度よりE7系を11編成を製造し、上越新幹線(東京-新潟間)に投入、2020年度末までにE4系全編成を置き換え、同新幹線はE7系とE2系に統一すると発表。

車体や塗装、性能などは北陸新幹線のE7系全く同じ仕様。


2019年2月7日に、デビューから1年間限定でE7系2編成に、朱鷺色の帯と朱鷺の羽と稲穂をイメージしたシンボルマークを貼り付けると発表。当時新車だったF21・F22編成にラッピングされた。また、3月には新潟駅などで展示会も実施。


2019年3月16日のダイヤ改正より営業運転開始。「とき」4往復、「たにがわ」1往復に投入。上越新幹線もグランクラスを導入


朱鷺ラッピングの2編成は上越新幹線専属運用車となる。(他の編成は北陸新幹線と共用)


2019年5月8日、上越新幹線の大宮ー新潟間の最高速度を240km/hから275km/hに引き上げる計画を発表。所要時間を最大7分短縮し、上越新幹線の車両を全車E7系に統一する計画も発表された。


なお、これに先立つ形で2017年9月~11月に、上越新幹線大宮~新潟間にてE2系とE7系による「速度向上試験」を実施していた。


2021年3月13日のダイヤ改正で、E7系を追加投入。とき4→8往復、たにがわ1→3往復に増発。E4系16両編成運用は越後湯沢以南のみとなった。また、朱鷺ラッピング2編成も通常色に変更された。しかし後述の水没事故によりE4系を延命することになった。


2021年10月2日から、E7系を追加投入。とき8→16往復、たにがわ3→5.5往復に増発。E4系の定期運用撤退により、E7系とE2系に統一。


2022年3月12日のダイヤ改正によりE7系を追加投入。とき16往復、たにがわ5.5往復に増発し、E2系の運用を減便。


2023年3月18日のダイヤ改正により、上越新幹線の車両を全列車E7系に統一、最高速度を275km/hに引き上げ最大7分短縮。これにより、上越新幹線は全列車12両編成、グランクラス連結、座席コンセント設置となった。


災害による廃車・代替新造

※閲覧注意

2019年10月に発生した令和元年台風第19号では、長野新幹線車両センターの近くを流れていた千曲川が決壊し、長野新幹線車両センターが冠水。この影響でE7系8編成、W7系2編成の合わせて10編成(120両)が冠水してしまった。

被災編成はF1、F2、F7、F8、F10、F14、F16、F18、W2、W7。


※F10編成のみ、検測機能を装備。East-iの代走として運転したこともある。


当該車両の点検の結果、

  • 電気系統のダメージがある
  • 碓氷峠」といった路線の特性上、車体の輸送が難しい
  • そもそもダブルスキン構造のアルミ車体であったため、泥水が車体のスキマに侵入し車体に傷がつき腐食の恐れがある

以上の見解から、2019年11月6日に当該車両を廃車させる計画を発表した。

  • JR東日本は被災車両と同数のE7系8編成をメーカーに追加発注。さしあたっては減便や上越新幹線に投入予定であった編成を北陸新幹線に転用する事で年度末までのダイヤ完全復旧を行った。2020年度の設備投資計画にて、当該編成を2022年度末までに新造することを発表した。
  • JR西日本も被災車両と同数のW7系2編成をメーカーへ発注。2021年度に代替新造し投入した。

被災車両は、廃車の解体設備がある仙台や新潟への移動が困難なこと、トレーラーなどによる搬出も難しいことから、長野新幹線車両センターの屋内にて解体作業が行われた。廃車日は編成によって異なるが、2020年3月31日までに全ての被災編成の除籍が完了した。


また、これらの影響で、当初2020年度に廃車予定だったE4系を当面の間、延命させることも決定している。P17・P52の2編成が延命措置が取られ、復活全検出場式も行われた。


墓台風の大惨事


車両基地の配属

2024年2月20日現在

E7系

  • F3〜F6、F9、F11〜F13、F15、F17、F19、F40〜F47編成(19編成):長野新幹線車両センター所属
  • F20〜F39編成(20編成):新潟新幹線車両センター所属

W7系

  • W1、W3〜W6、W8〜W24編成(22編成):白山総合車両所所属

使用列車

かがやきはくたかあさまつるぎときたにがわ


関連動画

JR東日本E7系デビューCM

E7系なので、ウルトラセブンのテーマ曲が使用されている。


2014年3月15日 長野駅でのE7系デビュー式


北陸新幹線開業記念CM集


ラッピング車両

大阪・関西万博ラッピング車両

2024年4月13日より、W12編成にラッピング。ドア付近に大阪・関西万博のロゴを掲出。


その他

【シンカリオン】E7かがやきとツラヌキ君新たな輝きは稲妻の申し子?


関連項目

鉄道 電車 新幹線 北陸新幹線 長野新幹線 上越新幹線

E2系 E4系

関連記事

親記事

新幹線 しんかんせん

子記事

  • E7系 いーせぶんけいまたはいーななけい
  • W7系 だぶりゅーせぶんけいまたはだぶるななけい
  • E7 いーなな

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39015

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました