ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避編集


概要編集

日本の列車愛称の1つ。列車名の由来は、北陸本線の沿線より少し離れた飛騨山脈(北アルプス)の剱岳


寝台特急「つるぎ」編集

1961年10月大阪駅富山駅間を結ぶ準急列車(高岡駅富山駅間は普通列車)として運転を開始。

大阪駅~青森駅間に特急白鳥」が新設され、当時の急行日本海」の運転時間が変更されたことにより、大阪駅~富山駅間の代替列車として登場した。


1963年4月に大阪駅~金沢駅間は急行列車化(金沢駅~富山駅間は普通列車)されたが、1965年10月には全区間が急行化された。

1972年10月からは特急列車化され、運行区間も東海道本線湖西線・北陸本線・信越本線経由で新潟駅まで延長されるものの、急行「きたぐに」が1982年11月から同じ区間(米原経由)になり、また1985年3月からは583系化されたため、バッティングするつるぎの利用率は低迷。1994年12月に臨時列車化されて、1996年に正式に廃止された。

2009年に団体臨時列車としてリバイバル運転された。


使用車両

当初は20系客車(日本海と共通編成)であり、牽引機はEF58(初期に使用)・DE10またはDD50(北陸本線が全線直流電化されるまでの間使用)・EF70EF81が牽引していた。1976年に客車を24系25形に変更していた。


北陸新幹線「つるぎ」編集

2015年3月14日に金沢まで延伸開業した北陸新幹線の列車種別の1つ。

当初は特急「サンダーバード」及び特急「しらさぎ」の富山発着列車が金沢発着に短縮されたことによる代替として、金沢駅富山駅間を走るシャトル列車の愛称として復活した。

1日18往復で運転を開始した。停車駅は新高岡駅のみ。

敦賀延伸開業前までは、後述の乗車できる車両に制限をかける形が取られていた。


2024年3月16日に敦賀延伸開業以降も、引き続き「サンダーバード」「しらさぎ」接続列車としての役割に加え、「サンダーバード」「しらさぎ」の速達タイプを代替する形で、「金沢駅~敦賀駅での途中停車が福井駅のみ」の速達形も設けられた。

敦賀駅発着列車を中心に運行し、同じ「つるぎ」でも以下のように停車駅に違いがある。


  • 敦賀駅で特急列車に接続する列車:富山駅~敦賀駅間に18往復(速達型5往復を含む)。
  • 金沢駅~敦賀駅間に7往復(速達型4往復を含む)。
  • 特急列車に接続しない列車を朝夜時間帯に5本。

使用車両

E7系・W7系12両編成が使用される。

  • 金沢止まりの時代は、乗車できる車両は1号車~7号車(普通車。1~4号車は自由席)と11号車(グリーン車)の8両のみで、8~10号車の普通車と12号車のグランクラスは締切(営業せず)という形態だった。
  • 敦賀延伸開業後は上記の締切が無くなり、グランクラスの営業を開始。「サンダーバード」「しらさぎ」が全車指定席となるため、接続する「つるぎ」も自由席は1・2号車のみとした。

関連項目編集

東京北陸間最速達東京北陸間準速達長野発着サンダーバード・しらさぎ連絡
列車名かがやきはくたかあさまつるぎ

JR西日本 北陸新幹線 列車愛称 寝台特急 きたぐに

関連記事

親記事

列車愛称 れっしゃあいしょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81644

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました