ピクシブ百科事典

24系25形

にじゅうよんけいにじゅうごがた

国鉄の特急形寝台客車。24系の2段寝台仕様であり、JR移行後には多数のバリエーションが誕生した。
目次[非表示]

概要

日本国有鉄道国鉄)が新製した特急形寝台客車。激しくなった航空機ほか他の交通機関との対抗上24系(24形)をベースとして新製時よりB寝台車を二段式寝台とし、居住性を向上させた。外見上はそれまでの白帯をステンレスの銀帯としているのが特徴(ただし後年は塗装に変更されたものもある)。また、減少した寝台数を少しでも稼ぐため内部割り付けが変更され、便所が割を食い一か所はいわゆる便器が枕木方向に向く「直角便所」とされた。
1974年4月より営業運転に投入された。なお、24系とは相互の混結が可能であり、食堂車はオシ24が共用とされたため九州特急では編成中やや違和感のある存在となった。

増備車

1976年秋より設計を簡略化した100番代が登場。寝台は上段が固定式となった関係で側面窓は寝台側が小型化され、オハネフ25の車掌室妻面は平面で構成され、方向転換ができなくなるなどしたが、不都合がやはり多かったのか、1977年冬よりオハネフは方向転換が可能で妻面に若干の傾斜を持たせ分割併合に便を図った200番代へと移行。
また、久々に個室寝台の設定がありオロネ25形が製造。ただ、一人当たりの個室スペースは余裕のあるものではなく独房とすら揶揄されたこともある。
電源供給システムは24系と変更されていないので電源車の共用が可能だが、新規に荷物室スペースが設置された(新聞輸送などの「ブルートレイン便」用)カニ24形が設定。昭和52年からは荷物室をさらに増設し車体延長された100番代となった。

国鉄最末期~JR移行

北海道向け寝台特急の計画(後の「北斗星」「エルム」「トワイライトエクスプレス」)が立てられたことから、耐寒耐雪工事を対象の車両に施工開始。その際従来の折戸では雪害に耐えられないことから引き戸に改造された。
これに並行してオハネ25改造により久々の新形式個室寝台「ツインデラックス」オロネ25 500番代が改造で登場、さしあたって後に「北斗星」に移行される「ゆうづる」に耐寒対策車とともに投入される。(JR北海道車はJR東日本に貸出扱いで使用されていた)
また、食堂車が払底していたので余剰のサシ481を改造し客車に編入、スシ24形となった。これは車体断面が485系のままなので背が低く一発で識別可能だった。
また在来の食堂車も一部が「星空調」「オリエント急行」風など工夫を凝らした内装に改造され、700番代に区分される。

バブル期に咲いた花

JR移行後、九州特急「あさかぜ」に使用される車両に対しアコモ改善工事を実施。内装の全面リニューアルが図られたほか、個室の「デュエット」の設定など今後のリニューアルの指針となるべく改造を実施。外観も先に登場していた北海道向け改造車同様の金帯に変更がなされた。
この後、バブル期の狂乱に従うかのように無個性であった25形に無数のバリエーションが増えていく。
1988年青函トンネル開業とともに「北斗星」が登場。「豪華寝台」を売りにオロハネ25形「ロイヤル」をはじめとする改造車が多数登場。一方JR西日本も「究極の豪華寝台列車」を目指し、スロネフ25型をはじめとする個室寝台を中心とし、「寝台特急は青」の概念を覆しダークグリーン塗装の車体となった「トワイライトエクスプレス」を登場させる。
同時期には最終製造車となった「夢空間」も登場したほか、にわかに個室寝台が流行し改造車が多数登場し活況を呈した。電源車の不足から、50系マニ50に電源セットを搭載し編入したマニ24や、北斗星が個室中心になり余剰になったJR北海道所属のオハネフ25 200番代に14系用電源ユニットを搭載した急行「はまなす」用スハネフ14 550番代といったキワモノまで現れたものである。

終わりの始まり

バブルの狂乱が過ぎると先延ばしにしていた問題が露呈してきたのか、1993年には九州ブルートレインの食堂車営業が終了。これを皮切りにブルートレインは一気に凋落の路をたどり始める。
1994年にはブルートレインの始祖であり、バブル期グレードアップのさきがけであった博多「あさかぜ」が廃止。既に多少のグレードアップでは客を引き付けられない状態となっていたのだ。
「あさかぜ」の廃止により転用された25形を使い老朽化の激しかった583系はくつる」が客車特急に復帰するなどの話題は有ったものの、主にJR九州区間では「特急が特急に追い抜かれる」現象が発生していた。130km/h運転が標準であり、振り子機能までそなえる新系列特急電車に速度面でもはや太刀打ちできなくなっていたのである。
1997年秋田新幹線開業では「あけぼの」が廃止。「鳥海」がその名を引き継ぐものの余剰・老朽廃車が本格的に開始される。JR東日本所属車に老朽対策で目について外観が劣化しだした車両が目につくようになってきたのもこのころである。
1998年には285系寝台特急電車の登場によりJR西日本持ちの「出雲」「瀬戸」が置き換え。双方とも走行区間が直流電化区間であり(ただし、「出雲」は元は山陰本線経由であったのを、電車化に際して電化済みの伯備線経由に変更している)、グレードアップ車も連結されていたほか「瀬戸」にはパンタ付き電源ロビーカースハ25が連結されていたが、単純な事実があった。
機関車の交換が要らないのであれば、既に客車で運転している意味がないということが。

なお、それなら583系に早期に置き換えていればと云う意見もあるが、583系昼夜兼用が前提の高度成長期独特の車種であり、上下幅が狭隘な3段寝台が標準で寝台のセッティングが手動(寝台収納部は見かけ以上に複雑な構造で保守に手間もかかる)であり、人手はむしろ24系より多く必要であるなど1980年代初頭には設備が陳腐化し、昼夜問わずの酷使で老朽化が無視できない状態になるなど15年を経たずに持て余す状況となっていた。(JR以降の寝台列車増発時にも計画は有ったものの実際には改造利用はされていない)また、それ以前の1960年代前半にも153系ベースの寝台電車計画が持ち上がっていたが、夜行運転だけの車輛は東海道・山陽新幹線開業後に投資の手戻りとなるため中止となり、九州向けに期待された285系の交直流仕様は製造されずに終わるなど、電車と寝台の需給のすり合わせはやはり難しいようである。

終焉にむけて

1999年、北斗星の臨時便ダイヤを使い新型特急寝台客車E26系カシオペア」がデビュー。当時ファンの間ではトワイライトエクスプレス同様、追加製造して既存の24系客車を置き換えるとの推測がまことしやかに流れたものだが、製造一本でで打ち止めとなり結果ワンオフ編成となってしまう。唯一ユニークな話題と云えば、北斗星用のカニ24のうちの1両がカシオペア編成との併結改造工事を受けカヤ27へとなったことであろうか。

1999年冬にはついに、「はやぶさ」が、佐世保編成が廃止となった長崎編成14系「さくら」と併結運転となる([富士]と共通編成。)。24系と14系の併結編成は乗客減と衰退を印象付ける出来事であった。
2005年3月の改正ではついに残存していた「下関あさかぜ」が285系に置き換えられることもなく消滅。個室寝台オロネ25 300番代は「日本海」に転用。余剰車の海外譲渡が開始される。

10月改正では「彗星」が廃止になり、「なは」「あかつき」は併結運転となる。これも24系と14系の併結列車であり、編成の大半は個室寝台車であったが、もはや歴史の流れにあらがうことはできなくなっていた。

2006年3月改正ではついに客車「出雲」が廃止。EF65の特急運用が消滅した。また日本海1・4号の函館直通運転も終了。2008年3月改正では西日本持ちの日本海運用と急行「銀河」が消滅する。
2012年3月改正で東日本持ちの日本海運用が消滅。
2014年3月改正であけぼのが臨時列車化、2015年3月改正でトワイライトエクスプレス北斗星の定期運用終了、8月には北斗星の臨時列車運用も消滅する。

そして最後の定期列車「はまなす」が2016年3月改正で廃止、トワイライトエクスプレス編成運用終了となった。42年間に及んだ栄光と波乱に満ちた歴史の終焉であった。

関連タグ

寝台特急 ブルートレイン 24系

列車一覧

はまなす 北斗星 あけぼの
はくつる ゆうづる エルム
日本海 つるぎ トワイライトエクスプレス
はやぶさ 富士 あさかぜ 出雲 瀬戸 銀河
あかつき 明星 彗星 なは 安芸 
かいもん 日南

pixivに投稿された作品 pixivで「24系25形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4818

コメント