ピクシブ百科事典

EF66

いーえふろくじゅうろく

国鉄(0番台)・JR貨物(100番台)が設計・新製した電気機関車。
目次[非表示]

概要

1966年当時国鉄東海道本線山陽本線鹿児島本線を結ぶ高速貨物列車の営業を開始したが、EF65500番台の重連で運行されていて、これを1両で運行すべく試作車のEF90を開発した。
その量産機として、1968年より順次に新製・投入されたのがEF66である。

登場当時は国内最強の定格出力3,900kWを誇る機関車として君臨し、現在のJRグループにおいても強力機の範疇に属する。
なんといっても性能以上にまるでアニメメカのごときデコラティブな外観の印象が強く、海外輸出電機にもその外観を踏襲したものさえあるぐらいである。
このような(ある意味無駄な)凹凸と装飾だらけの電気機関車は本機以降、現在に至るまで登場しておらず、そのスタイルは世代を問わず多くの鉄道ファンに感銘を与えた。

moko Loco-five



性能

先述の通り出力は国内最高級の3,900kWであるが、動輪周牽引力を示す全界磁定格引張力では定格出力2,550kWのEF65より僅かに劣っている。これは本形式がその大出力を高速域の牽引力増強に充てている為。牽引力は50km/hまではEF65より劣るが、それ以降は本機が大きく上回る。
全界磁定格速度は72.2km/hで、これはEF65の45.1km/hから大幅に上昇しただけでなく、戦前型機関車の延長線上にあるEF58の数字(68km/h)をはじめて上回るものである。

なお定格引張力や定格出力を「けん引可能な最大数値」と認識される方が多いようであるが、実際には引張力だけでなく粘着力も加味する必要があるのでこれは誤りである。最もこの時代の直流機の場合、当時の稚拙なモーター制御技術では粘着係数を高く取ることができなかったため、EF66もEF65も「けん引可能な最大数値」自体はほとんど変わりがなく、1200tけん引が上限である。

その1200t貨物を牽きながら、110km/hまで出せる80km/h程度で息切れするかが両者の性能差といったところであろう。

運用

登場後しばらくは10000系や50000系で組成された高速貨物列車の運用が主体であったが、1984年3月のダイヤ改正で貨物列車が大幅に削減され、余剰車のうち比較的新しい機体は東京駅発の一部ブルートレインの牽引機に抜擢された。これは、新しく「はやぶさ」に導入されたロビーカーの連結に伴う重量増加による措置であった(歯車比の低いEF65が予想以上の酷使にかなり消耗していたことも大きい)。

らくがき貨物


国鉄分割民営化に際してはJR西日本JR貨物に承継された。

JR西日本

0番台の後期生産車である40~55号機を継承し、下関運転所に配備。
主に東海道本線山陽本線系統のブルートレインの牽引機として、約四半世紀に渡って活躍した。
東京から下関までの長距離を毎日走っており、本州における対九州ブルートレインの顔と呼べる機関車だった。
2009年の九州ブルートレイン全廃による定期運用終了後も2両が予備機として残存したが、これらも翌年廃車されて消滅した。
運用末期に床下機器の塗装がグレーに変更された以外はオリジナルの姿を保っていたものの、残念ながら完全な状態で保存された車両は無い(当時は京都鉄道博物館の構想が無かった)。

寝台特急富士
寝台特急 代走『あさかぜ』東京駅定着



JR貨物

0番台の1~39号機を継承した他、100番台を1989年から1991年にかけて33両増備した。
1996年以降は全車が吹田機関区に配備。
100番台は性能こそ0番台を踏襲しているものの、メンテナンス性を考慮してか前面デザインがすっきりとした形状に変更されている。
そのフォルムとカラーリングから、ファンからは「サメ」の愛称がある。

【HD-J貨_EL02】お運びジョーズ【EF66形】
サメ


0番台は平成以降に更新工事が施され、外観(装飾部品の撤去、クーラーの搭載など)や塗装が変化した。
また、ブルートレインの運用縮小で余剰となった4両をJR西日本より購入している。

【HD国鉄電機01】国鉄最速の直流機【EF66形】
清水のEF66-54


後継機が投入されたこともあり、徐々に東海道、山陽本線筋の運用から外れるようになる。2000年代以降は0番台の廃車も進む一方で、デビュー時には想像もつかなかった東北、高崎線での運用もこなすようになった。
特に2013年の春以降、機関車不足により休車となっていた0番台が相次いで運用復帰した。
その中でも、27号機は現在までオリジナルに近い状態を保ちながら更新・運用されており、鉄道ファンから注目を集めている。ファンなどからは「ニーナ」とも呼ばれている。同車は0番台最後の1両として活躍していたが、2022年4月に定期運用を終了した。

ロンリー・ニーナ(EF66 27号機)
EF66 27


100番台についてもEF210への置き換えが進んでおり、2020年に104号機が廃車となったのを皮切りに淘汰が進行中。
2021年のダイヤ改正までに丸目ライトの1次車が全車運用を離脱した上、運用も大幅に縮小され、多くのダイヤがEF210に交代してしまった。
現在は東福山以西の定期運用はなく、東海道本線(特に東京~大阪間)をメインに活躍中。

保存車


余談

  • 0番台最終車である55号機は1992年4月8日に寝台特急「さくら」を牽引中、山陽本線で転落したトレーラーと衝突し大破、後に復旧されたが、事故現場からの搬出時車体を切断したことにより台枠にダメージが残ったため、蛇行動など不具合の頻発により乗務員から嫌われ早期に廃車されている。
  • 100番台については、2次車の一部を除き川崎重工坂出工場で製造された。川崎重工において鉄道車両は基本兵庫工場で製造されるので、造船メインの坂出工場で製造されるのは非常に珍しい。
  • JR貨物所属の0番台は貨物列車の牽引のみで旅客列車の定期運用は無いが、JR西日本所属機に故障などの有事が発生した際に旧更新色の0番台がブルートレインを牽引したことがある。


関連イラスト

朝焼けの寝台特急
連結器いろいろ~EF66型電気機関車とオハネフ25


EF66形電気機関車
EF66「富士はやぶさ号」



関連タグ

電気機関車 EF65 EF81 EF200 EF210
寝台特急/ブルートレイン/さらば、九州ブルトレ

関連記事

親記事

電気機関車 でんききかんしゃ

子記事

  • EF90 いーえふきゅうじゅう

兄弟記事

  • EF200 いーえふにひゃく
  • EH800 いーえいちはっぴゃく
  • EF81 いーえふはちじゅういち
  • もっと見る

pixivに投稿されたイラスト pixivで「EF66」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「EF66」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 401172

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました