ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

関水金属から出している鉄道模型のブランド。1965年に日本で最初にNゲージを発売した。
最初のモデルは、1965年に発売したC50形蒸気機関車オハ31形客車であり、これは改良されながら2017年現在に至るまで製造され続けているロングランモデルである。
2015年には、50周年記念としてC50形蒸気機関車の特別パッケージが発売された。

国内ではTOMIXと並ぶ鉄道模型の二大巨頭である。
車両製品は品質の高さに定評があり、国内生産でありながら価格も他社より安いため、多くのファンを獲得している。
また、車体を分解せずにトレインマークを変更できる構造や、実車さながらに曲線で車体が傾く振り子機能の開発など、新技術にも余念がない。
TOMIXと異なり車番や別パーツは基本的に全て装着済みの状態で販売している為、購入直後から遊べるという特徴も持つ。

製品展開はメジャーな車両や話題性の高い新型車ばかりであり、良くも悪くも非常に手堅い。
性格の似ているTOMIXとは競作になることが多く、特に新幹線や首都圏の新型車両で何度もぶつかり合い、その度にユーザーに天秤にかけられている。
中には両方とも購入し、出来を比較して楽しむユーザーもいる。

しかし、2010年代中盤からはメジャーな車両を漁りつくした為か、マイクロエースグリーンマックスの土俵だったマイナー車両も手掛けるようになり、後発とはいえこの二社とも競作する例が発生している。
飯田線シリーズや東京メトロシリーズはその代表例である。
この傾向は、ライバルであるTOMIXにも共通している。

アメリカヨーロッパにも進出しており、これらの地域でも高く評価されている。欧米型Nゲージ車輌に関しては1/160を採用しているが、2021年5月(以降)に発売されるグレートウェスタン鉄道およびロンドン&ノースイースタン鉄道(いずれも現行2代目)のクラス800に関しては、イギリス型Nゲージ独自の1/148を採用した。結果、日本型の1/150、アメリカおよびヨーロッパ大陸型(+新幹線)の1/160、そしてイギリス型の1/148といった、全てのNゲージ規格を取り扱う、世界的に見てあまりに珍しい鉄道模型メーカーとなってしまった

直営店であるホビーセンターKATO大阪のTwitterアカウントでは商品紹介画像に時折アイドルのアニメ戦車のアニメのフィギュアが写り込んでいることがある。担当者の趣味だろうか。

なお、ホビーセンターKATO大阪は2016年3月10日に廃止されたが、その代替店舗としてKATO京都店がその約1週間後に開店した。Twitterアカウントに関しても引き継がれている。

関連タグ

TOMIX 鉄道模型

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

鉄道模型 てつどうもけい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「KATO」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 174258

コメント