ピクシブ百科事典

119系

ひゃくじゅうきゅうけい

国鉄が導入した直流用近郊型電車、主に飯田線で使用
目次[非表示]

概説

飯田線における旧型国電の置換を目的として1982年から新製され、翌1983年より営業運転を開始した直流近郊形電車。

105系をベースとして長距離で駅間距離が短く閑散区間もある飯田線の実情に応じ設計された。国鉄分割民営化前後の一時期静岡近郊の東海道本線近距離列車(するがシャトル)に使われたことがある以外は一貫して飯田線(中央本線直通含む)専任で運用されていた。

国鉄分割民営化時に全車両JR東海に承継され(JR東日本への乗り入れ運用も存在していた)、一部車両が単行運転用として両運転台式に改造された他、非冷房だった編成も冷房化が行われた。その後、長らく飯田線の主として運用されてきたが、2009年8月E4編成が登場時の塗装に復元され注目を集め、それが死亡フラグだったようで2011年11月より213系および313系への置換が開始され、2012年3月のダイヤ改正で全車置き換えられ、廃車となり、JR東海に残る国鉄時代の電車は211系0番台が2編成8両のみとなる。

なお、台風による土砂崩れによって、R4編成は一足早く廃車となっている。

しかしワンマン運転に対応した5300番台はえちぜん鉄道へ譲渡され、2013年より改造を受け同社7000形として活躍している。

構造

車体

前述の通り105系(3扉新製車)のそれが基本である。但し、105系では従来の近郊型同様運転台寄りのドアと運転台との間に開き窓を作れるほどの間があったが、119系では扉自体を可能な限り前に寄せるためにこの分を後へずらし、第1ドアと運転台の間には戸袋窓もない。
また製造年時のわずかの差で、119系では最初から防蝕構造を進めた構造(≒201系量産車)とされている。
車内はセミクロスシートであるが、「体格の向上」を理由にシートピッチ・シート幅とも引き上げたあとの近郊型の座席が基本のため、通路幅はその分かなり狭くなっている。

主回路

ベースの105系用制御器に抑速ブレーキ機能を付加しただけである。
またこの主制御器の設計はそのままJR東日本の107系に流用されている(駆動するモーターがMT55からMT54に変わっているだけ)。
JRからの引退後、転用先・えちぜん鉄道7000形で使用電圧が大きく異なるため主回路の改造流用はされず、新品のインバータ制御の三相交流モーターとなった。但し主回路機器が今風になっているのとは真逆に、60年前の基本設計(DT21)であるコイルばね式台車(DT33)がそのまま使われている。

関連タグ

飯田線 115系 121系 213系 313系 
107系(主回路設計を流用)

pixivに投稿された作品 pixivで「119系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21519

コメント