ピクシブ百科事典

E4系

いーふぉーけい

鉄道車両の形式の一つ、JR東日本の新幹線車両
目次[非表示]

概要

JR東日本が設計・新製し運用している新幹線電車。2代目オール2階建て新幹線。
初代のE1系と同じく速度より輸送に重点が置かれ、車高も高く営業最高速度は240km/hであるが、汎用性やワゴン販売の問題等E1系の弱点を克服している。
その先頭形状から「カモノハシ」とよばれる
車両愛称MaxMulti Amenity Express」の略。2編成併結16両の定員は1,634人で高速鉄道車両としては世界最大である。1997年12月にデビューし東北新幹線2002年上越新幹線で運行開始した。今までにMaxやまびこ・Maxあさひ→Maxときに改称・Maxたにがわ・Maxなすの・Maxあさま長野新幹線対応編成による臨時運転 後述)など、東北・上越・長野のJR東日本フル規格新幹線路線で幅広い活躍を見せている。しかし、E2系やE5系の増備、先述2形式に比べて最高速度が遅いことから高速化のネックになってしまうことにより徐々に活躍の場を減らしており、2012年9月28日には東北新幹線の運用から撤退。現在は上越新幹線の運用のみとなっている。
2014年から順次側面の帯色が黄色からピンクに変更されている。
そして2018年から順次E7系に置き換えられ、定期運用から離脱することが報道された。1985年の100系から続いていた新幹線用2階建て車両は歴史に幕を下ろすことになる。

長野新幹線対応編成

基本的にE4系は東北・上越新幹線向けの車両だが、全26編成中4編成のみ長野新幹線に対応している。該当編成はP51 P52 P81 P82であり、これらの編成は碓氷峠の急こう配対策を施し軽井沢まで、さらにP81 P82編成は50Hz/60Hz切り替え装置を搭載し長野まで乗り入れが可能となっているが、E2系のような本格的な60Hz対応装置ではない。軽井沢発の臨時列車としてスタートしたが、定期列車になることはなく現在は臨時を含め北陸新幹線(長野新幹線区間含む)での運用は行われていない。

開発の経緯

200系の老朽取替にはE2系が増備されていたが、E1系導入後も増え続ける旅客需要に対応するためにはオール二階建て16両編成を導入する必要があった。しかし16両固定編成としてしまうと首都圏通勤輸送以外では座席の供給過多となってしまう。そのため運用の汎用性と繁忙期に2編成連結しての大量輸送を両立させるため、また山形新幹線との併結運転を行うためE1系の12両編成から変わって8両編成となった。

関連イラスト

新幹線の掃除屋 コメットクルー
新幹線E4系電車「Max」



関連タグ

200系 E1系 E2系 E3系 E5系 E6系 E7系・W7系
東北新幹線 上越新幹線 長野新幹線北陸新幹線
やまびこ あさひ とき

pixivに投稿された作品 pixivで「E4系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19131

コメント