ピクシブ百科事典

STAR21

すたーにじゅういち

かつてJR東日本が保有していた新幹線試験電車。
目次[非表示]

952・953形「STAR21」

1992年(平成4年)にJR東日本が制作した高速試験電車。次世代車両製造時のデータ収集のために製造された車両で、ボギー車の952形、連接車の953形の2系列で構成される。愛称は「STAR21」(Superior Train for Advanced Railway toward the 21st century の略)。

通常のボギー構造の台車の952型4両と連接台車の953型5両が背中合わせに編成を組む。両側の先頭車の全面形状は異なり、952型はカスプ形、953形はくさび形である。

車体構造も3種類用意され、952形がアルミダブルスキン構造またはアルミハニカムパネル構造、953形がアルミハニカムパネル構造またはジュラルミンリベット構造を採用。ジュラルミンリベット構造は航空機の機体組立にも使われる工法である。

また、8種類の台車や、騒音や微気圧波、地盤振動といった環境面の試験も行い、その結果はE2系を始め次世代の車両開発に生かされた。

制御装置はJR東日本の新幹線電車として初めてGTO素子のVVVFインバータ制御を採用。

試験走行とその成果

1992年3月27日から、東北新幹線仙台-北上間で走行試験を開始。翌年の12月21日、上越新幹線越後湯沢-新潟間での走行試験中燕三条駅付近で最高速度425km/hを記録している。
この後もデータ収集を行い、最終的に1998年2月17日に廃車された。

現在

952形の先頭車(東京方の先頭車、952-1)が滋賀県米原市の鉄道総合技術研究所米原風洞実験センターに、953形の先頭車・中間車1両(盛岡・新潟方先頭車の953-5と中間車の953-1)が宮城県利府町の新幹線総合車両センターに保存されている。

また、台車が奈良工業高等専門学校の敷地で展示されており、実習でも使用されている。

関連タグ

955形 500系900番台 E954・E955形
東北新幹線 上越新幹線 北陸新幹線 E2系 JR東日本 新幹線

pixivに投稿された作品 pixivで「STAR21」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141

コメント