ピクシブ百科事典

電光超特急ヒカリアン

でんこうちょうとっきゅうひかりあん

『電光超特急ヒカリアン』とは、『超特急ヒカリアン』の続編であるアニメ作品。
目次[非表示]

概要

超特急ヒカリアン』の数年後を描く物語。作品設定やキャラクターと嶋崎はるか以外の声優はほぼ一新されている。
2002年4月から2003年3月まで全52回(77話)が放送された。
当初はロボットアニメとドタバタギャグを調合させる「風変わりなヒーローアニメ」テイストだったが、中盤に差し掛かる第13話以降は、それまでのギャグアニメ展開とはうって変わり、ハードでシリアスなストーリーが展開された。

ストーリー

ヒカリアン・ブラッチャー両軍が地球を去って数年。ブラッチャーの襲撃がもはや無い事と判断され、JHRも閉鎖される事となった。
そんな折、ブラッチャーが再び地球に襲来。今度の彼らの狙いは人間を不幸にする事で、地球人をヒカリアンの先祖である「前向きで強い心を持つ人間」から自分達ブラッチャーの先祖である「不満ばかりで弱い心を持つ人間」にする事だった。
ブラッチャー達はさっそく地球人の小学生、聖橋ケンタを言いくるめて悪事に協力させるが、そんな中、ケンタは誤って500系新幹線に轢かれそうになる。
その時、宇宙から光エネルギーが飛来。間一髪500系と合体し、ヒカリアン・ライトニング ウエストに変形。ヒカリアンとブラッチャーの、新たな戦いが始まった。

登場キャラクター


JHR / AHR関係者


ヒカリアン

ブラッチャー

ゲストキャラクター

主題歌

オープニングテーマ
「電光超特急ヒカリアン」
作詞 - 岩里祐穂 / 作曲 - 前田克樹 / 編曲 - 林有三 / 歌 - 堀江美都子

エンディングテーマ
「ブラ・Love・ブラッチャー」
作詞 - 高野台三 / 作曲・編曲 - ジャック・伝ヨール / 歌 - ザ・ブラッチャーズ

関連タグ

新幹線

もしかしなくても井上敏樹

pixivに投稿された作品 pixivで「電光超特急ヒカリアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26384

コメント