ピクシブ百科事典

ミニ新幹線

みにしんかんせん

1435mmに改軌した在来線区間に直通する新幹線のこと
目次[非表示]

概要

それまでの(いわゆるフル規格)新幹線では、費用面などの問題から在来線と並行して新規に建設することが難しい区間の軌間を1067mmから新幹線と同じ1435mmにして、新幹線から乗り入れるものである(いわゆる新在直通運転)。
元来構想として存在した「スーパー特急方式」はレールを改軌せずに在来線を走らせるもので、似て非なるものであり、博多南線ガーラ湯沢線とも扱いは違う。
新幹線の名称はつくが、法令上は新幹線ではなく、在来線扱いとなる。最高速度は130kmとなっており、従来からの踏切なども存在し、フル規格新幹線では列車が走っていない午前0時~午前6時の間も運転が行われている。

車両規格も在来線に合わせたもので、フル規格の新幹線に比べると一回りは小さい(普通車の座席も横5列でなく4列)。
従来からの普通列車も引き続いて運行されるが、これも1435mm軌間に合わせた専用の車両が導入されている区間と、1067mm軌間が残されている区間(※)がある。
特急料金は新幹線区間と別建てで(運賃は通し)、例えば東京-新庄間を山形新幹線で乗った場合は、東京-福島間と福島-新庄間で区切ったものの合算となる。

1992年にそれまでの奥羽本線の福島駅-山形間を山形新幹線として開業させたのが最初である。

路線

山形新幹線

福島駅-新庄駅間
1992年開業、1999年に新庄まで延伸
列車名:つばさ とれいゆつばさ

秋田新幹線

盛岡-秋田間(田沢湖線及び※奥羽本線大曲-秋田間)
1997年開業
列車名:こまち

関連タグ

新幹線 JR東日本 山形新幹線 秋田新幹線
400系 E3系 E6系

pixivに投稿された作品 pixivで「ミニ新幹線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 285

コメント