ピクシブ百科事典

ガーラ湯沢駅

がーらゆざわえき

新潟県にあるJR東日本・上越新幹線(上越線支線)の駅。
目次[非表示]

概要

新潟県湯沢町にあるJR東日本冬期限定営業の臨時駅
施設上は越後湯沢駅で分岐する上越新幹線支線終点にあたるが、越後湯沢 - ガーラ湯沢間は法規上、在来線である上越線の支線となっている

駅舎自体がガーラ湯沢スキー場への玄関口となっており、改札口がある2階にはチケットカウンターやスキー・スノーボードレンタルカウンターがある。

開業までの経緯

JR東日本社員の発案による社内プロジェクトとして、上越新幹線越後湯沢駅に隣接する保線基地裏山に開業したガーラ湯沢スキー場への利用客の輸送のために開業した。そのため、冬季のスキーシーズンのみの臨時駅となっている。
当初計画ではスキー場名・駅名とも単に「ガーラ」となる予定だったが、地元からの強い要望で「湯沢」が付いた。「東京から75分で行けるスキー場」として、民営化後の新規事業の中では成功例といえる。

開業の経緯から、駅としては基本的には冬季のみの営業だが、JR東日本がタイアップした映画ジュブナイル」の関連イベント開催などで、夏季に営業を行ったケースが数回ある。営業を行っていない時期の越後湯沢 - ガーラ湯沢間は、越後湯沢駅に発着する「たにがわ」の折り返し用に使用されている。

駅の構造

島式ホーム1面2線の地上駅である。終着駅で全列車が停車するため可動式安全柵(ホームドア)は設置されていない。また、列車改札を行っており、列車発着の15分前にならないと改札内に入場することができない(ただし混雑時は多少早く改札が開く)。なお、出場は常時可能。

「日本一安く乗れる新幹線」について

越後湯沢駅ーガーラ湯沢駅間は普通運賃140円と特急料金100円の合計240円で乗車できる。同様の新幹線に乗れる在来線であるJR西日本博多南線博多駅-博多南駅間は普通運賃200円と特急料金100円の300円のため、こちらが「日本一安く乗れる新幹線」となる。
厳密にいえばどちらも在来線で「新幹線車両に一番安く乗車できる路線」だが、鉄道趣味誌以外ではそう紹介されることが多い。

ただし、ガーラ湯沢線は基本的に冬季のみ営業で、通年営業の路線としては博多南線の方が安く、ガーラ湯沢線は鉄道マニアの乗りつぶし以外では在来線区間のみの乗車は少ないが、博多南線は地元住人の博多までの足がメインであることが大きく違う。

関連タグ

上越新幹線 越後湯沢駅 JR東日本 たにがわ スキー場 スキー ガーラ湯沢 GALA湯沢  臨時駅 新潟県内の駅一覧

博多南線 ガーラ湯沢線同様の新幹線車両、施設を使用する在来線。

コメント