ピクシブ百科事典

目次[非表示]

鉄道車両の系列の一つ。以下の形式が存在する。

JR東日本 701系電車

701系姉弟


JR東日本が設計・新製した交流専用通勤形電車1993年より東北地区の交流電化路線各線に客車列車電車化及び短編成化・冷房化を主目的として投入された。

朝夕の(主に通学)ラッシュ時の乗降に最適化したためか、それまでは2扉クロスシートまたはセミクロスシート(デッキ付き)が大半だった路線に3扉オールロングシートという装備で投入された。地方都市としてはラッシュが凄まじい仙台地区においては歓迎されたが、それだけにしておけばいいのに長距離運用やローカル線にも投入され、鉄道ファンや北東北の地元利用者においては不評の声も上がった。現在は一部においてボックスシートを設置しセミクロスシート化された車両もある他、新製時からセミクロスシートを装備している車両もある。

正面画 JR東日本701系5500番台


山形新幹線秋田新幹線が運行される標準軌改軌区間における普通列車用の専用車両として5000番台(田沢湖線・セミクロスシート)・5500番台(奥羽本線(山形線)・オールロングシート)が投入されている。他の701系と違い標識灯が上部に移設され、客用ドアのステップが廃止されている。

また、東北新幹線延伸開業により並行在来線として経営分離されたIGRいわて銀河鉄道(IGR7000系)及び青い森鉄道(青い森701系)に一部車両が譲渡された。なお、両社とも譲渡車両のほか、同型車両を新製している(新製車はセミクロスシート・多目的トイレを設置)。

青い森鉄道 青い森701系電車

八戸ときえ


先述の通り、JR東日本701系と同型。2両編成9本が在籍。青い森鉄道所属車は、JR譲渡車も一部がセミクロスシートに改造されている。

  • 0番台の第1編成は2002年東北新幹線八戸開業時に譲渡されたもので、もとJR701系1000番台の1037編成。
  • 0番台の第2~8編成は2010年東北新幹線新青森開業時に譲渡されたもので、もとJR701系1000番台の1001~1007編成。
  • 100番台の第101編成は2002年東北新幹線八戸開業時に備えて新造されたもの。

西武鉄道 701系電車

武蔵野の赤い電車


西武鉄道が設計・新製した通勤形電車。1963年から1967年まで自社の所沢車輛工場で新製された。

各種機器こそ前代の601系をベースにしている(国鉄と同じDT21台車とMT54を自社特許と引き換えにライセンス生産、制御車の台車は所沢工場が改造した強化型TR11(TR11A)、ブレーキは吊掛電車と同じ自動空気ブレーキ)が、大型の方向幕とサイドの急行灯、腰部の前照灯と周囲のステンレス板という前面デザインは旧101系にも受け継がれ、新101系3000系にもマイナーチェンジを施された上に採用されるなど西武電車の顔のルーツとなった。

1970年代半ばより冷房化と併せて新性能化が行われ、それより前から行われていた制御車のFS072空気ばね台車改造と併せ、強度・振動などで難のあったアルミハニカム客扉のステンレス客扉への交換、ブレーキのHSC電磁直通ブレーキ化改造、補助電源の交流化による照明の強化などで面目を一新。ただしこの改造で旧性能車と連結が不可能になり、当初は塗装がそのままであったことから運用現場でも混乱が発生したため、すぐに扉と前面保護板を除き黄色の単色塗装とされた。6連組成の必要から601系の中間M車2両を抜き取り編入したことも特筆される。(編入車は窓のRが二個単位であったため識別が容易く可能であった。残存したクハは初期の半数は旧性能用に回路を変更し451系などと併結されたが、後期改造分のクハはそのまま廃車となっている。)
1997年に営業運転終了。一部車両が地方の中小私鉄上信電鉄流鉄伊豆箱根鉄道三岐鉄道)に譲渡され、流鉄伊豆箱根鉄道ではもう引退してしまったが、残りの2社で現役運行されている。

関連タグ

JR東日本 奥羽本線 羽越本線 津軽線 田沢湖線 東北本線 常磐線 仙山線 209系 E127系 719系 E721系 715系 50系
青い森鉄道 703系
西武鉄道 101系 西武新101系 西武3000系 601系
ロングシート 鉄道車両の形式の一覧

関連記事

親記事

鉄道車両の形式の一覧 てつどうしゃりょうのけいしきのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「701系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62118

コメント